フローレンスに共感した仲間たち

小規模保育事業部
マッチング担当/WEB担当

菊川 恵

菊川 恵(小規模保育事業部 マッチング担当/WEB担当)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

「セーフティネットを作りたい」と思ったからです!

父は大人のフリーター、母は重い精神疾患でなかなか上手に私を育てられず、社会的養護をはじめとして様々な人にお世話になりました。

それと同時に、社会のサポートなしでは生きられない子どもたちや、大人になっても心に傷を負っている人たちの姿をたくさん見てきました。それらは私にとって社会課題ではなく、顔の見える個人の話です。

そういった痛みを抱える人たちが「できるだけ心理的なハードルを感じずに」社会とのつながりを保つ手段はなんだろうと考えたときに、「より生活に切実なこと」というキーワードが浮かびました。

生活に直結するインフラを作り、それらを「当たり前」の存在にするために法律を変えている姿に希望を感じ、入社を決めました。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

おうち保育園の「ヘルプスタッフ制度の運営」と「WEBマーケティング」を行なっています。

ヘルプスタッフとは園勤務のスタッフがお休みの時に、代わりに保育を行なうスタッフのこと。特定の園には所属せず、ヘルプ依頼に応じて全園を回ります。私は東京13園のスタッフのお休みに合わせて、ヘルプスタッフの派遣先を決める役割を担っています。

また、おうち保育園をより多くの人に知ってもらうために、WEBマーケティングや広報業務にも従事。ヘルプスタッフ制度で現場と関わる機会が多いことをチャンスと捉え、園内の魅力を発信するのに活かしています!

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

「フローレンスWAY」という社員の行動指針の一つ「ハートと生産性の両輪で走る」を体現できるところです!「働く人を大切にすること」がまず前提にあり、その上で効率化を進めているところが魅力です。

園スタッフとヘルプスタッフの橋渡しを行ない、「どうしたらスタッフみんなが働きやすくなるかな?」と考えているときが一番充実しています。また、元々文章を書くのが好きだったこともあり、おうち保育園の広報業務も楽しみながら取り組めています!

一覧へ戻る