News

アクション最前線

2017/12/22

半径5メートルからの社会変革~あなたができる10の寄付まとめ~

 


donation

12月は寄付月間です。

寄付月間とは、1年の終わりに欲しい未来を考えて、その欲しい未来を叶えてくれるさまざまな取り組みに、寄付というかたちで想いを託しましょう、という期間です。

一人ひとりがこの機会に寄付について考えたり、実際に寄付してみたり、寄付月間についてソーシャルメディアで広げたりできるような取り組みを、様々な団体が協働で全国的なキャンペーンを行っています。

これを機に寄付をしましょう…!と言われても、寄付なんてやったことないし敷居が高い、と感じられる方も少なくありません。

まずははじめの一歩。身近にできるこんなやり方から始めてみるのはどうでしょうか?

 
不用品で寄付をする

家の中を見回してみてください。

例えば本、DVD、服やバッグなど。年末の大掃除で出てくる、要らないものがありませんか?

あなたが断捨離したものを買い取ってもらい、その買取金額が寄付になる取り組みがあります。

1.不要な本やDVDで寄付をする

WN171222-1

チャリボンでは、不要になった本やDVDや書き損じのはがきを送るだけで、フローレンスのひとり親支援に寄付が出来ます。

2017年は、チャリボンで216名13395冊のご寄付をいただき、57家庭に1ヶ月分の病児保育を提供することができました。(2017年11月時点

<寄付の方法は簡単!>
(1) 古本を段ボールや紙袋にまとめる 
 ※はがきの寄付は必ず本の寄付とご一緒にお願いします。
 ※5冊以上のお申し込みで送料無料となります。CD・DVDの同梱も可。

(2)ウェブか電話でお申込み
 https://www.charibon.jp/partner/florence/

(3)ご希望の日時に集荷にきてくれます。伝票の用意も必要なし!

簡単に寄付ができて、お部屋も気分もスッキリ。

年末の断捨離にはぜひご活用ください!

2.不要な洋服やバッグで寄付をする

WN171222-2

FASHION CHARITY PROJECTでは、不要となったファッションアイテム(洋服、バッグ、シューズ等)を寄付し、寄付されたアイテムが購入されると、フローレンスのひとり親支援または障害児保育に寄付ができます。

お気に入りのブランド品、もう使わないけど捨てるのは忍びない……と眠っている洋服やバッグ等がある方は、ぜひ「断舎離するならチャリティへ」を合言葉に、ファッションアイテムでの寄付をご利用ください!

 ひとり親家庭支援はこちら / 障害児保育支援はこちら 
 1/27 THE GIFTイベント開催! 

 
無料でできる支援

寄付をするのに必要なのは、なにも現金だけとは限りません。

なんとなく貯めていたけど使っていないポイントを寄付にしたり、クリックするだけで寄付になる取り組みもあります。

3.Tポイントで寄付をする

WN171222-3

Yahoo!Japanが行うYahoo!ネット募金は、様々なNPO・NGOに支援をできる寄付ポータルサイトです。

なんと、Yahoo!ネット募金ではTポイントで寄付もできるんです!しかも、1ポイントから。

使いみちに迷っているTポイントがありましたら、ぜひお試しください!

 Tポイントでの寄付はこちらから 

4.毎日クリックするだけの支援

WN171222-4

無料でNPOを簡単に支援でき、社会貢献を身近にするプラットフォーム「gooddo」では、フローレンスページ内の「応援する」ボタンのクリックをするだけで、フローレンスを支援することができます。

1日に1回クリックするだけの応援。まずはここから始めてみませんか?

 
いつものついでに寄付をする

普段やっているお買い物、美味しいアイスを食べる、プレゼントや年賀状を贈る、など。そんないつもの行動が寄付になったら素敵だと思いませんか?

5.スーパーのレジで募金する(西友)

WN171222-5

全国の西友のレジには、「レジ募金」のカードが置かれています。

お買い物のついでにこのカードをレジに出すと、お買い物の精算と一緒にフローレンスへの寄付をすることができます。

寄付額は1円~任意の額をレジでお伝えください。

お釣りの小銭分の寄付をプラスして、小銭要らずのスッキリお買い物をしてみませんか?

 西友の店舗検索はこちらから 

6.絵本を買って寄付をする

「イクメン知事」として知られる三重県知事の鈴木英敬氏が出版された『「パパ」は どうしてパパなの? 』。
この絵本は、2児の父である鈴木知事が、「パパから息子へ、普段は言えないけれど、いつか言いたいこと」として、子どもたちに伝えたい12の人生で大切なことを伝える内容となっています。
この本の印税は、フローレンスの赤ちゃん縁組への寄付になります。

Amazonでの購入はこちら

7.年賀状を贈って寄付をする

WN171222-6

年越し準備のひとつ、年賀状。この年賀状を寄付つき年賀状に変えて、簡単に寄付をすることもできます。

スマートフォンで簡単に作れる年賀状で、寄付つき年賀状を選んで作成するだけ。

今年の年賀状は、欲しい未来を考えながら作ってみませんか。

 iPhoneアプリはこちら  / Androidアプリはこちら 

8.アイスクリームを食べて寄付をする

WN171222-7

東京・有楽町にあるニューヨーク発のハンバーガーレストラン『Shake Shack®』の東京国際フォーラム店では、同じ千代田区内に本拠地を置くフローレンスをご支援いただいています。

オリジナルアイス「コンクリート」の店舗限定メニュー「Matcha Forum Blend(マッチャ フォーラム ブレンド)」をお買い上げいただくと、売上の5%がフローレンスへのご寄付となります。

また、店内にはフローレンスの保育園に通う子どもたちの作品が展示されています。

季節の製作を眺めながら、美味しいアイスクリームはいかがですか?

 店舗の場所はこちらから 

9.プレゼントを贈って寄付をする

WN171222-8 

クリスマスやお歳暮の贈り物で何を贈ろうか……?と悩んだ時に便利なカタログギフトやギフトカード。

ベビーグッズやキッズ向け商品の豊富な選べるギフトを贈りながら、一緒に寄付も贈りませんか?

 くわしくはこちら 

 
 
■新しい寄付のしかた

面倒な入力作業不要!「ポチッ」とするだけでかんたんにできる寄付もあります。

10.Amazon Pay

WN171222-9

寄付をする時、クレジットカードの番号を入力したり、氏名や住所を入力したり…というのは手間ですよね。

フローレンスでは、そんな手間をかけることなくできる支払い方法を新しく取り入れました。

その名も「Amazon Pay」!

総合オンラインストアAmazon.co.jpのアカウントに登録されている住所やクレジット情報を利用することができるので、面倒な入力をすることなく、かんたんに寄付ができるようになりました!

ひとり親家庭支援への寄付はこちら / 障害児保育、赤ちゃん縁組への寄付はこちら 


どうですか?

あなたにもできそうな、身近な寄付はありましたか?

フローレンスのひとり親支援、障害児保育事業の立ち上げやスタッフの育成は、寄付を原資に行っています。

この1年の終わりに、フローレンスの目指す「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」に思いを馳せながら、まずは身近な支援から初めてみましょう。

※チャリボン、FASHION CHARITY PROJECTの取り組み、Amazon Payによる寄付は、寄附金控除の対象となります。
 現在お手続きいただいた場合、領収書の発行は2018年の発行となり、2019年の確定申告時に控除を受けられます。
 2018年の確定申告では控除を受けられませんのでご注意ください。


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube