• Home
  • News
  • 働き方改革
  • 【エイプリルフール2017】オフィスよさらば。そして始まるフル・リモートワーク。事務局オフィス廃止しました【フローレンスの働き方改革】

News

働き方改革

2017/04/01

【エイプリルフール2017】オフィスよさらば。そして始まるフル・リモートワーク。事務局オフィス廃止しました【フローレンスの働き方改革】

 


eye

2017年3月 フローレンス飯田橋オフィス

batch_DSC01899

フローレンス代表理事の駒崎は、以前に公開したフローレンスNEWSのとある記事について考えていました。

その記事とはこちら。

実は駒崎の秘書は、金沢に住み、金沢で働いています
今まであまり、お伝えしてなかったことがあります。それは、駒崎弘樹(弊会代表)の日程調整をしている社員。実は東京に住んでないんです。出勤さえしていません。金沢に住んで、金沢で働いてい...

飯田橋の事務局オフィスに出勤せず、金沢に住み、週5日フル・リモートワークで金沢から働いている駒崎の秘書が、その働き方について語るという内容です。

記事公開後、SNSでは大きな反響がありました。

「こんな働き方ができるなんてすごい」

「優秀な社員が東京を離れても勤め続けられるのはメリットが大きい」

「たしかにネットやツールを上手く使えば、場所にとらわれず働けるかも」

寄せられる感想を見て、駒崎は考えました。

  • batch_koma1_en

    (リモートワーク・テレワークは大きなポテンシャルを秘めている…… )

  • batch_koma1_en

    (この仕組みを使って、フローレンスの働き方革命はさらに先に進められるはず……)

  • batch_koma1_en

    (乗るしかない、このビッグウェーブに……!)

あることを決意した駒崎は、働き方革命事業部のマネージャである斉藤と陣内を呼び出しました。

batch_DSC01925

  • batch_koma2_en

    駒崎

    「あの、僕、決めましたんで」

  • kazu_en

    陣内

    「え、何をですか?」

  • batch_koma2_en

    駒崎

    「飯田橋オフィスを、廃止します」

  • kazu_en

    陣内

    「え?」

  • sachi_en

    斉藤

    「はあ?」

  • batch_koma2_en

    駒崎

    「フローレンス事務局スタッフは全員リモートワークで働きます」

  • kazu_en

    陣内

    「まじすか」

  • sachi_en

    斉藤

    「……!!」

  • batch_koma2_en

    駒崎

    「生産性の高い仕事ができるなら、どこで働いてもOKです」

  • kazu_en

    陣内

    「お、おう」

  • sachi_en

    斉藤

    「……リモートワークで通勤時間がなくなれば、事務局スタッフはその時間を家事や育児、自己実現のためにあてられる……」

  • kazu_en

    陣内

    「たしかに……」

  • batch_koma2_en

    駒崎

    「日本の働き方改革の推進に寄与する強力な施策でもあります」

  • kazu_en

    陣内

    「お、おお……」

  • sachi_en

    斉藤

    「さらには、オフィス家賃という固定費から解放される」

  • batch_koma2_en

    駒崎

    「その通り!」

batch_DSC01957

  • batch_koma3_en

    駒崎

    「固定費削減! 固定費は親の仇! 親の仇だあああああああああ!」

  • sachi_en

    斉藤

    「落ち着いてください。表現が昭和です」

  • kazu_en

    陣内

    「でもたしかに、社員に良し、日本に良し、経営に良しの三方良しですね」

  • batch_koma3_en

    駒崎

    「そうです! というわけで飯田橋オフィスは廃止! 事務局スタッフは全員フルリモートで働くことに決めました!」

  • kazu_en

    陣内

    「わ、わかりました! やりましょう!」

  • sachi_en

    斉藤

    「代表もたまには良いこと言いますね」

そんな勢いと固定費に対する憎しみの力を原動力に、フローレンス事務局スタッフの全員フル・リモートワークが始まりました。

office

事務局スタッフはそれぞれ、仕事とプライベートの生産性を最高に高められる働き方を始めました。

ーーーーー

ケース1:二河の場合

働き方革命事業部の二河(にこう)は、在宅勤務に加えてコワーキングスペースを積極的に利用。

batch_2017-03-29 (2)

  • batch_niko_en

    二河

    「家から近いスペースで仕事ができると通勤時間がなくなっていいですね。最近のコワーキングスペースは本当に快適でハマってます。ハマりすぎて最近の趣味はコワーキングスペース発掘です!」

ケース2:ノムさんの場合

障害児保育事業部のノムさんは、飯田橋の事務局オフィスではなく、2017年2月に新しく開園した障害児保育園ヘレン経堂でお仕事。遊び道具が置いてある控室で、子ども達と保育スタッフの楽しそうな声を聞きながらリモートワーク。

batch_2017-03-29 (1)

  • batch_nomu_en

    ノムさん

    「リモートワークといっても保育園はいつもどおりですから、こういうときこそ保育現場の近くで仕事しようかなと思って。ちょっとした雑用も手伝えるし、保育スタッフのみんなが困っていることもわかっていいですね」

ケース3:がんちゃんの場合

「あなたは、けものがお好きですか?!」 と言われれば全力で「イエス!」と答えるがんちゃんは、自宅でハムスターやハリネズミなど4種7匹のペットを飼っている動物大好きフレンズ。

batch_2017-03-29

  • batch_gan_en

    がんちゃん

    「ペットにうつつを抜かしていないで人生のパートナーとなる女性を見つけなければ、と最近思っていましたが、大好きなペットに囲まれて仕事しているとどうでもよくなってきますね! たのしー!」

ケース4:ぴろこの場合

WEBチームのぴろこは、なんと家族旅行でやってきたシンガポールにてリモートワーク。ネットさえあればどこでも仕事はできちゃいます。

CIMG9105

  • piro

    ぴろこ

    「旅行先でリフレッシュして仕事! のはずなんだけど絵的に罰ゲームにしか見えない」

ケース5:えみりーの場合

広報のえみりーはなんと温泉で仕事。いつもの通りの仕事を行楽地で行い、仕事以外の時間はレジャーを楽しめるというワーケーション(Worcation : Work + Vacation)の実践です。

batch_onsen3

  • batch_emi_en

    えみりー

    「温泉・浴衣でリラックスできると、代表からの無茶ブリも優しい気持ちで受け止められていいですね……」

ケース5:まいまいの場合

某巨大テーマパークの大ファンで年間パスポートも持っているまいまいは、当然のごとくパークでリモートワーク。

batch_8613229192866611114-account_id=4

  • batch_mai_en

    まいまい

    「よく午前半休でインしてからエクストリーム出社してたけど、インしたまま仕事できるの最高! 仕事しながらパレル地蔵。駒さんからの無茶ブリに疲れたらウドチャでモフ尻に癒やされてくる!」

ケース6:レンの場合

沖縄出身のレンはもちろん大好きな沖縄の海でリモートワーク!

okinawabeach-003

  • batch_len_en

    レン

    「ハイサイぐすーよーちゅうがなびら。やっぱり故郷の海は最高さー。駒さんの無茶ブリも海に流せるさー」

ケース7:駒崎の場合

言い出しっぺの駒崎は、フローレンスにとって何よりも大切な存在である子ども達の気持ちに寄り添うために、公園にやってきました。

batch_DSC01977

  • batch_batch_DSC01980en

    駒崎

    「やっぱり、働く環境が変わると頭もすっきりするな……よし、たまっていたタスクを片付けよう!」

batch_DSC02003

  • batch_batch_DSC02003en

    駒崎

    「この小さな窓……僕たちは皆、自分の価値観という小さな窓から世界を覗いていることを思い知らされるなあ。よし……」

  • batch_batch_DSC02003en

    駒崎

    「まいまいへ。こないだの企画書ですが、ちょっと視野が狭いかな。もっと心の窓枠を大きくして世界を広くとらえてください。いい感じに直してくださいね……っと」

batch_DSC02055

  • batch_batch_DSC020552

    駒崎

    「この不安定な体勢……大切なのは落ち着いてバランスを取ること……よし」

  • batch_batch_DSC020552

    駒崎

    「えみりーへ。例のアポの件ですが、やはり、先方もこちらもしかるべきメンバーをアレンジして、Win-Winの関係を作れるよう、再度日程をいい感じに調整してみてください……っと」

batch_DSC01988

  • batch_batch_DSC01988en

    駒崎

    「足場が悪くても、慎重に一歩一歩進めばきっと橋は渡りきれるはず……よし」

  • batch_batch_DSC01988en

    駒崎

    「レンくんへ。こないだの事業計画書ですが、ちょっと収支バランスが不確実に見えます。ちょっと修正してください。あと100回くらいリバイズしたらいい感じになると思います」

  • koma

    駒崎

    「……よし! 重要なポイントを押さえてフィードバックができたぞ!」

  • koma

    駒崎

    「依頼メール……送信っ!!!」

anigif6-compressor

***

こうして飯田橋オフィスはなくなりましたが、最新のITツールと、同じビジョン・ミッションへ向かう想いがあれば、離れていても一緒に仕事をすることはできます。いつでも、どこでも、無茶ブリは降ってくるのです。今日も日本の、あるいは世界のさまざまな場所で、フローレンス事務局スタッフは社会問題解決のため汗を流しています。

batch_DSC01968

これからも、フローレンスをどうぞよろしくお願いいたします!

ーーーーー


<重要なお知らせ>

※4月1日はエイプリルフールです。

リモートワークはまだ、誰もが簡単に導入できるものではありません。しかし、場所にとらわれない未来の働き方として、フローレンスでは先の金沢リモート事例を筆頭に推進を進めており、これからもより積極的にチャレンジしていきます。

フローレンス飯田橋オフィスは現在も元気に稼働中です。

なのですが……

リモートワークと同様、スタッフが集まりコラボレーションが生まれるオフィスという環境もまた重要。そこで、さらなる業務環境改善のため、フローレンスでは2017年12月頃をめどに、現在入居しているオフィスから新しいオフィスに引越しすべく、新しいオフィス物件を全力で探しているところです。

つきましては、東京都千代田区内、飯田橋駅近辺で、100〜120人程度が勤務できるオフィス物件の情報等ありましたら、ぜひお問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。

ーーーーー

<おまけ>

実際にフル・リモートワークで働いている駒崎の秘書の仕事の様子についてはこちらの記事をどうぞ。

実は駒崎の秘書は、金沢に住み、金沢で働いています
今まであまり、お伝えしてなかったことがあります。それは、駒崎弘樹(弊会代表)の日程調整をしている社員。実は東京に住んでないんです。出勤さえしていません。金沢に住んで、金沢で働いてい...

それ以外にも、フローレンスではさまざまな働き方の変革にチャレンジしています。

たとえば副業を解禁し、スタッフが副業をしたり、さらには副業で働いてもらったり。

「副業OK」をアピールしたらサイボウズの人事マネージャーがやってきた
こんにちは。働き方革命事業部 マネージャーの陣内です。先日公開したサイボウズ、メルカリ、フローレンスの三社対談、いかがだったでしょうか?この対談の中でも触れられていますが、サイボウ...

平均残業時間はスタッフ1人あたり1日約15分ですが、定期的にモニタリングして改善などもしています。

残業時間削減のヒントが見えた! 本部スタッフで取り組んだ「残業問題を解決する3つのアクション」
こんにちは。ハタカク(働き方革命事業部)の二河です。みなさん、昨日は何時に退社しましたか? 私は11月から時短勤務をしており、17時に即ダッシュで帰りました。子どものお迎えと夕飯の...

フローレンスはこれからも、働き方改革の旗手となるべく、様々な施策にチャレンジし、トライアンドエラーを含めてその取り組みを社会に発信していきます。

batch_DSC02064

書いた人:橋本 吉央