フローレンスに共感した仲間たち

小規模保育事業部
新園開設準備担当

長岩 真子

前職:大学生

長岩 真子(小規模保育事業部 新園開設準備担当)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

まず、第1に子どもに関わる仕事をしたいと考えました。子どもが未来に希望を持って、幸せに過ごしていけるように。

当初「子どものために働く」ということは、直に子どもにアプローチをすることだと思っていましたが、子どもにとって大きな影響を与える存在は、やはり親、家族です。では、家族を支えるもの、家族のために働くとはどんなことだろうと考えていた時に「保育」に出会いました。

保育は子どもの成長と発達を、親御さんを、そして社会を支えるインフラです。フローレンスには病児保育、小規模保育、障害児保育など、社会問題に直面する親子のための新しい保育の形があります。「親子の笑顔をさまたげる、社会問題を解決する」組織の力の1つに私もなりたいと思い入社を志望しました。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

現在、おうち保育園では園のスタッフが休暇を取得する場合に、そのスタッフの代わりに保育を行うヘルプマンという働き方があります。各園内で休暇の調整が難しい場合に園からヘルプ依頼を出してもらい、その依頼をもとにヘルプマン・シフトスタッフのシフトを作成しています。

また新園チームでは、新園の開園に向けた準備を、園長や行政、設計士、その他関係する業者の方と一緒に行っています。そのチームの中で、どこに新園を開設したら、より待機児童問題に直面している親子のもとに保育を届けられるのかを踏まえ、未来の新園の物件を探したり、新園に必要な備品を揃えるための手配を行っています。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

子どもたちの笑顔と親御さんからの声、そして保育スタッフの皆さんの笑顔が私のやりがいにつながっています。子どもも親御さんも、そして働くスタッフもwin-win-winになれることが私の理想です。

以前障害児保育の採用に携わっていた際には、当時開催していたお仕事説明会を通してフローレンスでやりたい保育を見つけてくださった方がおり、その方の入社後には保育を必要としているご家庭に保育を届けることができました。保育をやりたいと思う方と保育を必要とする親子の架け橋の一部になれたことは、とても嬉しかったです。

新園の担当に異動になり、今度は新園の開設を通して待機児童問題に直面している親子のもとに保育を届けること、また保育スタッフが気持よく、理想の保育を実現していくサポートをしていきたいと思っています。

一覧へ戻る