フローレンスに共感した仲間たち

障害児保育事業部
採用担当

上羅 翔太

前職:大学院生

上羅 翔太(障害児保育事業部 採用担当)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

学生時代は法学部で家族法の勉強をしていました。

大学院に進学し研究を続けていましたが、「自分の手を動かして、実際に社会問題を解決したい!」という強い思いが日々つのり、ここならそんな思いが形にできると思い、新卒としてフローレンスに飛び込みました。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

現在は主に採用担当をしています。

お仕事説明会の開催や保育スタッフインタビューの掲載など、障害児保育に関わりたいと思う方に興味を持ってもらえるよう、そして障害児保育を多くの方に届けられるよう日々汗かきながら働いております。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

変化が大きいことと、新しいことに挑戦できることがあげられます。

日々状況が変化していくなかで、新たな改題解決に取り組むことができます。

また事業部横断のプロジェクトが多くあり、事業部を超えて課題解決に取り組むことができることもやりがいのひとつです。

一覧へ戻る