• Home
  • News
  • 採用情報
  • フローレンスの採用はすなわち「組織づくり」!私たちが大切にしている「採用」についてご紹介します!

News

採用情報

2022/04/27

フローレンスの採用はすなわち「組織づくり」!私たちが大切にしている「採用」についてご紹介します!

   


22685224

こんにちは!フローレンス採用担当の瓦(かわら)です。小売業、社会人教育サービス業を経て、フローレンスに入社してまもなく4年目。一貫して採用に関わってきました。

フローレンスは、「社会課題の解決」をミッションに掲げ、これまでの慣例や常識にとらわれない革新的な取り組みの数々で、法制度の改正にも繋がるようなインパクトをもたらし続けてきました。

社会課題解決の選択肢として、新たな事業の創出や、ソーシャルアクションも増え続けており、組織としても急拡大中。とはいえ、社会変革のイノベーター集団として大きな目標に向けて動く組織だからこそ、ただやみくもにスタッフ数を増やせばいいわけではありません。

私たち採用担当のミッションは、「採用のシゴト」における上流から下流までさまざま。採用ブランディングや、経営目標の達成に向けた組織像のプランニング、応募者接点の創出、すべての応募者のみなさんに納得いただける選考プロセス伴走に至るまで、点では語れない仕事はやりがいに満ちています。

今回は、そんな「フローレンスの採用担当」の仕事の魅力ややりがいを、ちょっとだけ紹介させてください。

フローレンスは、”ヒト”が資本!

フローレンスの素敵なところ、それは日々、真剣勝負、全力投球で社会課題解決に向けそれぞれの持ち場で頑張っている仲間たちがいること
その熱量と同じくらい、いやそれを凌駕するくらいの「熱い」方にジョインしていただきたいと思っています。

そのため、その方が価値発揮できる場所がフローレンスにあるか、フローレンスでの活躍イメージがどの程度描けるか、応募いただくお一人お一人に焦点をあてて、真剣に考え抜いた採用を行っています。

一人の方に内定をお出しするまでに、社内のメンバーで侃々諤々の議論になることもしょっちゅう。その方とともに手を携えてビジョンを実現していけるか、とことん納得がいくまで話をしています。

選考回数が最低2回あるのは、その気持ちの表れ。

応募者のみなさんにも、できるだけたくさんのフローレンススタッフにお会いいただき、「この人達と一緒にやっていけそうか」をじっくり考えていただくようにしています。

応募者のみなさんの”想い”に真剣に向き合う!

フローレンスに応募いただく方のほとんどが「フローレンスのビジョンに共感した」とおっしゃいます。

「御社のビジョンに共感した」

一見どんな組織の選考でも聞かれる言葉かもしれません。

でも、フローレンスに応募してくださるみなさんは、本当に私たちのビジョンに共感してくださってるんだなと思わされることがたくさんあります。

なぜならその背景には、応募者みなさんそれぞれの原体験や今まさに直面している課題、そして「親子」領域に関する当事者意識などがあるから。

そのお気持ち、動機を大切にすることはそのまま「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」というフローレンスのビジョン達成につながっていると思うからこそ、その想いがどのように仕事で活かせそうか、その想いの先にあるものを探ることを大切にしています。

資格や実務経験などの「要件」ももちろん重要ですが、それ以上に、みなさんの「想い」に真剣に向き合うこと、これがフローレンスの採用の特徴であり、譲れないところです。

時にはこだわりをさらっと手放す

私たちが採用において応募者のみなさんに期待していること。

それは「親子の笑顔をさまたげるできごと」に直面した時、その状況を解消するために「自身のこだわり」としてその手のなかに固く握っているものを思い切って「手放す」勇気を持つことです。

親子に関わる社会課題は、常に同じテーマであることは少なく、その内容や解決のためのアプローチも少しずつ変容します。時にはとあることがきっかけで、ドンと目の前にあらたな課題が突きつけられることも。

そんな時、目の前の業務は大切にしつつも、我々のしごとの先にある「困っている親子」に想いを馳せることで、既存の価値観を横に置き、「今、なにをすべきか」を考え、動き出せるかどうか、それがフローレンスの一員としての真価が問われるところです。

そんな荒波を乗り越えていくべく、フローレンスという大きな船に乗り、一緒にオールを漕いでいただける方にぜひお会いしたいと考えています。

b0815

「受け身」の採用活動はしません!

そのため私たちは決して「受け身」の採用はしません。

「事業継続・推進のために、新たなメンバーを迎えたい」「行政の指示で、配置基準を守らねば」「忙しすぎて単純に人手がたりない・・・」など様々な採用の相談を受けるたび、それをただ受け止めるだけではなく、「どんな人を採用したいのか」、最適な採用人数とタイミング、中長期の事業計画、そして目の前で起きていることを俯瞰的に眺め検討していく、その姿勢を大切にしています。

「採用」のその先の、それぞれのキャリアに想いを馳せて

私たち採用チームの最終的なミッションは「フローレンスに必要な人材を獲得する」ではなく、入社してくださる全ての方の可能性の芽を育み花開かせていくこと

そのため、育成チームやそれぞれの事業を担うメンバーとも細やかに情報共有をはかり、健やかな「育ち」を支援しています。

たくさんの情報があふれる社内において、どうやったら必要な情報にリーチできるか、事業部に閉じない、タテ・ヨコ・ナナメの関係性をどうやったら構築できるか、経営層とも議論を重ねながら、あーでもないこーでもないといったやりとりを進めています。

そのもがきが、まだ見ぬ新しい仲間の素敵なフローレンス生活につながると思うと、ワクワクがとまりません。

そんな私たちはいま、採用担当として共に汗をながす仲間を募集しています!

これまでの経験を活かしたい方はもちろん、採用の仕事にチャレンジしたい方も大歓迎です。ご興味のある方はぜひ、お話しましょう!

ご応募、お問い合わせお待ちしております!




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube