東京マラソン
2020チャリティ

寄付金および
チャリティランナー募集!

1

フローレンスが
みなさんと共に
実現したいこと

about us

保育を受けられない障害児
ゼロにする。まずは東京から。

フローレンスは「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」事業型NPOです。

病児保育問題や待機児童問題、子どもの貧困、虐待など、様々な課題に取り組みますが、東京マラソン2020チャリティでは「東京23区の障害児保育を希望するすべての家庭に保育の受け皿を提供する」ことに挑戦します。

※東京マラソン2020チャリティのチャリティランナー募集は7月上旬開始予定です

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

2

ご寄付が親子の
笑顔を叶える

uses of donations

医療的ケア児だという理由で
母子が居場所を失う社会?

胃ろうやたんの吸引など日中医療的ケアを
必要とする子どもは全国17,000人もいます。

しかし、受け入れる保育園や幼稚園がありません。
障害児の母の常勤雇用率はわずか5%と言われます。
私たちは2014年日本初の障害児保育園ヘレン、2015年障害児訪問保育アニーを立ち上げました。これまでに110家族に保育を提供してきました。

東京マラソン2020チャリティを通じた寄付によって、ヘレンとアニーの受け皿を拡充し、希望するすべての家族に保育を届けたいです。

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

3

フローレンスのチャリティランナーになりませんか?

東京マラソンチャリティを通じてフローレンスへ寄付されたチャリティランナー向け寄付者プログラム(東京マラソン2019チャリティでの実績)

★認定NPO法人だから、チャリティは確定申告により寄付金額の最大約半額が戻ってきます!
★有名アスリート/有資格者によるランイベント
★皇居至近!神保町本社無料ランニングステーション
★講演や交流イベントご招待
★保育サービス付きランイベント
★障害児保育園の子どもたちからの応援メッセージ動画
★オリジナルノベルティグッズ などなど

<参考写真>© 東京マラソン財団/© NPO Florence

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

4

20万円以上のご寄付で参加できるアクティブチャリティランナー

個人チャリティランナーは7月上旬から先着順で受付が始まりますが、アクティブチャリティランナーは、それに先駆けて、フローレンスに直接寄付をすることで、チャリティランナーとして走ることができます。
皆様からのご参加応募をお待ちしております!ご希望の方は、まずはこちらからお問い合わせください。【先着順に受付ます】

<参考写真>© 東京マラソン財団/© NPO Florence

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

5

駒崎 弘樹

HIROKI KOMAZAKI

フローレンスのチャリティアンバサダーとして参加します!

フローレンス代表、駒崎です。
2019年大会では、42.195キロを生まれて初めて完走しました。
それでもめちゃめちゃキツかったですが、フローレンスを利用している親御さんやお子さん、そしてスタッフの沿道からの声援のおかげで、最後まで走り切ることができました。

マラソンと同じように、一人ひとりの応援が、明日やその先までずっと、たくさんの親子の未来を明るく照らします。

僕たちだけでは成し遂げることができない難問も、皆さんと一緒なら成し遂げることができる。

フローレンスの思いに賛同して下さる方、応援よろしくお願いします。

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

6

寺田 明日香

ASUKA TERADA

昨年に引き続き、フローレンスのチャリティアンバサダーを拝命致しました!

私もフローレンスを利用するひとりのママとして、子どもたちを取り巻く環境や、すべてのパパやママが活躍できる社会づくりに貢献できればと思っています。

私は陸上競技選手で2020を目指していますが、チャリティランナーの皆さんもそれぞれの目標やフィニッシュに向かって、一緒に頑張りましょう!

<プロフィール>
1990年1月14日生。北海道札幌市出身。小学校4年生から陸上競技を始める。アジア選手権では銀メダルを獲得。引退後、2014年から早稲田大学人間科学部で幼児体育を専攻。2016年夏に「7人制ラグビー」に競技転向する形で現役復帰し、2018年12月にラグビー選手としての引退と陸上競技への復帰を表明。再び陸上競技選手として、そして、幼児を子に持つママアスリートとして、2020年東京オリンピックを目指す。

◎所属企業:株式会社パソナグループ

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

!応援の声!

アスリート、タレントの方から応援コメント頂きました!

大菅 小百合さん

SAYURI OOSUGA

スピードスケート・自転車競技
元オリンピック選手

oosuga
◻私も現役時代たくさんの応援やサポートがあって辛いことも乗り越えることができました。

東京マラソンを走られるランナーのみなさんそれぞれがそれぞれの目標を持って走られると思います。

完走した後、その目標を達成し次のチャレンジに繋がっていくことを願っています。頑張ってください!

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

犬山 紙子

KAMIKO INUYAMA


エッセイスト

inuyama
子どもが熱を出して保育園から電話がかかってくる。
よくあるし、「ああ仕事どうしよう」と頭を抱えることがあります。
本当は子どもの心配だけしたいのに、仕事どうしようと思ってしまう自分に自己嫌悪も。

そんな私たちの気持ちをふっと楽にしてくれる病児保育。
フローレンスさんを応援しています!

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

忍者烈風

NINJA REPPU

ローカルヒーロー武蔵忍法伝
忍者烈風より

reppu
◻こんにちは!忍者烈風です。

普段は看護師をしながら、みんなの笑顔を護るため鬼と戦っています。

子どもたちの未来のために挑戦するチャリティランナーの皆さん、また寄付をして頂いた皆さん全員がヒーローです!その熱い気持ちでゴールを目指して頑張ってください!

ただマラソンは過酷なスポーツですので、体調管理に気をつけて、絶対に無理はしないでくださいね!

東京マラソン
2020チャリティ
申込方法はこちら

団体概要

団体名
認定NPO法人 フローレンス
連絡先
03-6811-0903
住所
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1丁目14番地1
KDX神保町ビル 4F
問合わせ(広報)
spr@florence.or.jp