• Home
  • News
  • メディア・イベント
  • 【情報誌】ハーバード・ビジネス・レビュー「未来をつくるU-40経営者」に代表駒崎が選ばれました!

News

メディア・イベント

2016/10/08

【情報誌】ハーバード・ビジネス・レビュー「未来をつくるU-40経営者」に代表駒崎が選ばれました!

  


1008

2016年11月号ハーバード・ビジネス・レビュー「未来をつくるU-40経営者」に代表駒崎が選ばれました!

世界最古のマネジメント誌としてアメリカ国内では29万人のエグゼクティブが愛読する「ハーバード・ビジネス・レビュー」。米国に続き世界で一番早く創刊された日本語版「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー」が、今年創刊40周年を迎えました。

40周年を記念し、特定の分野で新しいことに挑戦する40歳未満の若き経営者20名を【未来をつくるU-40経営者】として編集部と選出委員がノミネートしました。

その栄えある20名の中に、フローレンス代表理事駒崎弘樹を選出いただきましたのでお知らせいたします!

2004年にフローレンスを設立して12年、常に社会課題を事業によって解決する手法や、政治と行政を巻き込みながら社会の利益を追求するフローレンスのスタイルを、識者の皆様に評価いただき、大変光栄に思います。

本日発売の40周年記念特集号は「日本を代表する各界のパイオニア」が勢揃い。今まさに共にコレクティブ・インパクトを起こそうと関係を深める仲間の顔もありました。

同誌を手に取ったあなたには、誌面のリーダー達が「特別な人」に見えるでしょうか?

でも、フローレンスの事業はいつも「目の前の親子が困っている状況」をなんとかしたいというシンプルな課題からスタートし、地道にトライ&エラーを繰り返してきました。新しいことに挑戦するのは「特別な人」の仕事なのではなく、「これはおかしい」とか「こんなことができないか」という1人ひとりの気づきが原動力になっているのだと思います。