【new!】2017新卒採用「やっぱり保育士になってよかった」フローレンスで実現できます。詳しくはこちら

  • Home
  • フローレンスとは(1分でわかるフローレンス)

フローレンスとは1分でわかるフローレンス

みんなで子どもたちを抱きしめる
そんなあたりまえを目指したい。

社会問題解決集団

私たちは「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」の実現を目指す、社会問題解決集団フローレンスです。「訪問型病児保育」「障害児保育」「小規模保育」など、常識や固定概念にとらわれない新たな価値を創造するイノベーター集団として、これからも走り続けます。

障害児保育問題 赤ちゃん虐待死問題 病児保育問題 孤独な子育て問題 働き方問題 ひとり親問題 待機児童問題 ビジョン ミッション

社会問題とミッション、ビジョン

ビジョン・ミッション

社会問題を解決する理由

親だけが子育てする社会から、社会全体でそれを支え、共に子ども達を育むことがあたりまえの社会を実現したい-。しかし子育てと仕事の両立の困難、子どもの貧困、虐待、孤独な子育て……社会問題は山積しています。そこで、私たちフローレンスは親子の笑顔をさまたげる社会問題への「小さな解」を事業として生み出し、自ら実践しながら政治や行政と共に制度として広げ、全国に広がることで多くの親子が救われるよう、社会問題解決のイノベーションを牽引していきます。

病児保育問題

子どもが37.5度以上の熱を出すと、保育園では預かってもらえません。働く親は仕事を休まざるを得ず、子育てと仕事の両立を阻む大きな壁となっています。

私たちは2005年より自宅訪問型の病児保育を開始。当初の利用会員数はたったの38名。しかし2016年度には5,000名を超え(※予測値)、病児保育件数は累計30,000件以上と業界最多を更新。設立以来10年間無事故と「安心安全な病児保育」を強化、病児保育のパイオニアとして経産省他から各賞受賞、さらにはフローレンスがモデルになったマンガを原作にしたTVドラマ『37.5℃の涙』が放映されるまでに至りました。

今後も病児保育を「子育て家庭のあたりまえのインフラ」にすることで、子育てと仕事の両立が持続可能な社会を実現していきます。

フローレンスの病児保育 日本病児保育協会

待機児童問題

子どもを預ける保育園が一つもない、仕事に復帰できない……。今も「待機児童問題」は深刻な状況が続いています。

なぜなら、保育園が足りないのに増えなかったから。なぜなら、20人以上でなければ認可保育所ではなかったから。待機児童の8割は都市部に集中し、その地域には認可保育所を建てられる土地や施設はそうそう存在しませんでした。

そこで、私たちは発想の転換をします。都心の空き物件を活用し、0-2歳児を対象とした定員19人以下の保育園「おうち保育園」を2010年にスタート。この小さな挑戦が注目され、2012年「子ども・子育て支援法」にて「小規模認可保育所」が制度化、国策となったのです。

2009年時点では小規模認可保育所は1園も存在しませんでしたが、2015年には国策化により1,655園と激増。おうち保育園も2016年4月で15園に増え、小規模認可保育所は待機児童問題解決策の救世主として成長し続けています。

おうち保育園 全国小規模保育協議会

障害児保育問題

障害児の母親の常勤雇用率はたった5%。障害のある子どもの保育の受け入れ先が極度に不足しています。

きっかけは、あるお母さんの一通のメールでした。「医療的ケアの必要な子どもの預け先がなく、仕事を続けられない」という悲鳴。医療の進化により出産時に救える命が増え、比例して医療的ケアが必要な児童数も増加。しかし「保護者の就労を支える」ことを目的とした預かり先は日本では限りなくゼロだったのです。

そこで2014年、杉並区で日本初の医療的ケアの必要な子や重症心身障害児の長時間保育を実施する「障害児保育園ヘレン 」を開園。2015年には自宅でマンツーマン保育する「障害児訪問保育アニー」を開始。 ヘレン・アニーを利用した母親の常勤雇用率は88%と驚きの数値を記録し、利用者から「私を社会に戻してくれてありがとう」という言葉がいくつも届いています。

障害児保育園ヘレン 障害児訪問保育アニー 全国医療的ケア児者支援協議会

赤ちゃん虐待死問題

2週間に1人。今も、生まれたばかりの赤ちゃんが虐待によって命を落としています。

なぜ、赤ちゃんが命を落とさなければならないのでしょうか。一つは性犯罪被害などの望まない妊娠。さらに、貧困・社会的孤立などが重なり、負の連鎖はとどまることを知りません。

そこで、私たちはこの問題の解決策としての「赤ちゃん縁組」を2016年4月よりスタートしました。妊娠期に課題を抱える妊婦の相談を受け、出産と同時に、子どもを望む育ての親に託します。

現在、特別養子縁組をサポートする法律はありません。制度がないことで、助けられる赤ちゃんを救えていない状況を変えていきたい。そこでフローレンスは、事業によって目の前の赤ちゃんを助けながら、政策提言による制度づくりを行っていきます。東京オリンピックまでに制度化、10年以内に赤ちゃんの虐待死をゼロにするのが目標です。

フローレンスの赤ちゃん縁組 にんしんホットライン

ほかの「解決したい問題(事業内容)」

仲間とともに社会問題を解決していく

親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する…
それは決して平坦な道のりではありません。例えて言うなら、凍てついた大海原をかき砕きながら進む、砕氷船。ひとりで立ち向かうには厳しすぎる航海です。
しかし、私たちは志を共にする仲間がいます。試行錯誤を厭わず、0から1を創造する、荒野を開拓する、道なき所に道を作ることを楽しめる仲間が必要です。
私たちは、同じ「志」を持つあなたを大歓迎します。

フローレンスに共感した仲間たち

  • 駒崎 弘樹

    認定NPO法人フローレンス
    代表理事

    駒崎 弘樹

  • 宮崎 真理子

    認定NPO法人フローレンス
    ディレクター

    宮崎 真理子

  • 病児保育・障害児保育問題解決局
    ディレクター

    大野 文

  • 山下 明

    障害児保育事業部
    アニー 訪問保育スタッフ

    山下 明

  • 山内 祥尚

    障害児保育事業部
    障害児保育園ヘレン
    保育スタッフ

    山内 祥尚

  • 波 紗織

    おうち保育園おおいまち
    園長

    波 紗織

  • 町田 美樹

    病児保育事業部
    こどもレスキュー隊員

    町田 美樹

  • 小森 明美

    病児保育事業部
    こどもレスキュー隊員(組長)

    小森 明美

  • 長岩 真子

    小規模保育事業部
    ヘルプマンやシフトスタッフのシフト作成、新園開設準備担当

    長岩 真子

  • 中村 晴子

    経営企画室
    (みんなで社会変革事業部)
    広報担当

    中村 晴子

  • 橋本 吉央

    働き方革命事業部
    システム担当&働き方革命ブログ編集長

    橋本 吉央

  • 森下☆倫朗(もりもり君)

    障害児保育事業部
    マネージャー

    森下☆倫朗
    (もりもり君)

  • 石川 廉

    障害児保育園ヘレン 事務局
    サブマネージャー
    全国医療的ケア児者支援協議会 事務局

    石川 廉

  • 森永 紗希子(Katherine)

    小規模保育事業部
    育成・研修担当
    保育スーパーバイザー

    森永 紗希子
    (Katherine)

  • 森山 智景

    病児保育事業部・訪問看護ステーション ジャンヌ
    看護師・サブマネージャー

    森山 智景

  • 杉山 富美子

    病児保育事業部
    マネージャー

    杉山 富美子

ほかの「フローレンスに共感した仲間たち」

代表 駒崎弘樹より

「子どもが熱を出して保育園に行けず、会社を休んで看病したら、クビになった」
ある1人の母親の話を、ベビーシッターだった自分の母から聞き、
訪問型病児保育事業の立ち上げを決意しました。

また、小規模保育園の成り立ちは、とある社員の待機児童問題が発端です。

障害児保育も、悩めるひとりの親の悲鳴がきっかけです。
困っている人々の顔を見るたびに、居ても立ってもいられず
どうにかしなければと強く思います。

みんなで子どもたちを抱きしめ、
子育てとともに何でも挑戦でき、
いろんな家族の笑顔があふれる社会が、
10年後には「あたりまえ」になるように。

私たちは走り続けます。
そして共に、そんな社会を創っていきましょう。

代表理事 駒崎弘樹より

受賞歴

創業から10年社会課題を解決し続け、ありがたくも数々の賞をいただきました。これからも新たな価値を創造するイノベーター集団として走り続けます。

  • 日本経済新聞社「日経ソーシャルビジネスイニシアチブ大賞」受賞(2013年)

    ソーシャルビジネスを展開する組織・団体の中で、特に優れた事業や取組みを表彰する、日本経済新聞社主催「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」の第一回大賞を受賞しました。 2004年からスタートした病児保育事業、待機児童問題を解消するため2010年に立ち上げたおうち保育園事業に「社会変革への意欲を感じる」と評価頂きました。

  • ニューズウイーク日本版 「日本を救う中小企業100」に選出(2011年)

    世界各地で活躍する社会起業家100名の中で、 日本からは6名がノミネートされ、そのうちの1名として、代表の駒崎が選出されました。革新的なビジネスモデルで、社会問題の解決に取り組む姿勢が評価されての受賞です。

  • 経済産業省「ソーシャルビジネス55選」に選出(2009年)

    社会が抱えている課題をビジネスとして解決に導いていく活動のことを「ソーシャルビジネス」と呼びますが、全国でこのソーシャルビジネスに先進的に取り組まれている事業者に贈られる賞です。 経営理念と経営モデル(訪問型、共済型の病児保育モデル)の評価が受賞につながりました。

  • 『ハイ・サービス日本300選』NPO法人で全国初受賞(2008年)

    (財)社会経済生産性本部 サービス産業生産性協議会より、イノベーションや生産性向上に役立つ先進的な取り組み(ベストプラクティス)を行っている企業に贈られる賞です。 先駆的で他の企業の模範となる取組みを行うイノベイティブな企業の一つとして、NPO法人では全国初受賞。

  • 内閣府「女性のチャレンジ支援賞」(2008年)

    起業、NPO法人での活動、地域活動等にチャレンジすることで輝いている女性の「チャレンジを支援する団体」として内閣府より表彰されました。 チャレンジをしている身近なモデルを示すことによって、男女共同参画社会の実現のための機運を高めることを目的とした賞です。

  • Great Place to Work「働きがいのある会社」5年連続で20位以内にランクイン

    2016年は従業員100-999人部門で第13位と、多くの優良企業と並び、NPOであるフローレンスが5年連続でベストカンパニーにランクイン。 「社会を変える」という志を持ってフローレンスに集まった、様々なバックグラウンドを持つ仲間とともに、仕事に誇りとやりがいを持ちながら取組むことができる点が高く評価されました。

受賞歴・書籍・沿革

新しいあたりまえを、すべての親子に。