• Home
  • News
  • アクション最前線
  • 人生初のフルマラソンに挑戦!障害児保育事業部ディレクター杉山が走る理由【東京マラソン2020チャリティ】

News

アクション最前線

2019/07/26

人生初のフルマラソンに挑戦!障害児保育事業部ディレクター杉山が走る理由【東京マラソン2020チャリティ】

   


IMG_2888 (1)

昨年に続き、フローレンスは東京マラソン2020チャリティの寄付先団体に選出されました。

フローレンスのスタッフももちろん走ります!

2020大会への参加を決めたのは、9名。

障害児保育の受け皿を増やしたい」という願いとともに、各ランナー様々な思いで参加を決意しました。

そこで、東京マラソン2020チャリティにかける思いをフローレンスのランナーに聞いてきました。

今回は、障害保育事業部ディレクター、“すーじー”こと、杉山富美子のコメントをご紹介します。

杉山富美子(すーじー)

障害児保育事業部ディレクター。大学卒業後、大手消費財メーカーに就職(ブランドマネージャーとして働く)。「『子どもたちに手渡したい未来』を創る仕事をしたい!」との思いでフローレンスに転職し、2019年より障害児保育事業部ディレクター。二児の母。

なんと!聞けば、これまですーじーは走った経験が全く無いと言います。
東京マラソン2020チャリティは、初めてのフルマラソン。

すーじーは、出場を決めてから、迫り来る当日に焦りを感じすぎた結果、現在週に3回、1時間走るストイックな練習を重ねようとしているんだそう。マラソン初心者が、今からそんなに張り切って3月まで気持ちも体調も保てるのか!?と不安になっています。

大丈夫ですよ!すーじーさん。

この後フローレンスでは、フルマラソンが初めての方でも安心して走っていただけるように、スポーツ有資格者によるランイベントなどを寄付者プログラムで行う予定です。

フローレンスのチャリティランナーになるとこんな特典が!ランイベントご紹介!【東京マラソン2020チャリティ】
フローレンスは昨年度に引き続き、東京マラソン2020チャリティの寄付先団体に選出されました。アクティブチャリティランナー受付中!昨大会では、フローレンスを寄付先に選んでいただいたチ...
IMG_2889

「障害児保育ヘレン」「障害児訪問保育アニー」のロゴとともに

すーじーからのメッセージ

フローレンスの障害児保育事業部ディレクターの杉山です。

今回、人生初のフルマラソンに挑戦することにしました。スポーツとは縁遠く生きてきた私にとって、東京マラソンは本当に自分の限界へのチャレンジで早くもドキドキしています。

それでも走りたいと思ったのは、日々の仕事を通じてだけでなく、走る事を通じて、フローレンスの活動に共感し、共に限界突破を目指してくださる多くの皆さんと繋がりたいと思ったからです。

フローレンスの応援、よろしくお願いします!

フローレンスのランナーと一緒に走りませんか?

TMC2020_flr001rwMain

フローレンスは、「障害(医療的ケア)があることを理由に保育が受けられない子どもを、まずは東京でゼロにしたい」という目標を掲げ、障害児保育事業を展開しています。
東京マラソン2020チャリティでは、この目標を応援してくださるチャリティランナーを募集します!

障害(医療的ケア)を理由に、保育が受けられない子どもたち。
24時間自宅での介護のため職を失う親御さんたち。

障害児に8時間の保育を提供する日本初の事業、「障害児保育園ヘレン」「障害児訪問保育アニー」を待っているご家族がたくさんいます。ぜひこの活動に、ご賛同を宜しくお願いいたします。

東京23区の障害児保育を希望するすべての家庭に保育の受け皿を提供するため、皆さまから支援いただく寄付金は、障害児保育園ヘレン、および障害児訪問保育アニーのサービス拡充のため大切に使わせていただきます。

フローレンスの障害児保育事業について詳しくはこちらから

なお、フローレンスは認定NPO法人ですので、寄付金額の最大約半額が戻ってきます。
寄附金控除について詳しくはこちら

ただいま、クラウドファンディングによるチャリティランナーの参加受付が始まっています

寄付金募集期間:2019年7月22日 (月) 10:00 ~ 2019年9月13日 (金) 17:00

参加方法:

1、寄付金募集期間中に、東京マラソン2020チャリティ公式サイトのクラウドファンディングの登録・寄付募集要項ページより申込み、寄付先事業としてフローレンスを選んでチャリティシートを作成し、公式サイトの掲載画面を確認してください。

2、寄付金募集期間中は、SNSなどで寄付を呼び掛けてくださいご自身での寄付も可能です。

3、登録・寄付金募集期間の終了時点で、以下の基準によってクラウドファンディング登録者より上位300名のチャリティランナーが決定されます。(9月下旬)

クラウドファンディング登録者 上位300名のチャリティランナーの基準

1)10万円以上の寄付があり、かつ、寄付登録金額の総額が多いクラウドファンディング登録者

2)寄付登録金額の総額が同額の場合、寄付者人数が多いクラウドファンディング登録者を上位とします。
 ※寄付者の人数はクラウドファンディングシステム登録者(サポーター)の人数によって算出されます。
 ※自身で寄付した場合も1名として計上されます。
 ※同一のシステム登録者(サポーター及び本人)が複数回寄付した場合、決済するクレジットカードに関わらず1名として計上されます。

3)上記の1)・2)でも差がない場合は、早期にクラウドファンディング登録をした登録者を上位とします

4)上記の条件を満たすクラウドファンディング登録者が300名未満の場合でも、再募集は行いません。

※申込頂いた方の中で、チャリティランナーに選出されなかった方の寄付金は決済されません。

4、チャリティランナーとしての、出走を希望する場合、案内に従って、ランナーエントリーの手続きをしてください。

詳しくは、東京マラソン2020チャリティWEBサイトを御覧ください。

クラウドファンディングで、障害児保育を応援する仲間を集めながらのご賛同参加、お待ちしております!

IMG_3745-840x1120

東京マラソン2020チャリティ フローレンス広報大使 寺田明日香さん

障害児保育を応援しながら走るチャリティランナーのクラウドファンディングはこちらから

認定NPO法人フローレンスは、東京マラソン2020チャリティ事業の寄付先団体です。
東京マラソン2020チャリティ公式ウェブサイト:https://www.marathon.tokyo/charity/

書いた人:石垣藍子


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube