• Home
  • News
  • メディア・イベント
  • 【WEB連載】日経DUAL連載 代表理事 駒崎 『社会を変えるダイアローグ~僕らのSNSメッセージが政治を改善させる(後編)』が公開

News

メディア・イベント

2016/03/09

【WEB連載】日経DUAL連載 代表理事 駒崎 『社会を変えるダイアローグ~僕らのSNSメッセージが政治を改善させる(後編)』が公開

  


DUALtop

日経DUALで開始した新連載の対談『社会を変えるダイアローグ』

第二回は山本香苗議員(前厚生労働副大臣)との対談です。

前回に引き続き、子どもの虐待や貧困について語り合っています。

記事内で出てくる児童相談所全国共通ダイヤルにかかってきた電話の7割以上が切られている」という問題。

この対談のあと、山本議員が国会で質問し、塩崎厚労相が改善を約束しました!

ロビイングにもつながった貴重な対談です。ぜひご覧ください!

今回の記事はこちらからどうぞ。

前編はこちら

16_8035_09

<記事より抜粋>
最長2分かかる虐待相談ダイヤル「189」、子どもの貧困

■児相につながるまで最長2分

■日本の子ども貧困率を下げるために

facebookのメッセージがきっかけで、選挙の不備を解消

 子どもの貧困問題の解決なくして1億総活躍社会の実現はないし、子どもの貧困対策が将来の社会に対する投資になる。その認識を社会全体で共有できていない、ということが非常に大きいと思っています。(山本議員)

何にお金をかけるべきか、優先順位が国民のコンセンサスとして盛り上がっていかないと。僕達が声を上げていかないと、どんどん配られていっちゃいますね。(駒崎)

(写真提供:日経DUAL 文/宮本恵理子 撮影/鈴木愛子)

 




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube