フローレンスに共感した仲間たち

一般財団法人 日本病児保育保育協会 (出向)
事務局スタッフ

田中 あけ美

前職:NPO法人スタッフ、保育士、塾・幼児教室講師、玩具販売

田中 あけ美(一般財団法人 日本病児保育保育協会 (出向) 事務局スタッフ)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

子育て支援関係のNPOに働いていた頃、ちょうど始まったばかりの
フローレンスの病児保育を知り、その後、フローレンスがひとり親プランを始めた事に
感動した記憶があります。私自身ひとり親として子育てしてきた中でいろんな人に
助けられました。その恩を次に続く人にお返ししたいと思って入社しました。


私が産まれ育った福井県は共働き率が高く、両親働いているのが当たり前、
地域で子育する環境もあり、幸せな子ども時代だったなという思い出があります。
“みんなで子どもを抱きしめ・・・”というフローレンスのビジョンに凄く共感しています!!

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

入社後、3年半病児保育事業部でレスキュー隊員として、病児保育の現場でお子さんを保育していました。

5月からは、現在の部署で、病児保育を担う人材を全国に増やしていくべく、病児保育スペシャリストの資格に関する業務を担当しています。

病児保育の現場での経験を活かし、これから病児保育をめざそうという方、今病児保育の現場にいらっしゃる方達にハートフルに対応していきたいと思っています。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

病児保育の現場の時は、レスキューで伺う親子の笑顔に出会った瞬間。
今は、その笑顔を日本全国に増やしていくんだという思い。

一覧へ戻る