フローレンスに共感した仲間たち

障害児保育事業部 障害児訪問保育アニー
事務局・保育SV

森永 紗希子 (Katherine)

前職:有料老人ホーム,entertainment,therapist

森永 紗希子        (Katherine)(障害児保育事業部 障害児訪問保育アニー 事務局・保育SV)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

前は神様の身元へ向かう人達の生きるお手伝いをしていて、しばらくすると今度は神様からの託される(預かる)人つまり赤ちゃんの生きるお手伝いをしようと急に思い立ちました。(ちなみに無宗教です)

そこで保育の求人サイトで検索しました。その前に病棟保育をしていたことがあったので病棟保育で検索したらなぜか「病児保育のフローレンス」に引っかかった・・・・もとい・・出会ったのです。

隣の町青山で病後児保育施設「まちかど保健室みなと」のオープニングスタッフ募集が!近いしイイかもって!そして自分自身、ユニークな保育がしたかったので(一般的な保育園の先生ではない感じ)応募しちゃいました。

なんと、まさかの「明日から来れますか?」のスカウト状態でその時はなんだか嬉しかったのを思い出します。(笑)

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

現在は病児保育→みらいの保育園事業部→障害児事業部にてリーダー育成などの研修育成業務に携わると共に健常児でも障害児であっても「保育をする」を前提に、今、目の前にいるこの子にとって、最善の利益はなんだろう?日々問いかけながら子どもたちや保育スタッフと向き合っています。日々勉強中です。ハイ。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

「やりがい」・・・・・おっと手が止まってしまいました・・

自分にとってのやりがいを考えてみました。要は「仕事におけるやりがい」。この仕事だからこんなやりがいを感じるというものではなく、仕事を通じて「人から頼られてそして役に立ちその上で更に役に立てたことを自覚すること」によって得られるもの。つまり後から「やりがい」って感じるものですよね。

そういう意味ではフローレンスには「やりがい」の宝箱かもしれません(彦丸風)。

ホント一言では言い表せないです。
「ありがとう」「無いと困る」「助かった」感謝の言葉だけではなく、「こーしてもらわないと困る」というひとりよがりのクレームと思われるものに対応することもやりがいの一つかなぁ。

改めてあっちこっちに「やりがい」が散りばめられている職場にいるんだということに感謝せねばです。(やりがいに溺れかけていますが 溺れない程度に働きたいものです)

一覧へ戻る