フローレンスに共感した仲間たち

病児保育事業部
採用担当

中村 晴子

前職:不動産、書店員、保育園の事務

中村 晴子(病児保育事業部 採用担当)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

前職は保育園の事務員として働いていました。自身が母になって、初めて保育の世界に片足を踏み入れましたが、愛情と熱意と専門性を持って、全身全霊で子ども達と向き合っている先生方と出会い、ひとりの母親としても、職業人としても、心の底から「保育ってすごい仕事だ」と感じていました。

一方で、先生方の長時間労働や厳しい職場環境を目の当たりにし、“子どもも保育者も幸せになるにはどうしたら?”と思っていたことと、フローレンスの行っている「小規模保育」に興味を持ったことが重なってフローレンスのドアを叩いたのです。

駒崎が面接の時に「子ども達の自己肯定感を育む保育をしたい」というのを聞いて、「これだっ!」と思い入社を決めました。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

フローレンスの広報担当として、取材や講演のアレンジ、公式HPやSNSでの発信、駒崎の秘書業務などを担っています。

取材や講演は、たくさんのご依頼をいただくのですが、駒崎のスケジュール上お受けできないことも多く、泣く泣くお断りすることも…。(申し訳ありません。)

多くの方にフローレンスを知っていただくことと同時に、病児保育や小規模保育、障害児保育などの認知度をあげること、「ここに、こんな問題があるよ」と社会課題を提示していくことが、NPOならではの広報業務だと思います。

2015年は「37.5℃の涙」のドラマ化や書籍の発刊など、大きなトピックが続き、色々な業務に携わることができました。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

フローレンスへの応援コメントや、ご利用の親御さんが褒めてくださっているのを聞くと、本当に嬉しいです。広報業務に携わっていると、他部署のスタッフと一緒になることも多く、色々な素敵エピソードを聞くので、実は私が1番のフローレンスファンかもしれません。もっとたくさんの方に知ってもらいたい!というのは常に思っています。

また、課題広報に関しては、多くの方と一緒に声をあげることで、社会が変わっていく様子を肌で感じられる点が、他では味わえない、フローレンスならではの醍醐味だと思います。

個人的には、スピート感があって、手を挙げれば何でも挑戦できる社風に、やりがいを感じています。

一覧へ戻る


この人が書いた記事はこちら