News

特別養子縁組

2018/08/25

フローレンスと特別養子縁組、これまでの歩み


engumi

24時間テレビや、マンガ『コウノドリ』などでも取り上げられ、少しずつ社会に知られてきている特別養子縁組

この特別養子縁組は、何らかの事情で生みの親が育てることができない子どもを、育ての親に託し、子どもと育ての親が戸籍上も実の親子となることができる制度。

フローレンスの赤ちゃん縁組事業では、予期しない妊娠をした女性の相談を受け、場合によっては育ての親を希望するご夫婦にお子さんを委託する、特別養子縁組の支援を行っています。

今回は、「フローレンスと特別養子縁組」と題し、2016年4月の事業立ち上げからこれまでの歩みを振り返ってみたいと思います。

多くの方の応援を受けて立ち上がった赤ちゃん縁組事業

赤ちゃん縁組事業は、クラウドファンディングによって約1400人の方から、総額3千万円ほどのご支援を集めて始まりました。

cf

そして、2016年4月、事業がスタート。

予期しない妊娠をした女性のためのにんしん相談と、育ての親を希望する親御さんの募集・研修を二本の柱としています。

育ての親を希望される方向けのサイト

特別養子縁組の支援 | 認定NPO法人フローレンスの赤ちゃん縁組

予期しない妊娠などについての相談を受け付けるサイト

妊娠相談 | 認定NPO法人フローレンスの赤ちゃん縁組

予期しない妊娠をした女性の相談に乗り、希望する場合特別養子縁組の支援に進むという流れですが、すべての相談で特別養子縁組という結果に至るわけではありません。

相談の中では、しっかりお話を聞いて、必要に応じて行政の制度の紹介、関係機関へのつながりを作っていくことがとても大事です。ひとりひとりの相談者に寄り添うことを大切にしながら、にんしん相談を行っています。

「誰にも相談できなかった」予期せぬ妊娠に寄り添う「にんしんホットライン」に寄せられた声
フローレンスの赤ちゃん縁組事業では、予期せぬ妊娠についての無料相談窓口(「にんしんホットライン」)を運営しています。 今回は、そのにんしん相談に寄せられた相談の件数やその内容、そ...

相談の結果、特別養子縁組を行うことになったケースも、これまでに8件(2018年7月時点)ありました。8組の新しい親子の誕生の助けになってこれたこと、スタッフ一同とても嬉しく思っています。

事例のひとつはこちらの記事で紹介されています。

あわや自宅分娩からの、赤ちゃん縁組!のご報告
フローレンスでは2016年4月の事業開始以降、昨年の秋には初めての縁組委託が実現し、妊娠相談が徐々に増えてきました。 それにともなって、妊娠後期の切迫した相談も受けることが増えて...

特別養子縁組を、もっと多くの方に知ってもらうために

現在、2週間に1人の赤ちゃんが、虐待によって亡くなっています。そんな赤ちゃんを救うことが、赤ちゃん縁組事業の目的です。

そのためには、特別養子縁組という制度、取り組みがもっと社会に知られる必要があります。

そこで、フローレンスでは、自らが事業を運営して特別養子縁組を支援するだけでなく、広報活動にも力を入れてきました。

2017年には、SmartNews ATLAS Program 2の支援対象に選ばれ、SmartNews上での1000万円の広告枠をいただました。

atlas

このSmartNews ATLAS Program 2をひとつのきっかけとして、さまざまな角度から特別養子縁組を紹介する記事を作ってきました。

例えば、日本における特別養子縁組の成立の過程について、有識者の座談会形式で紹介した記事や、

「赤ちゃんを殺すことができなかった…」ある医師の”違法行為”から、特別養子縁組は始まった
家族や、親子の「血がつながっていること」って、本当に必要なこと?  現在も、2週間に1人の赤ちゃんが「虐待」で殺されている日本(※)。まだまだ閉鎖的で、きちんとした制度が必要な日...

ライターのさえりさん( @N908Sa )に、フローレンス代表駒崎へのインタビューを通して、これから家族を持つことを考える若い世代の方々向けに、特別養子縁組をわかりやすく解説する記事を書いていただきました。

「わたしは養子を愛せるか?」”特別養子縁組”について聞いてきた
子どもを産みたくても産めない人がいる。長年の不妊治療で精根尽き果てている人がいる。 わたしがそんな事情を自分ごととしてはじめて捉えたのは、婦人科で心ない医者に「産めないかもよ」と...

また、縁組の当事者である、育ての親となったご夫婦、縁組された当事者である方のインタビューを通して、家族のかたちとに特別養子縁組の意義を伝えるということもしてきました。

特別養子縁組で3児の親になった夫婦-そして家族になる-
特別養子縁組インタビュー企画。今回は特別養子縁組で3人の子どもを迎えたご夫婦に話を聞きます。 まだまだ知られていない特別養子縁組。興味関心があったとしても身近に前例がなく、「養子...
「ぼくは養子」18歳男子高校生ケイタが考える”家族の定義”
私たちフローレンスは2017年某日、とあるお宅を訪ねました。特別養子縁組で2歳半の時に養子となった18歳の男子高校生ケイタ君(※仮名/年齢はインタビュー当時)に会うためです。 養子...
25歳で特別養子縁組の真実告知を受けて ー「望まない妊娠」という言葉に思うこと
特別養子縁組にまつわる当事者の方々へ話を聞くインタビュー。今回は、生後1ヶ月で児童相談所を介して里子としてご両親の元へ託され、その後4歳の時に、当時制度化されたばかりの特別養子縁組...

冒頭にも書いたとおり、さまざまなメディアで取り上げられるなど、特別養子縁組についての認知度は少しずつ高まってきていますが、まだまだ諸外国に比べると実現例は多くありません。

今後もフローレンスは、特別養子縁組に関する広報にも力を入れていきます。

特別養子縁組支援のための制度づくりも

こういった特別養子縁組の支援を行っている民間団体は、フローレンス以外にも数多くありますが、子どもの福祉のために重要な取り組みであるにもかかわらず、国からの補助はこれまでまったくありませんでした。

その問題を解決するため、特別養子縁組の支援を行っている団体が集まり、2016年に日本こども縁組協会が成立。フローレンスも参加し、国に対して政策提言を行ってきました。

「日本こども縁組協会」設立 厚生労働省にて記者会見しました
日本で2週間に1人、生まれたばかりの赤ちゃんが実の親の遺棄等によって命を落としている現実をご存知ですか。「予期せぬ妊娠」「望まない妊娠」によって、出産しても育てることのできない事情...

その結果、2016年12月に「特別養子縁組あっせん法」が制定、行政からの補助などが実現することになりました。

赤ちゃんの虐待死ゼロへの第一歩~特別養子縁組あっせん法案が成立しました~
今日(2016年12月9日)は日本の社会的養護(虐待等で家庭で過ごせない子どもたちの養護)において、歴史的な日となりました。特別養子縁組あっせん法案(正式名称:民間あっせん機関によ...

自らが事業によって問題を解決するだけでなく、同じ想いを持つ方々や、国・行政とともに制度を作り、社会問題の解を全国に広めていくことは、とても重要なことです。

さいごに

国連総会で採択された「子どもの権利条約」や、「児童の代替的養護(=社会的養護)に関する指針」では、”子どもたちには原則、家庭環境が与えられること”を謳っています。

子どもたちが、家庭的な環境の中で愛情をいっぱい受けて育つことは、子どもの権利です。予期せぬ妊娠が理由で遺棄されてしまう赤ちゃんが、日本からゼロになるように。

共感いただいた方は、フローレンスのこのスタートアップ事業を応援してください。

赤ちゃん縁組事業を応援する

書いた人:橋本 吉央


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube