フローレンスに共感した仲間たち

おうち保育園しののめ
園長

岩崎 将吾

前職:他の保育園

岩崎 将吾(おうち保育園しののめ 園長)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

保育士資格取得のために夜間の学校に行きながら、昼間は保育園のアルバイトをしていました。その頃から子どもの人数に対して保育士の数が足りない、と感じていましたが就職してからもその気持ちは変わりませんでした。

気持ちと現実と理想のズレが大きくなり悩んでいる時に、おうち保育園の求人が目にとまりました。目指す保育の形を見つけた気がしました。

実際に働き始めて、おうち保育園の手厚い保育は本当に自分にとって理想的な形であると実感しました。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

園長として働かせてもらっています。

管理職という立場になり直接子どもに関わる時間は少なくなってしまいましたが、園にいる時間は出来るだけ子ども達と過ごしたいと思っています。

実際は高い場所の物を取る、切れた電球を代えるなどの雑用兼、保育スタッフのみなさんのストレス発散の対象、という役割も担っています。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

子ども達の笑顔は「やりがい」に直結する、保育士の最大の報酬だと思っています。

同じように保護者のみなさんの温かい言葉や同じ園で働くスタッフとの信頼関係も、僕にとっては「やりがい」の一つです。

それらが小規模ならではの距離感で毎日良い仲間に囲まれて仕事が出来ている事を実感しながら、子どもや親御さんとの温かい雰囲気の中働ける事自体に「やりがい」を感じています。

一覧へ戻る