フローレンスに共感した仲間たち

こども宅食事業部
サブマネージャー

山崎 岳

前職:大学生

山崎 岳(こども宅食事業部 サブマネージャー)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

親子の笑顔を妨げる社会問題を解決するというミッションに共感したからです。自身が母子家庭で育って影響もあり、貧困や様々な要因で、尊い親子の関係が阻害されるような状況を何とかしたいと考えるようになりました。事業によって、社会問題を解決するそいうアプローチをとるフローレンスで仕事をしたいと考え、新卒で入社しました。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

現在は文京区の「こども宅食」の推進を担っています。日本で稀有な官民連携のコレクティブインパクトの取り組みであり試行錯誤の日々ですが、インパクトを最大化し、より多くの親子が笑顔でいられるように尽力しています。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

二つあります。一つは、実際に利用者である方の声を聞いて、感謝された時。もう一つは一緒に働くチームでいい仕事ができたなという時です。これらを感じながら、冷静な心と、熱い気持ちを併せ持って仕事をできることがフローレンスでのやりがいだと思います。

一覧へ戻る


この人が書いた記事はこちら