News

アクション最前線

2017/07/31

「支援してくれる人がいる」それこそが、力になる。こども宅食に届いた声

    


0731 eyecatch

こんにちは。「こども宅食」事務局の菊川です!

「こども宅食」が挑戦している、ふるさと納税を使ったクラウドファンディングには、500人を超える方からの応援をいただいています! 寄付をしてくださった皆さま、拡散にご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございます!

フローレンスは様々な非営利団体や文京区、企業と協働して、経済的に厳しい家庭に食品を届ける「こども宅食」を開始しました。生活の厳しいひとり親家庭など1,000世帯のご自宅に1-2ヶ月に一度食品を届け、それを切り口に「子どもの貧困」問題を解決する新しいセーフティネットを創ります。まずは小さな成功事例を創り、同じ仕組みを全国に拡げます。

>>>>「こども宅食」の詳細はこちらから

  「こども宅食」の利用希望者から、続々とメッセージが届いておりますので、紹介させてください。

このような支援はとても素晴らしいと思います。食品という命と関わる形だと、より人と人とを結びつけ、社会や行政に支えていただいている実感が湧きます。

食品は日々の生活の中で1番大切なのにも関わらず、1番節約してしまう物なので、支援して頂けると大変助かります。社会に恩返しできるように頑張りたいと思います。

シングルマザーになり、皆様のお力添えで笑顔で暮らせてます。思いがけないプレゼントのようでとても嬉しいです。ありがとうございます。

普段はヘルパーの仕事をしているので、普段の仕事を通じて、少しでも世間のお役に立てればと思います。

食品が届くという具体的な支援だけではなく「支援してくれる人がいる」「多くの人が支えてくれている」ということ自体が、利用希望者の方々の心の支えになっているのではないでしょうか。

応援くださった皆さま、本当にありがとうございます。 支援いただいた皆さま、利用を待ち望んでいる皆さまの期待に応えるべく、より一層気を引き締めて、事業を立ち上げてまいります。

今までなかなか声を上げられなかった方々にも、支援を届けられる。食品を届けることで、つながりを創る。そんな事業にしていきますので、引き続き応援をお願いします。


「こども宅食」は事業立ち上げの資金を集めるため、7月20日から「ふるさと納税」での寄付の申込受付(クラウドファンディング)を開始しました! 1000人の子どもたちとその家族に支援を届けるため、どうか応援をお願いします。

>>>>「こども宅食」の詳細はこちらから