• Home
  • News
  • お知らせ
  • 【障害児訪問保育アニー・障害児保育園ヘレン】10/20(金)に利用希望者説明会を開催します

News

お知らせ

2017/09/25

【障害児訪問保育アニー・障害児保育園ヘレン】10/20(金)に利用希望者説明会を開催します


17xxxxanniehelen

10月20日金曜日に、障害児訪問保育アニー・障害児保育園ヘレンの利用希望者説明会を開催します!

障害児訪問保育アニーは、たんの吸引や経管栄養、胃ろうなど医療的ケアが必要なお子さんや、疾患等で集団保育が難しいお子さん、重症心身障害児のご自宅に保育スタッフが訪問し、マンツーマンで保育をする日本で初めてのサービスです。

日中は、各お子さんの発達に応じた遊びを基本に過ごします。近所へのお散歩などはもちろん、フローレンスの運営する保育園や、地域の幼稚園・保育園などへの交流保育、療育施設への帯同等もおこなっています。

また、保育中はフローレンス本部と各ご家庭をウェブカメラで常時つないでいるほか、定期的に巡回看護師による訪問看護が実施されますので安心してお預けいただけます。

障害児保育園ヘレンは、障害のある子の長時間保育を実現する日本で初めての保育園です。2014年に杉並区で1園目が開園して以降、順次都内に開園を進め、2017年6月には江東区に4園目(東雲)が開園、2017年10月には渋谷区に5園目(初台)が開園する予定です。

看護師、作業療法士、研修を受けた保育スタッフがチームを組み、子どもたちが安心して過ごせる体制を作ります。

経験を積んだ看護師がいるため、これまで預かりが難しかった「医療的ケア」を必要とする子どもの保育にも対応することができます。

ヘレンでは「遊び」を出発点とした、子ども自身が楽しみながら発達を促す「療育プログラム」を行います。

子ども自身が「楽しそう!」と感じ、新しいことにチャレンジすることをヘレンは大切にします。 また、ヘレンで過ごす生活のすべてにリハビリスタッフの視点を取り入れ、何気ない遊びの中にも発達の芽を育てていきます。

▼医療的なケアや障害、慢性疾患などが理由で、お子さんが保育園に入れず、お仕事をあきらめていた方はぜひご相談ください。

お子さんが保護者や家族以外による保育の経験をつんで保育園への転園を目指す、など通常保育園へのステップとしてもご利用いただけます。

当日は障害児訪問保育アニー・障害児保育園ヘレンのご利用までの流れや保育の内容について、詳しくご説明いたします。

お申し込みは下記リンクからフォームにご記入ください。

アニー・ヘレン利用説明会お申し込みフォーム

 
<説明会概要>

日時:
10月20日(金):11時~12時30分
11月17日(金):11時~12時30分
12月15日(金):11時~12時30分

※参加申込人数が著しく少ない場合、開催を見合わせ、参加申込をいただいた方には別日にて個別に対応させていただく場合がございます。予めご了承ください。

場所:NPO法人フローレンスオフィス2・3F
NPO法人フローレンスまでのアクセスはこちら

対象の方:アニー・ヘレンがサービス展開中の各区にお住まいで、2018年5月以降にご利用開始をご希望の方

<<利用希望者説明会についての詳細はこちら>>

※現段階では気管切開や人工呼吸器など呼吸器系疾患のあるお子さんについてはお預かりができません。ご了承ください。

ご参加をスタッフ一同、お待ちしております。

■ヘレンやアニーの保育の様子をもっと知りたい方はこちら

「口から食べる」を知らない子どもたちに起こった、障害児保育園での驚くべき変化とは?
皆さんは経管栄養という言葉を知っていますか?食べ物を口に入れ、噛み、飲み込むのではなく、「経管」の言葉のとおり、チューブを通して直接身体に栄養を入れる食事方法です。障害や医療的ケア...
安心してください、「ジャンヌ」がついてますから!~障害児訪問保育アニー訪問看護師の1日に密着~
こんにちは、広報のえみりーです。フローレンスでは保育士、医師、看護師、作業療法士…など、さまざまな専門職スタッフが働いていますが、その中に「ジャンヌ」と呼ばれるチームがあります。フ...