• Home
  • News
  • メディア・イベント
  • 【ミートアップレポート】8/30&9/2”障害児かぞく伴走局”オンライントークイベントを開催しました!

News

メディア・イベント

2022/09/16

【ミートアップレポート】8/30&9/2”障害児かぞく伴走局”オンライントークイベントを開催しました!

      


meetupreport

こんにちは!フローレンス障害児かぞく伴走局の甲斐です。

フローレンスでは、8月30日、9月2日に”障害児かぞく伴走局”のオンライン採用ミートアップイベントを開催し、計30名以上の方にご参加をいただきました。

今回のイベントでは、現在採用募集をしている

「障害児訪問保育アニー」

「医療的ケアシッターナンシー」 

この2つの事業部スタッフから、お仕事のことや働く仲間のこと、社内の雰囲気などを直接お伝えしました。

image_2022_9_2

 ■私達が今回のイベントを通じて、特にお伝えしたかったこと■

「障害児、医療的ケア児」などと聞くと、事業に携わる事務局スタッフの業務内容がイメージが持ちにくかったり、 「専門知識が必要なのでは?」と少しハードルを感じることもあるかもしれません。

そこで、私たちチームメンバーのほとんどが、もともとはこの分野の「素人」だったことや、 メンバーそれぞれが、様々な出会いや経験を経て、福祉分野やフローレンスに興味・関心を持つようになったこと、 そんな多種多様なメンバーが一緒に障害児やその家族を取り巻く社会問題を解決しようと汗をかいていることをお伝えしたいと考えていました。

そのため、事前に障害児局メンバーにアンケートを取り、その内容をご紹介しました。

meetupreport1

また、スタッフ・インタビューと称して、イベントに参加したスタッフに日頃の業務や社風に関して聞いてみたところ、ナチュラルな回答がありました。

どんなインタビュー内容だったのか、こちらでも少し紹介します。

Q)入社前の経験で役に立ったことは何ですか?

A)医療や福祉のバックグラウンドがない状態で転職しました。 前職は、教育系のサービス業で、未就学から中学生くらいがターゲットでした。 お子さんやそのご家族、町内会長の方など、いろんな方と話す事が多かったんですね。 ナンシーでもお子さんやご家族、自治体、他の事業者の方など、立場や経験の異なる方と話す機会が多く、 前職での 、「いろんな方と話しながら、その方が困っていることや大事にしていることを汲み取りながら、コミュニケーションをとってきた経験」 が活きていると感じています。

Q)どんな時に仕事の良かったこと、やりがいを感じますか?

A)現場の感覚を持ちながら仕事をしたいと思っていました。いろんな立場の人達や熱い想いをもっている人たちと仕事ができることは楽しいです。 ナンシーの中でも事務局や看護師と経験や知識の異なるスタッフ同士が、それぞれのベストを考えながら、知恵を出し合って創る新しい取り組みが 開始される時は、「この仕事をやっていて良かったな」と思います。

A)社会の仕組みを変えていくチャレンジができること。 フローレンスでは、ゼロから立ち上げ、世の中にないものを生み出していく事が多いです。生み出していくこと自体もすごいですが、 立ち上げた事業を自分たちが開拓者となって、やり続ける・挑戦して創り上げていくことも大事な役割だと思っています。 しぶとくやり続けることをやっていることが、社会を変えることに繋がっていることを実感できたとき、 私達の取り組みから、社会や周りの意識が変わったと実感できたときにやりがいを感じます。

Q)辛かったことは何ですか?

A)他にない事業なので、他の事業の良いところを真似して取り入れるような事が難しく、 小さなことから大きなことまで、スタッフ同士で知識と経験を持ち寄り考えていきます。やりがいもありますが、スタッフ同士の考えや方向性が一致しない時も 多いです。そんな時正直、大変さや辛さも感じます。 ですが、メンバーがみんな真剣に考えているから、様々な意見やアイデアがでて、よりよいものになって行くいくとも思っています。

9月2日、夜のイベントでは、座談会も行いました。 小グループに分かれて実施しましたので、より打ち解けた雰囲気の中、より具体的なお話や質問をお受けすることができました。

■現場から想いを込めて■

今回のイベントは障害児保育に関わるメンバーが自分たちの手で、一緒に働く仲間を集めたい!という想いから、企画からコンテンツ作成、当日の運営を担当しました。

願いは通じ、多くの同じ想いをもった方たちにご参加頂くことができたと感じています。

引き続き、私達の事業に興味・関心をお持ちいただいたみなさんからの応募をお待ちしております!

■今回の求人について改めてご紹介します■

それではここで、改めて今回私たちが募集しているポジションをご紹介します!

◆障害児訪問保育アニー◆

”障害児訪問保育アニー”は、障害児や医療的ケア児をご自宅で長時間お預かりする認可保育事業です。

起ち上げから8年。医療的ケア児をとりまく環境は少しずつですが改善をしてきています。

また、2021年は医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律ができ、さらなる環境の改善に向けて大きな一歩を踏み出した年でした。

私たちは、障害児訪問保育アニーが培ってきたものを活かしながら、今、なお、解決されていない障害児とその家族をとりまく課題を解決する 新規事業について考え、一緒に実現に向けて尽力してくれる方を募集中です!

●お仕事内容 :既存事業をベースとした新規事業企画、具体的計画づくりとその実行 ・事業部バックオフィス業務(行政事務、現場サポート等)

●こんな人と一緒に働きたい! お仕事内容から、こんな経験がある方、よりマッチ頂けるのではないかと考えています:

「新規事業計画や営業計画の立案・実行、施設内での新しいチャレンジなど、アイディア・理想を形にしてきた経験のある人!」

●求人情報詳細はこちらをご覧下さい:

【事務局】【正社員】事務局スタッフ担当(障害児訪問保育アニー事業部)

meetupreport2

meetupreport3

◆医療的ケアシッターナンシー◆

”医療的ケアシッターナンシー”は、看護師による医療的ケア児や障害児向けのシッターサービスです。

起ち上げから3年。利用希望者からのお問い合わせや実際に利用する家庭が増えていく中で、 これまでの「看護師がおうちに長時間訪問する」だけでは応えられないニーズがあることがわかってきました。

今回の募集は、利用者が利用できる場面を増やすために、自治体や行政に働きかけていくことが主なミッションとなります。

●お仕事内容 :利用者獲得のための施策立案、実行 ・サービス展開/拡大を目標とする行政との折衝 ・利用家庭候補先へのコミュニケーション

●こんな人と一緒に働きたい!: ベンチャー気質の風土。起ち上げ3年目の事業です。 変化するスピードの速さ、変化そのものを楽しむことができる方には、よりマッチ頂けるのではないかと考えています。

求人情報詳細はこちらをご覧下さい:

【事務局】【正社員】サービス拡大担当(医療的ケアシッターナンシー事業部)

meetupreport4

meetupreport5

 少しでも興味・関心をお寄せいただいた方のご応募を、障害児局メンバー一同、お待ちしています!

【事務局】【正社員】事務局スタッフ担当(障害児訪問保育アニー事業部)

【事務局】【正社員】サービス拡大担当(医療的ケアシッターナンシー事業部)




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube