News

アクション最前線

2020/07/16

第二回仙台保育ソーシャルワーク情報交換会の実施報告と次回開催のご案内

     


_DSC0711

フローレンスで今、力を入れて取り組んでいる「保育ソーシャルワーク」。

具体的には、保育園の利用者の中で困りごとを抱えているご家庭が、今よりも過ごしやすくなるよう、支援スタッフが課題について一緒に考え、サポートを行っています。

保育ソーシャルワークについての詳細はこちらをご覧ください。

【参加無料】7/3(金)保育ソーシャルワーク情報交換会 オンライン開催のお知らせ
◎子育て家庭への支援を全国に広めるために今、私達ができることとは困りごとを抱えている人がより良く過ごせるよう、課題について共に考え、サポートを行う「ソーシャルワーク」。このソーシャ...

またフローレンスでは、この「より良い家庭支援」をゆくゆくは全国に広めていきたいと考え、その足がかりの第一歩として、ここ「仙台」を起点とし「仙台保育ソーシャルワーク情報交換会」を、不定期に開催しています。

◎第二回仙台保育ソーシャルワーク情報交換会・実施後のご報告

昨年、初めて開催した情報交換会では仙台市内の小規模保育事業所のみを対象としていましたが、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のため」及び「より多くの方に保育ソーシャルワークを知ってもらい、全国に支援の輪を広げていきたい!」と、このたびオンラインで実施致しました!

自園でも支援を必要としているご家庭がいたり、保育ソーシャルワークに関心がある、といった方々が、日本全国から情報交換会に参加してくださいました。

画面越しに映る参加者の皆さん

参加者の皆さんそれぞれが、保育ソーシャルワークに関心を寄せ、保育園に通うご家庭の支援について真剣に考えている中で、このたびの勉強会に参加下さいました。暮らしている地域は違えど、親子を守りたいという気持ちは皆一緒です。

会の進行の様子

勉強会ではまず、フローレンスの保育園で行っている保育ソーシャルワークの対応を、保育士と保育ソーシャルワーカーとでご紹介させていただきました。

フローレンスの保育園で保育ソーシャルワークに取り組むようになったのは、とある困りごとを抱えたご家庭と出会ったことがきっかけです。

「困っているご家庭を支援していくためには、どのようにすればよいだろうか?」「親子は今、何を求めているのだろう」「そのためにはどのような体制が必要だろうか?」「関係機関と繋がり、協力体制を作り上げていくには、どのようにしていけばよいか?」など。
初めて出会うケースに戸惑いながらも、課題を一つひとつ洗い出し、丁寧にクリアしていくことが最初の一歩でした。

私たちの行動に必要とされるもの

初めて対応した保育ソーシャルワークは試行錯誤の連続でした。「私たちに足りないことは何か?」と振り返りを行った時、徐々に見えてきたことをまとめた図が、こちらです。

何よりも、「親子を守るんだ!」という強い想いが、支援を行っていく上での原動力となりました。

お子さんが先生に笑顔で話しかけている様子

貧困、孤育て問題、withコロナの生活など――、社会の変化は著しく、ご家庭を取り巻く環境も、大きく変わってきています。そのため、これからの保育現場では多様な子育て問題への対応が求められてくるはずです。

保育ソーシャルワークのチームの図

ベテランの保育者であっても、初めて出会うご家庭のケースに、戸惑い、悩むことも出てくるかもしれません。
けれど、安心して下さい。

保育ソーシャルワークは保育に関わる全ての人が、手を取り合って支援にあたることが出来さえすれば、どの園でも今日からすぐに行っていくことが出来ます。

今回、情報交換会に参加いただいた皆さんにとっても、各園でどのように保育ソーシャルワークを実践していくか考える、一つのきっかけになっていれば幸いです。

◎第三回仙台保育ソーシャルワーク情報交換会のご案内

今回の情報交換会には参加できなかったけれど、保育ソーシャルワークには興味がある!という方々へ。
フローレンスでは仙台保育ソーシャルワーク情報交換会を、これからも開催していく予定です!今回の開催方法はに2パターン(情報交換会の内容は同じです)。

①仙台市内の会場で情報交換会を開催し、参加者の皆さんにお集まり頂く
②オンラインで情報交換会を開催し、参加者の皆さんにお集まり頂く

仙台を開催地とし、市内の会場に集って情報交換会を行う他、「まだコロナが心配」「遠方に住んでいるけれど、保育ソーシャルワークに関心があるから会に参加したい」という方のために、オンラインも並行して行います。

早速、第三回目の仙台保育ソーシャルワーク情報交換会の開催が決定したので、ご案内致します。

<会場開催>
【開催日時】
7月31日(金) 13:30~15:30頃終了予定
※会終了後、ご希望の方へ個別相談の時間を設けています

【会場】
トークネットホール仙台 第5会議室(仙台市青葉区桜ケ岡公園4-1)

【定員】
10名
※密を避けた座席の配置、および換気を行いながら実施致します。
 当日は、マスクの着用をお願い致します。また発熱など風邪症状がある方は、ご参加をお
 控えいただきますようお願い致します

【内容】
①親子が抱える課題に焦点を当てた保育ソーシャルワークの取り組み紹介
②グループワーク(事例相談・検討)
 ※対応に苦慮した事例など皆様の経験を共有いただき、その対応について保育ソーシャ   ルワークの視点を取り入れながら皆様と情報を共有し相談、検討できる時間としたいと
  考えています。

【申し込み対象者】
被災地仙台の小規模保育園、企業主導型保育園に勤務する方

<オンライン開催>
【開催日時】
8月7日(金) 17:00~19:00頃終了予定 
※参加をご希望される方は、16:50までに別途ご案内するURLからログインをお願いします

【内容】
会場開催時の内容と同様です

【申込み対象者】
会場開催に参加が難しい、全国の保育園に勤務する方
※保育ソーシャルワークの取り組みに関心のある方の参加も大歓迎です!

【申込み方法】
下記リンク、またはQRコードから直接お申し込み下さい

申し込みはこちら

参加申込フォームにアクセスするQRコード

※参加申込みいただいた方には、守秘義務や撮影、録画に関する誓約書への同意をお願い  致します。申込後数日経っても連絡が届かない方は、お手数ですが下記連絡先(担当:清水)までご連絡をお願い致します

【必要な環境】
・PC、またはiPad等のタブレット端末
・インターネット環境
・開催日当日、静かな環境(またはイヤホンマイク)
※オンライン開催にあたり、ZOOMと呼ばれるWEB会議サービスをインストールして頂く必要がございます(無料)。詳細については、参加希望の方へ別途ご案内致します

【参加費】
無料

【申込締め切り】
8月4日(火)

【問い合わせ先】
mirai-michinoku@florence.or.jp(NPO法人フローレンス仙台支社 担当:勝又/清水)

私たちフローレンスと一緒に、保育園現場で取り組むべきこれからの家庭支援のあり方について、考えていきませんか?たくさんのご参加、お待ちしております。


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube