• Home
  • News
  • お知らせ
  • 寄付金控除をお考えの方、2021年の寄付は10月中がオススメです!

News

お知らせ

2021/10/01

寄付金控除をお考えの方、2021年の寄付は10月中がオススメです!

     


FLRNews_thumbnail

2022年2月~3月の確定申告で『寄付金控除をご検討の皆さん』にお知らせです。

納税者が国や地方公共団体、NPO法人などに対し、「特定寄附金」を支出した場合には、所得控除を受けることができます。これを寄附金控除といいます。

フローレンスは行政による高い公益認定基準をクリアした認定NPO法人です。

認定NPO法人への寄付は、所得税と住民税に関して寄附金控除があります。相続人が相続財産を寄附した場合の相続税も非課税となります。また、企業等が寄附する場合も、損金算入限度額の枠が拡大されます。

皆さんが託してくださったフローレンスへのご寄付は、確定申告により、寄付金の最大約50%が戻ってくる寄付金控除を受けることができます。

次回、2022年確定申告での寄付金控除の対象となるのは、2021年1月~2021年12月にフローレンスがお受け取りしたご寄付です。

クレジットカードでのご寄付は、タイミングに注意!

クレジットカードのご寄付は、「カード会社からフローレンスへ入金された日」が受領日となります。寄付者のみなさんが決済手続きを行った日が受領日ではありませんので、これからクレジットカードでのご寄付をご検討の方は10月中のお手続きをお勧めします。

kifukoujoschedule

VISAカードMASTERカード10月31日(日)までにご寄付いただいた場合:12月20日(月)がフローレンスへの入金日

JCBカードAMEXカードDINERSカード11月15日(月)までにご寄付いただいた場合:12月15日(水)がフローレンスへの入金日

となり、2022年2月の確定申告時に寄付金控除が受けられます。(ひとり親家庭支援サポート隊員・フローレンスマンスリーサポーターの継続寄付の場合も同様です)

上記タイミング以降にクレジットカード決済でご寄付をされた場合は、2022年受領の寄付となり、寄付金控除は2023年の確定申告時となりますのでご注意ください。

11月以降は銀行振込とAmazon Payで控除対象に!

銀行振込でご寄付をいただく場合は、振込から入金へのタイムラグは生じません(窓口の営業時間外にお手続きをされた場合は、各銀行のルールに則り入金されます)。

Amazon Payでのご寄付は、決済から入金まで最大半月ほどタイムラグがありますため、12月中旬までにお手続きいただくことをオススメします。

年内にフローレンスへ着金したご寄付が、2022年2月の確定申告時に寄付金控除の対象となります。

2022年寄付金控除の対象となる寄付日 <銀行振込・Amazon Pay>

■銀行振込の場合・・・銀行の最終営業時間までの寄付お振込

※年内の大手都市銀行の最終営業日は12月30日()15:00が多いようです。銀行の営業日については、各銀行にご確認ください。
※最終日は窓口の混雑が予想されます。12月28日()までのご手配をお勧めいたします。

■Amazon Payの場合・・・12月25日(土)までの寄付お申込み(決済)12月29日または30日)にフローレンス受領

2022年の確定申告で寄付金控除をご希望の皆さんは、上記の期日にご留意ください。

※ご寄付はいつでもありがたくお受けいたしております。

寄付金控除について詳しくはこちら

いただいたご寄付は、ひとり親家庭支援、障害児家庭支援事業、赤ちゃん縁組・にんしん相談事業など寄付を必要とする事業や、政策化に向けたソーシャルアクションなどに活用させていただきます。

障害がある子どもを育てるご家庭、病児保育のご利用を待つひとり親家庭の中には、まだまだ支援を必要としている方々がいらっしゃいます。また、コロナ禍で親御さんの収入が不安定になり、厳しい生活環境の中にいる子ども達も増えています。

親子の笑顔をさまたげる社会問題解決のため、未来への投資として、温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube