• Home
  • News
  • 働き方改革
  • 【サプライズ】日頃の感謝の気持ちを込めて、全力で代表の誕生日をお祝いしてみた

News

働き方改革

2016/09/20

【サプライズ】日頃の感謝の気持ちを込めて、全力で代表の誕生日をお祝いしてみた


eyecatch2

こんにちは。ハタカク(働き方革命事業部)の橋本です。

みなさん、9月18日が何の日だかご存知ですか?

そう、9月18日は、フローレンス代表理事である駒崎弘樹がこの世に生を受けた日

生まれた直後に天地を指差し「天上天下唯我独尊炎上上等」と言ったかもしれないという記念すべき日から37年。東京都江東区で生まれた赤ん坊は、可愛い娘さんから「けもじゃらのおっさん」と呼ばれる良き親父へとすくすく成長しました。そして今では毎年9月18日は日本のソーシャルイノベーター度が1コマザキUpする日と言われています。

テンションが上りすぎてわけのわからないことをうそぶいてしまいました。忘れてください。

とにかく、9月18日は代表駒崎の誕生日。お祝いごとが大好きなフローレンススタッフは、とにかく騒ぎたい代表のバースデーを心からお祝いしたいということで毎年何かしらイベントをしています。

ちなみに去年はスタッフから代表への愛のパイ投げ大会が開催されました。

DSC_0218

今年も、代表への日頃の感謝やその他の気持ちもろもろを込めて、飯田橋事務局スタッフを中心に、全力でサプライズお祝いイベントを開催しましたので、ご紹介します!

2016年駒崎バースデイ企画!

サプライズはエントランスから始まります。

お昼過ぎ、外出先から戻った駒崎を、今年入社した新卒スタッフ3人がビルの入り口で出迎えます。

blog_DSC05931

「え、何? みんなどうしたの?」
「代表、お疲れ様です! オフィスまでエスコートさせていただきます!」
「?? よくわからないけど、じゃあ、よろしく……」

blog_DSC05932

わけのわからないまま誘導され、オフィスの入り口に到着。

blog_DSC05935

そして、入り口の扉を開けると……

「駒さん、誕生日おめでとーーーー!」

blog_DSC_0130

暗闇の中で待ち構えていたスタッフがクラッカーで歓迎!
(※駒崎は社内では「駒さん」と呼ばれることも多い)

部屋がクラッカーのパンパン!という音と、スタッフからの「おめでとー!」の声でいっぱいになります。

blog_DSC05939

部屋の明かりがつけられ、続いてハッピーバースデイの大合唱!

blog_DSC_0138

飯田橋スタッフ総出でのお祝いに、駒崎もまんざらでもない表情です。

blog_DSC_0135

テーブルの上にはサングラス&黒スーツの駒崎(※)の姿をあしらった、特注のバースデーケーキが。

blog_DSC_0106

「ハッピーバースデイ ディア こまさ〜ん」ということで、バースデーケーキを「あーん」してもらうことに。ニヤニヤしてます。

blog_DSC_0147

「それでは、『あーん』してください!」

「あーーーーー ファッ!?

blog_DSC_0150

「え!? 何?」

blog_DSC_0151

突然目隠しされ、足元がおぼつかない駒崎をスタッフが取り囲み……

blog_DSC_0157

黄色いなにかを着させられます。

blog_DSC05994

なりきり衣装を着せられ、ピカチュウならぬ、コマチュウの誕生です。

blog_DSC06038

目隠しをされたままで執務スペースに連れて行かれるコマチュウ。
そこには……

レアポケモンを捕まえるべくモンスターボールを構えたフローレンススタッフ達が……!

blog_DSC_0167

そう、今回のサプライズ企画は、ポケモンGO!ならぬ「駒さんGO!」

ポケモンGOが大好きな駒崎に、「ゲットされる当事者(ポケモン)の気持ちになってもらおう」ということで、合計150個のモンスターボールのシャワーでお祝いするというイベントです。

普段さまざまなムチャ振りを受けるスタッフが一矢報いる……ではなく、日頃の感謝とリスペクトの気持ちをボールに込めて、駒崎に届け!

blog_DSC_0114

ということで、「あっ! コマチュウだあーーーっ!」というポケモン発見の声を合図に、「おめでとーーー!」と叫びながら、スタッフが一斉にモンスターボールを投げつけます。

batch_DSC06053

throw

ボールを投げつけられる当人を見てみると、意外とまんざらでもない顔をしています。
(企画チームとしてはもっと「ぎゃああああ!」というリアクションを期待していたのですが……悔しい!)

blog_DSC_0181

ボールを投げつけられつつ、オフィスを練り歩きます。

blog_DSC06080

しかしずっとやられっぱなしではいられない駒崎。「こんちくしょう!」と、落ちていたボールを拾って近くのスタッフに投げつけます。

batch_DSC06214

caos

とはいえ、だんだん収拾がつかなくなってきたので、ボールから逃れて隣の部屋に退避することに。

すると、そこには……

レアポケモンを待ち構えていたガチ気味のポケモントレーナーが!
駒崎ももう、観念したような顔をしています。

blog_DSC06337

「コマチュウ、ゲットだぜーーーーーーっ!」

blog_DSC_0283

blog_DSC_0284

blog_DSC_0285

throwget2

ということで見事、コマチュウをゲット。

捕まえた後は、みんな仲間。ということで仲良く記念撮影です。

DSC_0290

そして駒崎からお礼の言葉が。

「なんでポケモンなのかまだよくわかっていないですけど……、でも、気持ちだけはすごく伝わりました。嬉しかったです。ありがとう!」

blog_DSC_0317

最後は、集合写真を撮って、バースデーサプライズ企画「駒さんGO!」は大盛況のうちに幕を閉じました。

blog_DSC_0303

ちなみに、今回使用したモンスターボールは、市販の赤いビニールボール(ボールプールで使われるようなもの)に、白いビニールテープを巻いて作成しました。

blog_DSC_0102

今回のバースデー企画に携わったスタッフが、ひとつひとつ手作業で作成。
150個という数に心が折れそうになりつつ、企画を成功させるために一心不乱にテープを巻きました。

IMG_9475

なお、このイベントで使った後は、障害児保育園ヘレンで子ども達のおもちゃとして使われる予定です。

フローレンスが全力で「楽しいイベント」をやる理由

さて、これだけ時間と労力をかけて社内イベントを盛り上げるのには、理由があります。

フローレンスでは、ビジョン(目指す社会像)の共有を、組織づくりの土台としています。

「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」というのが、フローレンスの目指す社会の姿。
多くのスタッフは、それぞれ異なるバックグラウンドを持ちながらも、自分の経験の中で、なにかしらこのビジョンに共感するものがあり、心を動かされて、入社し、働いています。

このビジョンを社内に浸透させ、スタッフの団結力を高めるために重要なことのひとつは、スタッフそれぞれの「個」の部分でのつながりを持つこと、言い方を変えると「仲の良さを高めること」です。

想像してみていただきたいのですが、初めて会ったばかりの人と「理想の社会像」について語り合うというのは、ちょっとハードルが高いですよね。
相手が、何をどう感じる人間なのかがわかっていて、信頼できると思えるからこそ、どんな社会を作っていきたいかという想いを、素直に語れるようになるというもの。その意味で、スタッフ同士のコミュニケーションを、単に仕事上のものだけにせず、「楽しい」や、ときには「悲しい」といった感情を共有し、個人同士の結びつきを強めるということには、大きな価値があるのです。

さらにはその「楽しさ」を、スタッフ同士だけでなく、経営者、経営陣とも共有できるというのが、フローレンスの組織としての強みのひとつなのではないかと思います。

社長にモンスターボールを投げつけられる会社と、投げつけられない会社なら、ぜひガンガン投げつけたい。そう思いませんか?

ということで、スタッフ全員参加により、大盛況で幕を閉じた代表バースデーサプライズイベント。
これからもフローレンスはチームとしての団結力を高め、社会問題解決のためにまい進していきます!


※黒スーツ&サングラスの駒崎が登場する内定者懇親会の様子については、こちらをどうぞ。

【今週のK崎さん】全身全霊全力でウェルカム|東大卒イクメンパパ、働きながら保育士試験合格を目指す!(外部リンク)

書いた人:橋本 吉央