最期にできる社会貢献。
遺贈や相続遺産の寄付が増えています。
寄付者の方の声、集めてみました。

遺贈や相続遺産の寄付をする理由TOP

おもいを、みらいにつなげる。

遺贈や相続遺産の寄付をする理由TOPSP

おもいを、
みらいにつなげる。

近年、雑誌やテレビメディアなどで、遺贈や寄付の特集を目にすることが多くなりました。

家族や子育てに関わる課題解決を目指す認定NPO法人フローレンスにも、遺産の一部を寄付したいとの相談が最近増えています。

寄付についての相談の中でも、遺贈にご興味がある方が増えていらっしゃるようです。
また、実際にフローレンスに相続財産などの遺産を寄付した方々の背景には、いろいろな物語がありました。

遺贈についての基本情報と共に、遺産の寄付をした方々の声をご紹介したいと思います。


広がる遺贈(遺言による寄付)や相続遺産の寄付について

寄付白書2017年によると、2016年は、日本人の45.4%が金銭による寄付を行っていました。また、70歳代の57.8%が寄付をしています。

40歳以上の約20%が相続財産の寄付に関心があるとのデータもあり(遺贈寄付ハンドブック)、遺産を社会への還元することへの関心の広がりをみせています。

相続人がいない方の財産は、誰のものにもならず、長期間放置された後に、最終的に国庫に入ります。財産を国庫に返納するよりも、自分で選んだ団体に託して遺産を社会に役立てたいという気持ちの方も多いようです。

遺産を寄付する意思をしっかり伝えたいときは、遺贈を選択。遺贈とは?

遺産の寄付を考える際に、「遺贈」という言葉をよく耳にすることと思います。
遺贈(遺言による寄付)とは、遺言書を書くことによって、法的に定められた相続人以外にも相続財産を残すことを指します。

遺言書により、配偶者など、法律で決まった「法定相続人」以外でも遺産を受け取る「受遺者」を指定することが、可能になります。この方法で、近年、社会貢献と節税面から遺贈による「寄付」をする方が増えています。

エンディングノートなどで「死後に寄付をしたい」と伝える場合は、相続人が故人の意思を汲んだあとに、「相続人が寄付をする」という流れになります。

相続人の意思が優先されるので、遺贈寄付の意思が決まっている場合は、遺言書に記載をしたほうがよいでしょう。

フローレンスに
遺産を寄付した方の声

故人の想いを子ども達の未来につなぐ。
田代 一恵さん(仮名、60代)

田代 一恵さんからは、お亡くなりになったパートナーの田代 隆さん(仮名)から受け取った相続財産の一部を寄付したい、とお申し出をいただきました。

「活動報告やお礼に来る暇があるのであれば、子どもの貧困問題を解決する活動に時間を使ってください」と、隆さんからスタッフにお気遣いのある言葉をいただいてから、9ヶ月後のことでした。
隆さんは生前、フローレンスのひとり親支援に寄付いただいていた方です。

「跡継ぎに多くの遺産を残すと働かなくなったり、よいことはない。最低限を残してあとは寄付にまわしたい」

そう隆さんが残したメッセージを一恵さんがフローレンスへとつないでくれました。一恵さん自身も「子どものために寄付をするのなら、国内の子どもの役にたてたい」という思いがあったそうです。

日本の未来を思うお気持ちともに、相続財産の一部をフローレンスのひとり親支援へ寄付いただきました。

 

信頼できる子ども支援団体を選びたい。
西本 結子さん(仮名、50代)

西本 結子さんはお母様の幸子さん(仮名)から受け取った相続財産を、社会貢献活動に活かすことを検討されていました。

生前の幸子さんのご意向もあり、子ども支援をしている団体に寄付したい。ただ、どの団体へ寄付するべきかを非常に悩まれたそうです。

「フローレンスは2004年から大変長い期間、活動を行っていて実績もあります。様々な媒体で紹介もされていて、活動内容も信用できると感じました。そんなフローレンスの活動を応援することに決めました」

うれしいお言葉とともに、相続財産の一部をフローレンス全体の活動支援へご寄付いただきました。

 

フローレンスの活動が頼もしかった。
藤井鞠子さん(仮名、50代)

叔母様の相続財産の一部を継いだ小児科医の藤井鞠子さんからは、赤ちゃん縁組(特別養子縁組の支援)事業へ寄付のお申し出をいただきました。特別養子縁組を推進する「赤ちゃん縁組」事業をフローレンスが開始してから約1年半後のことでした。

赤ちゃん縁組事業は、
「生まれたばかりの赤ちゃんが、虐待によって2週間に1人命を落とす、そんな悲劇を繰り返したくない」
という思いからフローレンスが開始した事業です。

この赤ちゃん縁組事業立ち上げの大きな推進力になったのは、1,300名以上の支援者からの約3,000万円にもなる寄付でした。藤井鞠子さんは、この時の寄付支援者のひとりです。

「寄付先をいろいろ検討しましたが、子どもが好きでずっと子どもをほしがっていた叔母でしたので、子どもたちをとりまく課題を解決するために、フローレンスに託すことにしました。

私も小児科医という仕事柄、困難をかかえた親子に出会うことが多々ありますが、いくつもの問題がつながり合って状況を難しくしていることが多く、どこをどうすればよいのか、途方に暮れるばかりです。

でもフローレンスは、そこで立ち止まらず、できるところから断ち切っていこうという方針です。いわば「必要だと思えば何でもやってしまう」、その姿勢にはいつも驚かされ、本当に頼もしく思っています」

あたたかなお言葉とともに、相続財産の一部をフローレンスの赤ちゃん縁組事業への支援へご寄付いただきました。

寄付という社会貢献

寄付のご相談を受けるにあたって、社会の中で光の当たらない課題のことを人生の最期まで思いやる姿に触れる機会も、多くあります。
その思いにスタッフが感涙してしまうことも、しばしばありました。

社会貢献を考えている方から、「遺贈を考えているがフローレンスの活動内容を聞いてみたい」「相続財産からの寄付を検討しているが実際にフローレンスのスタッフに会って、この目で見てから寄付したい」といったお問い合わせをよくいただいています。ですから、お気軽にご連絡ください。

寄付を通じて託していただいた気持ちを大切にしながら、フローレンスは日々活動をしていきます。

 

(認定NPO法人フローレンス 寄付担当)

 


「遺贈」よくある質問

  • 遺贈の流れや注意点を知りたいです。
  • 遺贈の流れや注意点を以下にまとめております。ぜひ、ご覧ください。
    遺贈寄付のご案内はこちら。
  • 寄付した遺産の使われ方を知りたいです。
  • ご希望の事業を指定することも可能ですし、フローレンスの活動全体への寄付とすることも可能です。使途のご希望がございましたら、遺言書に記載の際、遺贈先として「特定非営利活動法人 フローレンス」と記載いただくのと併せて使途もご記載ください。認定NPO法人フローレンスの寄付ページはこちら
  • 領収書はもらえますか?
  • 入金確認後、お出し致します。領収書送付の際に、事業説明資料、アニュアルレポートもお送りいたします。
  • 相談していることを秘密にしたいです。
  • 登録いただいた情報は個人情報保護規定に基づいて扱われ、フローレンスの活動のためのみに利用します。また、お電話でのご相談は匿名でも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。郵送物の発送についても柔軟に対応させていただきます。
  • 現金以外の不動産などは寄付できますか?
  • 認定NPO法人フローレンスでは、現金化が可能なもののみお受けしております。不動産や債券など、現金以外の資産のご寄付をお考えの場合は、原則して遺言執行者が換価処分(現金化)し、税金、諸経費を差し引いた後の金額をご寄付いただくようお願いしております。
  • 遺言書の内容の相談は誰にするのがよいでしょうか?また弁護士さんを紹介してほしいです。
  • 遺言書の書き方、手続きなどに一定の決まりがあります。従いまして、弁護士、税理士、司法書士、行政書士、信託銀行などの専門家にご相談されることをおすすめいたします。(お尋ねする専門家がご不明な場合、認定NPO法人フローレンスへお問合わせください。)
  • 遺言執行者は誰にすべきでしょうか?
  • 「遺言執行者」は、遺言者自身のご意志を実現することを担う方となります。身近な方を指名することも可能ですが、専門的な手続きが多いため、専門家(弁護士、税理士、司法書士、行政書士、信託銀行など)を遺言執行者として指定する方が多くいらっしゃいます。なお、認定NPO法人フローレンスを遺言執行者に指定することはできませんのでご留意ください。
  • 遺贈ではなく相続遺産を寄付したいです。
  • 受け付けております。問い合わせ下さい。また、相続財産の寄付についてのよくある質問も合せてご覧ください。

フローレンスについて

認定NPO法人フローレンスは、家族の笑顔をさまたげる社会問題を事業によって解決していくイノベーション集団です。「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」を目指します。

レポート

認定NPO法人フローレンスの2016年度の活動実績をご紹介したアニュアルレポートがダウンロードできます。

PDFダウンロード

寄付をご希望の方へ

銀行振込による寄付について

銀行振込による相続財産の寄付をご希望の方は、NPOフローレンスの指定口座にお振込みください。

| ご注意 |

  • 指定口座へお振込後、フォームよりご連絡をお願い致します。
  • 振込者名の前に「キフ」とご記入ください。
    (例)「キフヤマダタロウ」

| 寄付用の指定銀行口座 |

  • 三菱東京UFJ銀行 深川支店
    普通預金:1784434
    特定非営利活動法人フローレンス
    ※口座名義は「トクヒ フローレンス」と表示されます。
  • ゆうちょ銀行
    口座記号番号:00100-7-773944
    加入者名 NPO法人フローレンス

| 振込後のご連絡について |

以下のフォームより、ご連絡先などをお知らせ願います。ご入金の確認後、こちらからご連絡差し上げます。

ご連絡用フォーム

Copyright © NPO Florence, All Rights Reserved.