フローレンスに共感した仲間たち

こども宅食事業部
マネージャー

今井 峻介

今井 峻介(こども宅食事業部 マネージャー)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

「なぜこの仕事を自分がしなければいけないのか」ということに悩まないで働きたいと思ったからです。激務が当たり前の環境で働いているときにこどもが生まれて、というタイミングで「こんな風に疑問や不満、悩みを抱えながら、これからも仕事していくのってどうなんだろう」という問いに答えられない自分に気づきました。いろいろ考えた結果、シンプルな動機でやれる仕事をやってみよう、と思い至り、フローレンスの門をたたくことになりました。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

「子ども宅食事業部」でマネージャーをやっています。新規事業ということもあって、事業をどう進めるのがいいのか、何を目指していくべきなのか、などなど抽象的で答えがあるのかないのかわからない課題に対して、チームメンバーとあーだこーだ言いながら日々格闘しています。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

「ここに困ってる人がいるんだがら、これは解決しないといけない」とか「自分のこどもの世代に引き継いじゃだめだわ」と思うような「よい」問題に出会えて、それを解決することに関わることができること。そういう問題を解決したいよねと思っている人と一緒にはたらける環境があること。

一覧へ戻る