• Home
  • News
  • アクション最前線
  • 【寄付月間】会社員の私(43歳)がはじめて寄付をした日。肩身の狭かった自分が変わった。

News

アクション最前線

2020/12/01

【寄付月間】会社員の私(43歳)がはじめて寄付をした日。肩身の狭かった自分が変わった。

   


image12-min

ふるさと納税でこども宅食応援団に寄付をした佐々木さん(43)から、体験談の寄稿をいただきました。

とある日の、ふるさと納税初体験とこども宅食応援団との出会いが、彼をどう変えたのか。

ぜひお読みください。


ふるさと納税ってお取り寄せ通販じゃないの?

こんにちは。都内でサラリーマンをしています、佐々木です。

先日、ふるさとチョイスというサイト内のガバメントクラウドファンディングで「こども宅食応援団」にふるさと納税で寄付をしました。人生、初ふるさと納税です

今でこそ、「ガバメントクラウドファンディング」なんて言ってしたり顔をしていますけど、実はふるさと納税のこともよく知りませんでした。

ふるさと納税って、いっときブームになっていた時は

「全国各地から肉や魚や名産品をお取り寄せするシステム?

「納税っていうからには何か税関連の手続きが必要?」

「そしたら会社の経理に相談しないと使えないんだろうか?」

アタマの中が「???」だらけだし、通販のメンドクサイ版みたいなイメージで、Amazonで1click!派の俺は興味なし、とスルーしていたんです。

でも、今さら人に聞けない「ふるさと納税」に初めてチャレンジした私の体験が、同じ気持ちのパパ達の背中を押すきっかけになればと思い、寄稿させていただきました!

イクメンではない・・・肩身の狭いオレ

私は、妻と共働きで10歳と6歳の男児を子育て中の都内サラリーマンです。

とはいえ、家事も育児もこなす世間のイクメンパパと違って、会社で働く以外に子どもや家族のためになにかできているかって言ったら、胸を張れない毎日です。

職場はサビ残あたりまえのややブラック臭が香る中小企業なので、家族と夕食を食べられる日はありません。子どもの勉強を見てやる時間もとれず。帰宅してから皆が寝静まった中、皿洗いや風呂洗いなどをやり、朝はゴミ出しくらい……不本意ですね。

妻には「ねーイノッチってさ、ジ●ニーズなのに毎朝5時に起きて夜9時に子ども2人と一緒に寝る生活してるんだって、いいなあイノッチ」とイクメンじゃないことにも暗にイケメンじゃないことにも不満を言われるような、そんな私です。

でも、父親になってからはやはり子どもや育児に関わるニュースには敏感になりました。

私が、最近どうしても心をぎゅっと締められるように感じるのが、「子どもの虐待」そして「子どもの貧困」「子どもの自殺」も増えているという日本国内のニュースでした。

息子たちと同じような年齢の子どもが、親による虐待で亡くなる。

息子たちと同じ時代に生きる子どもたちの、7人に1人が相対的貧困。

「SOSをどうして誰もキャッチできなかったんだろう?」

「どうして誰にもSOSを出さないのだろう?」

何度も同じような報道に触れる中で、私の中でそんな疑問が生じていました。

事件を起こしたり貧困状態にある家庭は、特殊だから孤立しているのだろうか。最初はそう感じましたが、我が家だって虐待や貧困と本当に無関係だろうか?と考えるようになりました。

たとえば妻が急に寝たきりになって、私が子育てと家事、仕事、看護を急に独りでやることになったら。限界の心身状態で、息子たちに暴言を吐いたり手をあげることなく関われると言い切れるか

また、万が一私が今いなくなったら、妻の年収は250万程なのでいわゆる相対的貧困ラインに近くなります。今と同じように暮らせるはずがない。住む家、食べ物、着るもの、習い事……全て変わってくるでしょう。

息子たちには、親の環境の変化に左右されることなく、安心して育ってほしいよな。私たち親も、この崖っぷちで子育てしてる感、なんとかする方法はないのかな……

そんな気持ちが募っていたものの、自分になにができるわけでもないしと思っていました。

しかし、偶然新聞で読んだのが「ふるさと納税」で社会や地域の問題を解決するために寄付を集める「ガバメントクラウドファンディング」や「クラウドファンディング」が今年、非常に盛り上がっているというニュース。

最近はなにかと気取った横文字にすればいいと思って……。チッ

と、日常に潜む俺のオッサントラップに危うくかかりそうになりましたが、ガバメントクラウドファンディングは、住民税を自分の興味のある社会課題の解決のため寄付できるシステムだとのこと。

菅義偉首相が総務大臣だった時に「ふるさと納税」制度を創設し、ふるさと納税の「生みの親」とも呼ばれてたんだそうですね。それから10年以上たって、肉や果物などの返礼品合戦一辺倒ではなく、全国各地の問題解決に寄付するツールとして定着してきたようです。

記事には、動物たちの殺処分を無くすため、重要文化財を修復するため、子どもの教育現場にICTを、といった様々なプロジェクトが紹介されていました。

へー、ふるさと納税ってお取り寄せ通販じゃなかったんだ!

恥ずかしながら、こんなレベルだった私です。

心の霧が晴れるような出会い

新聞記事で紹介されていた「ふるさとチョイス」の中にあった「ガバメントクラウドファンディング」というWEBページで、試しに検索窓に【こども 貧困】と入れてみました。

トップに表示されていて目についたのが、【こども宅食】プロジェクトでした。

親子のSOSが見落とされない社会をつくる。命をつなぐ「こども宅食」を全国に広げたい

このキャッチコピーが、私の心の中にあった「SOS」というキーワードとリンクして、ハッとしました。

どんなプロジェクトかと内容を見てみると、私が解決したいと感じていた「子どもの虐待」にも「子どもの貧困」にもアプローチできる、画期的な仕組みのように思いました。

食品ロスとなりそうだった食料品を生協のように受け取ることができる無料の支援。それをきっかけにゆるやかに繋がり、子育て家庭の困りごとやリスクに早期に外部から気づくことができます。

また、経済的に厳しい子育て家庭は、例えば「お金に困っている」などと他の人に知られたくないはずです。「支援してもらう」みたいなのも気が引ける。その気持ちは、私にも容易に想像できます。受け取り側の心理的負担が低いのも良いなと思いました。

それでいて、LINEなど身近なコミュニケーションツールで様々な情報が受け取れたり、なにか困りごとがあったら気軽に相談できたりします。

そして、決め手となったのは、東京都文京区で既に成功実績のあるこのモデルを全国に展開しようとしているプロジェクトだというところ。各地域の人たちが地元の産品を活用しながらこども宅食モデルを実施しているそうです。

コロナの影響で3密を避けなければならない中、個別配送による支援はwithコロナ時代にもあっていますね。

私は地方出身で、東京で子育てをしていながらも、自分の子どもの頃の体験と記憶はすべてローカルで形成されています。

例えば、金色の稲穂の絨毯がどこまでも広がる田んぼだらけの秋の風景。でも、「こども宅食」の活動を知って、あの美しいあぜ道を、明日のお米を心配しながら歩く親子がいるのかもしれない、と想像しました

すべての子育て家庭に潜むリスクは全国の問題だから、私は国内特定のエリアの親子だけを解決するプロジェクトじゃないところが、気に入りました。

いくつか他にもガバメントクラウドファンディングのプロジェクトのページを見ましたが、「こども宅食応援団」が一番私が考えていたことに近い気がしました。

え?!10万円も寄付できる?

とはいえ、小学校の時赤い羽根募金くらいしか寄付したことなんかない人間です。

そもそも我が家は他の家庭のために寄付ができるような、経済的余裕もない。

そして、致命的にめんどくさがりなので税金のあれこれ手続きとかムリムリ。寄付なんて柄にもない。

やっぱ、よくわかんないし…そっ閉じしよう。

私は仕事でも妻との会話でも、めんどくさくなると、スルーしちゃうようなところあるんですよね……。(そしてよく怒られます!)

しかし、こども宅食応援団のぺージには丁寧にふるさと納税で寄付する方法が書いてありました。

ん?自己負担は2000円だけ?

『ふるさと納税は「いずれにせよ支払うことになる税金の一部について、自己負担額2,000円で、出身地に関係なく、好きな自治体に納め先を変更できる制度」。

寄附者の負担額は2,000円のみにも関わらず、支援先には数万円~数十万円もの寄附ができるというメリットがあります。税金の使い道に、皆さんの意志を反映することができるんです。』

年収によって、ふるさと納税できる金額枠が違うとのことで、金額シミュレーターもついていました

私の年収、ざっくり700万なので試しに記入してみると……

な、ななまん!?

数百円の寄付しかしたことない自分が、77,000円もの寄付ができるとな?

いや、正確に言うと2,000円寄付したら77,000円のインパクトでプロジェクトを応援できるっていう感じ。

とりあえず半信半疑の状態なので、キリの良いの50,000円でやってみようと思いました。

【ふるさと納税で応援】のボタンを押して、金額を入力してみました。

そこからは驚きのスピードだったので、ワン・ツー・スリー!の華麗な3ステップをご覧ください。

①使い慣れたAmazonアカウントでログインできた!

②自動入力で会員登録も、寄付の申込みもあっという間にできました。

クレジットカード番号を入力して、支払うボタンを押しました。行政の考えることだ、きっと延々とこの先まだまだ面倒な手続きがあるはずだ…!ここまできたら最後まで見届けたい、俺の初めてのふるさと納税寄付!

と身構えましたが、画面はもう次には切り替わりません。

あれれ?これで終わりですか。Amazonの1click!と大して変わらないストレスの無さ。

ちなみに、ワンストップ納税というのに申し込むと確定申告しなくていいらしいです。確定申告文化に馴染みのない私のようなサラリーマンの皆さんには、ぜひワンストップ納税をオススメします

※後日、佐賀県からワンストップ納税申請用の紙がきました!これに記入してマイナンバーのコピーを提出するだけだって。

あっけなく終わりました。ふるさと納税ブームに乗り遅れた43歳会社員オジサンの、初めてのふるさと納税寄付。

子育ては、社会みんなで

でも寄付ができたことで、胸が熱くなりました。

これで、日本のどこかでお米やお菓子を待っている家族に食料が届き、配送スタッフの方とのつながりが生まれるんだなって。

その活動に、わずかながら私も参加できたんだな、と。

我が家の家族がなんとか幸せに暮らせているのは、見えないところでたくさんの社会の仕組みやつながりに支えられているからだということにも、気づきました。

この国で子育てする親は、誰ひとり貧困や虐待のリスクに追い詰められてはいけない。子ども達は、環境によらずのびのびと笑顔でいてほしい。

助け合いたいなって、そんな仲間意識が芽生えたのでした。

また、子育て中の父親として、今回小さなアクションができたように、自分の身の回りで、できることから探そうと感じました。

途方もなく巨大に感じる社会問題に、私の小さな一歩が関われたように。

イクメンへの道だって遠いけれど、これからは週に1度は夕食を自分が作ることを目標に、仕事を効率化してみます。そして、職場の同僚に「今日は一緒に定時帰りしようぜ」と誘ってみます! 

こども宅食応援団との出会いに感謝を込めて。

寄稿:東京都杉並区・会社員 佐々木(43歳)


佐々木さんのふるさと納税体験、いかがでしたでしょうか。

ふるさと納税の出会いから、こんなに早くこども宅食応援団に寄付いただいたり、意識の変化が起きていたなんて……!

寄稿をいただきスタッフ一同感動して、すぐに掲載の許諾をいただきました。

佐々木さんの寄稿にありましたとおり、ふるさと納税は実質2,000円の負担と簡単な手続きで、気になるプロジェクトを支援することができます。

「こども宅食」は全て自己資金で運営をまかなっており、現在は「返礼品なしのふるさと納税」を財源として活動をしています。

この事業をさらに全国に広げていくためには、みなさんのご協力が必要です。ぜひご支援ください。

こども宅食応援団をふるさと納税で応援する




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube