フローレンスに共感した仲間たち

病児保育事業部・訪問看護ステーション ジャンヌ
看護師・サブマネージャー

森山 智景

前職:大学病院、地域包括支援センター

森山 智景(病児保育事業部・訪問看護ステーション ジャンヌ 看護師・サブマネージャー)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

フローレンスを知る前から、子育て家庭がうまく手助けを受けられずに困っている状況がどうにかならないかと思っていました。

子育てが落ち着いた世代の人たちや、地域の高齢者の力を活用して、無理なく頼り合える社会にできないものかと思っていたところ、フローレンスを知りました。ちょうどその頃、新規事業のために看護師を募集していたので、勇気を出して応募したのがきっかけです。

フローレンスについて調べるうちに、病児保育だけではなくて、おうち保育園やグロースリンク勝どき、働き方革命など、必要だと思える事業を次々に打ち立てていることがわかりました。社会問題と向き合って日々進化している様に共感したことが大きかったですね!

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

病児保育に入会申し込みしてくださったお子さんの既往歴の確認や、こどもレスキュー隊員からの病状相談対応、発達支援プラン(既往歴のあるお子さん向け病児保育)の管理運営、訪問看護ステーションの管理運営と訪問看護、障害児保育園ヘレンのナース業務、など……看護師が必要とされることは、なんでもやりまっせ!

もちろん、看護師じゃなくてよいことでもやります!

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

必要なのに今はないものを、少しずつ創り上げていけることでしょうか。その過程の中で、ニーズを持った方々からは本当に喜んでいただけるので、大変なことも、そういう方々を思い浮かべながら頑張っていける気がします。

それに、仲間が素晴らしいです! 既存の価値観にとらわれず、変えるべきことは変える!を繰り返すことが染み付いていると思います。しかもあったかい。困った人を放っておけない人が多いですね。

そんな楽しい仲間たちと同じ目的に向かって苦楽を共にするかんじが魅力ですね!

一覧へ戻る