【受付中】病児保育スタッフお仕事説明会に行ってみませんか? 詳しくはこちら

会計報告

2015年4月1日〜2016年3月31日(平成27年度)

サービス開始(2005年度)からの収益 / 一般正味財産増加額

(単位:千円) 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
収益 18,463 26,901 75,813 106,516 143,537 234,091 444,829 517,073 655,219 863,415 1,334,057
正味財産増加額 1,588 -1,846 5,015 2,885 12,988 22,746 47,234 31,537 21,934 3,869 65,521
昨年度対比 0% 146% 282% 140% 135% 163% 190% 116% 127% 132% 155%

事業部別収益の昨年度対比

(単位:千円) 病児保育
事業部
おうち保育園
事業部
働き方革命
事業部
伝える変える事業
(経営企画室)
コミュニティ創出
事業部
障害児保育
事業部
被災地支援
事業部
赤ちゃん縁組
事業部
全体
2013年度 315,975 224,686 37,093 22,220 30 47,271 647,275
2014年度 375,798 263,168 32,954 24,460 81,003 79,617 857,000
2015年度 479,450 545,306 58,834 25,760 135,901 79,580 19,814 1,344,646
昨年度対比 128% 207% 179% 105% 168% 100% 157%

2015年度簡易版活動計算書

科目 金額(単位:円)
一般正味財産増減の部
Ⅰ経常収益
1.受取寄付金
受取寄付金 141,714,641
2.受取助成金等
受取民間助成金 1,360,000
受取国庫補助金等 533,876,745
指定正味財産の部より受取助成金振替額 66,041,379 601,278,124
3.事業収益
病(後)児保育事業収益 438,981,422
障害児保育事業収入 60,017,425
赤ちゃん縁組事業収入 115,000
おうち保育園事業収益 49,494,524
ソーシャル・プロモーション事業収益 4,432,412
コミュニティ創出事業収益 25,713,860
被災地支援事業収入 2,853,180 581,607,823
4.その他収益
受取利息 9,389
雑収入 9,447,008 9,456,397
経常収益計 1,334,056,985
Ⅱ経常費用
1.事業費
(1)人件費
給料手当 218,729,709
雑給 485,468,029
法定福利費 107,116,264
通勤費 25,684,881
人件費計 836,998,883
(2)その他経費
福利厚生費 7,919,462
インターン活動費 557,500
研修費 3,603,670
荷造運賃 605,588
広告宣伝費 23,473,630
交際費 300,739
会議費 1,417,988
旅費交通費 15,867,459
R隊出動費 8,031,494
通信費 9,679,068
情報システム費 11,073,427
文書印刷費 1,381,754
給食材料費 10,519,661
備品費 4,213,324
消耗品費 9,288,426
事務用品費 5,037,184
修繕費 2,469,584
水道光熱費 6,545,894
新聞図書費 772,592
諸会費 431,368
支払手数料 11,796,250
病児保育施設利用料 1,676,488
地代家賃 58,174,859
賃借料 610,261
リース料 1,768,000
保険料 2,783,320
園児健康診断費 4,210,931
租税公課 19,804,960
支払報酬料 5,377,627
寄付金 6,987,500
イベント開催費 745,754
減価償却費 23,906,958
雑損失 2,700
雑費 1,474,383
その他経費計 262,509,803
事業費合計 1,099,508,686
2.管理費
(1)人件費
役員報酬 1,200,000
給料手当 56,115,336
雑給 5,772,785
法定福利費 9,098,156
通勤費 2,058,004
人件費計 74,244,281
(2)その他経費
福利厚生費 2,739,825
研修費 3,376,034
荷造運賃 440,246
広告宣伝費 645,001
交際費 18,399
会議費 499,236
旅費交通費 892,929
通信費 2,001,618
情報システム費 7,762,643
文書印刷費 21,421
備品費 872,429
消耗品費 610,408
事務用品費 3,188,804
修繕費 727,612
水道光熱費 2,303,050
新聞図書費 39,886
諸会費 203,300
支払手数料 985,413
地代家賃 26,195,106
賃借料 4,708,468
リース料 1,503,412
保険料 260,760
租税公課 4,806,848
支払報酬料 10,359,957
イベント開催費 23,952
減価償却費 3,465,981
支払利息 1,766,415
雑費 866,140
その他経費計 81,285,293
管理費合計 155,529,574
経常費用計 1,255,038,260
当期経常増加額 79,018,725
Ⅲ経常外費用
1.おうち保育園等大規模改修積立金繰入 13,000,000
経常外費用計 13,000,000
税引前当期一般正味財産増減額 66,018,725
法人税、住民税及び事業税 497,900
当期一般正味財産増加額 65,520,825
前期繰越一般正味財産額 150,928,941
次期繰越一般正味財産額 216,449,766
指定正味財産増減の部
Ⅰ受取寄付金 1,743,000
Ⅱ受取助成金
受取民間助成金 14,000,000
受取国庫補助金等 60,897,030 74,897,030
Ⅲ一般正味財産への振替額 △ 66,041,379
当期指定正味財産増加額 10,598,651
前期繰越指定正味財産額 39,302,419
次期繰越指定正味財産額 49,901,070
次期繰越正味財産額 266,350,836

※NPO法人会計基準に則り、特定非営利活動促進法第28条第1項の収支計算書を活動計算書と呼んでいます。

2015年度簡易版貸借対照表

科目 金額(単位:円)
Ⅰ資産の部
1流動資産
現金及び預金 341,452,032
売掛金 82,023,252
貯蔵品 18,360
立替金 1,153,348
前 払 費 用 11,109,498
短 期 貸 付 金 1,400,000
未 収 入 金 519,556
流動資産合計 437,676,046
2固定資産
(1)有形固定資産
附属設備 67,952,340
構 築 物 2,554,456
車両運搬具 1,296,459
工具器具備品 1,512,502
一括償却資産 1,444,710
建設仮勘定 71,913,080
有形固定資産計 146,673,547
(2)無形固定資産
ソフトウエア 39,607,572
無形固定資産計 39,607,572
(3)投資その他の資産
フローレンス復興支援等基金用預金特定資産 29,085,400
出 資 金 10,000
敷金 27,512,387
差入保証金 1,645,000
長期前払費用 23,131,250
投資その他の資産計 81,384,037
固定資産合計 267,665,156
資産合計 705,341,202
Ⅱ負債の部
1流動負債
短期借入金 108,616,000
未払金 150,862,267
預り金 23,792,303
前受金 150,048
未払法人税等 497,900
未払消費税等 12,730,000
流動負債合計 296,648,518
2固定負債
長期借入金 107,341,848
ひとり親支援積立金 14,000,000
フローレンス復興支援等積立金 8,000,000
おうち保育園等大規模改修積立金 13,000,000
固定負債合計 142,341,848
負債合計 438,990,366
Ⅲ正味財産の部
1指定正味財産
前期繰越指定正味財産 39,302,419
当期指定正味財産増加額 10,598,651
指定正味財産合計(フローレンス復興支援等基金) 49,901,070
2一般正味財産
前期繰越一般正味財産 150,928,941
当期一般正味財産増加額 65,520,825
一般正味財産合計 216,449,766
正味財産合計 266,350,836
負 債 及 び 正 味 財 産 合 計 705,341,202

解説

データの前提

NPOはあくまでも「社会問題の解決」を存在意義とし、利益は継続的な活動をして行くための手段です。
とはいえ責任を持って持続可能な運営を行うためには、企業と同様に財務的健全性を度外視することはできません。フローレンスはそうした財務的健全性を保つため、新NPO会計基準に従って財務情報の開示を行い、経営の透明性を高めてまいります。

総括

2015年度は、収入が前年比55%増、一般正味財産増加額は65,521千円でした。
収入増の主な要因は、既存の病児保育事業が28%増であったことに加え、おうち保育園が、子どこも・子育て支援新制度における小規模認可保育所に移行し、公的な補助が大幅に増加したこと、また、2016年度サービスインした、障害児訪問保育アニーや赤ちゃん縁組といった新規事業開始に伴う事業収入や寄付が加わったことです。

個別事業部のレビュー

【病児保育事業部】

昨年度に引き続き利用会員が増え前年比28%成長でした。しかし、入会希望に対し、こどもレスキュー隊員の採用・育成が追い付かず、入会制限をする結果となってしまいました。必要とする全ての方に病児保育を届けるため、こどもレスキュー隊員の採用と育成が重点課題です。

【おうち保育園】

おおつか園が新規開園したこと、また、2015年4月施行の子ども・子育て支援新制度の小規模認可保育所に移行したことにより補助額が改善し、前年比202%でした。引き続き待機児童の多いエリアに迅速に開園するため、保育に適した物件の調達及び保育士採用と育成に注力します。

【コミュニティ創出事業部】

ラーニングスペースである「マナViva!」の稼働が安定しており、前年比5%成長でした。地域住民主導のイベント開催など、コミュニティ創出施設としての活動が広がっています。また、さらなる地域コミュニティづくりのため、2015年12月、子ども食堂を開催しました。

【障害児保育事業部】

2015年4月、障害児訪問保育アニーがサービスインし、障害児保育園ヘレンと合わせ、事業部全体収入は、前年比68%成長でした。収入には、アニー開始に先立ち実施したクラウドファンディングでのご寄付約1100万円が含まれます。2016年度は、ニーズの高いエリアへの開園3園と、アニーの展開エリア拡大のための準備を進めます。

【経営企画室/働き方革命事業部】

経営企画室は、新規事業立ち上げのための大口寄付の獲得、また、ユーザビリティや発信力向上のため、コーポレートサイトの改修に注力しました。働き方革命事業部は、働きがいのある会社(GPTW)ランキング5年連続ベストカンパニー入賞など成果を出しています。

【被災地支援事業部】

被災地の経済復興を牽引する仙台市で待機児童が増加している現状を解決すべく、仙台市青葉区に小規模認可保育所を開園しました。2016年度以降も、待機児童の状況をみながら、次年度に向けた新園開園準備を行います。

【赤ちゃん縁組事業部】

2016年4月事業開始に向け、第二種社会福祉事業申請などの準備を進めました。事業立ち上げ資金として、約1900万円のご寄付をいただいています。16年度は、育ての親向け説明会を行い、登録者を増やすこと、実親相談数を増やし、特別養子縁組を希望する場合は、丁寧にマッチングを行うことに注力します。