News

メディア・イベント

2018/11/09

【12/1(土)】「こども哲学」の川辺洋平氏 登壇決定! 第2回[プロフェッショナル 保育の流儀


スクリーンショット 2018-11-08 16.19.17

日々の保育に、モヤっとしていませんか?

自分の保育観と現実とのギャップになんとなく悩んでいませんか?

フローレンスが主催するイベント「プロフェッショナル 保育の流儀」はそんな気持ちを抱えている保育に携わる人のためのイベントです。

保育に携わる皆様が「世の中にはこんな保育もあるんだ!」という気づきを得るきっかけ、それをこのイベントで提供できれば最高だなーと思っています!

自分の保育園だけに閉じこもっていると、ついつい目の前の保育がアタリマエと思いがちです。

でも、世の中には自分の保育観を信じて新しい保育をつくる挑戦者がたくさんいます。

まず前半では新しい保育を実践する挑戦者の話を聞いて、「そんなことしてるんだ!」という気づきを得てもらいたいと思っています。

そして後半では、その気付きを参加者どうしでシェアして、話し合うことで「そんなふうな考え方もあるんだなぁ」というさらなる気づきが得られるようになっています。
 
そして…

この「プロフェッショナル 保育の流儀」の第二回が開催決定しました!!
※ 第一回の様子は▶コチラ◀の記事をチェック!

今回のゲストスピーカーは… 「こども哲学」の川辺洋平氏です!!

kawabeyohey

【川辺洋平氏 プロフィール】

東京学芸大学教育学部を卒業後、イラストレーターとして活動開始。2007年に広告会社に入社、2012年からは出版社にてクリエイティブ・ディレクターとして勤務。2014年にNPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダを設立し、代表理事に。保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭(美術)、高校教諭(美術)の資格を持つ異色のクリエイター。主な著書に『自信をもてる子が育つ こども哲学』(ワニブックス)がある。

Twitter:https://twitter.com/kawabeyohey


★☆お申込みはこちら☆★


「こども哲学」ってなに?という方もいらっしゃるかもしれません。

こども哲学は、哲学対話と呼ばれています。おたがいの意見を聞き合い、自由な意見を言い合う対話活動です。

100年以上の歴史があり、なんと、今年から道徳の教科書にも載っているのです!

こども哲学に参加する子どもたちや周囲のおとなたちの様子は、映画『こども哲学~アーダコーダのじかん~』(52分/日本語・英語字幕)というドキュメンタリー作品となって第13回シカゴ・ブローアップ・アートハウス国際映画祭でファイナリストにノミネートされ、映画は2018年2月に劇場公開されました!

なんと、それが現在youtubeで無料で視聴することができるので是非ご覧ください。

なお、約2分の予告編はこちらです:

これからの時代とても大切な能力は「考える力」だなんていうことがよく言われていますが、いったいどうすれば身につくのか……

そして、どう子どもに伝えてあげられるのか。 こども哲学は、その答えのひとつです。「哲学」っていうとすごく難しい感じがしますよね。でも、こども哲学は映像でもあった通り、日本の保育園でも実践されているのです。

百聞は一見にしかず!ということで、ぜひ佐賀市おへそ保育園でのこども哲学実践の様子をごらんください。

子どもたち、すごく楽しそうに、のびのびと自分の意見を話していますね。

そして、まわりの子どもたちはお友達の話をじっくり聞いています。

こういう活動を通じて、子どもたちは自信を持っていろいろなことを考え、そして相手に伝えられるようになっていくんですね。

こんな面白そうな「子ども哲学」を日本中に広めている川辺さんにせっかくお話いただくのだから、それこそ一方的に話してもらうだけではもったいない…!! そこで、今回は認定NPO法人フローレンスで副代表を務める宮崎真理子との対談形式で行なうことになりました。

スクリーンショット 2018-11-05 20.36.38

【宮崎真理子 プロフィール&ひとこと】

大手アパレルメーカーからベンチャー企業に転じ、マーケティング、人事を経て、2008年フローレンスに入社。副代表として組織運営全般を行う。

「保育業界に来てわかったことは、保育者の社会的地位の低さです。同時に、子どもの成長を支援するプロフェッショナルとして保育者が学び合う場も圧倒的に不足している。

団体名の由来である’フローレンス・ナイチンゲール’が、かつて成し遂げた看護師の地位向上を保育の世界で実現したい。そのために、保育の素晴らしさを世に広め、保育者が学びあう場を創っています。ぜひ、ご一緒に!」

まず前半ではこの二人の対談をじっくり楽しんでいただき(もちろん、質疑応答タイムもたっぷりあります!) 後半では、参加者の皆さまにも子ども達と同じように「おとな哲学」を直に体験していただく予定です。

第一回の「プロフェッショナル 保育の流儀」でも、この後半のグループディスカッションが予想以上に盛り上がりました!

こんなボリューム感たっぷりのコンテンツで、進めていきたいと思います! 当日の詳細は下記の通りです。

日程:12月1日(土)

受付開始:13:30~


時間:14:00 – 17:00


会場:認定NPO法人フローレンス 神保町オフィス3F


住所:東京都千代田区神田神保町1丁目14番地1 KDX神保町ビル


アクセス:神保町駅から徒歩1分


定員:30名


会費:無料


参加資格:下記いずれかの条件に該当する方

【A】保育現場で働いている方
【B】いずれかの資格をお持ちの方:保育士、保健師、看護師、准看護師

※会場は3Fです
※誠に申し訳ありませんが、定員が埋まり次第お申込みは終了とさせて頂きます


★☆お申込みはこちら☆★


 
当日、みなさまにお会いできることを楽しみにしています。たくさんのお申込みをお待ちしています!


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube