News

メディア・イベント

2016/12/21

世田谷区長も登壇!「障害児保育園ヘレン経堂」オープニング記念イベントを開催しました

  


DSC_0610-1120x744

フローレンスでは2017年2月1日に世田谷区・経堂に「障害児保育園ヘレン経堂」を開園します。

これに先立って、2016年12月21日にオープニング記念イベントを開催しました!

写真は左から 合同会社 西友 CEO 上垣内 猛様/世田谷区長 保坂 展人様/認定NPO法人フローレンス 代表理事 駒崎弘樹/一般財団法人村上財団 村上裕恵様

「障害児保育園ヘレン経堂」は荻窪園(杉並区)・すがも園(豊島区)に続き、3園目の「障害児保育園ヘレン」となります。

世田谷区には周産期母子医療センターの認定を受ける国立成育医療研究センターがあり、保護者の方から開園を待ち望む声をいただいていました。

「障害児保育園ヘレン経堂」は世田谷区から「子ども子育て総合支援センター」の2階部分をお借りし、開設資金や福祉送迎車をご寄付で賄っています。

ヘレンイベント

イベントには、自治体の首長として世田谷区の保坂展人区長、ヘレン経堂をご支援くださった合同会社西友の上垣内猛CEO、村上財団の村上裕恵さんなど、いつもヘレンをサポートくださっている方々がご出席くださいました。

まず駒崎による「障害児保育園ヘレン経堂」の紹介に始まり、保坂区長ほかご登壇者の方々より開園にあたってお言葉をいただきました。

保坂区長は、「医療的ケアのある子どもが保育園に入れない」という区民からの声を受けて、いち早く「障害児保育園ヘレン荻窪」をご見学いただき、障害児保育の必要性を感じてこられたことをお話くださいました。また、村上財団村上様や西友上垣内様からは、障害がある子どもだから支援するというのではなく、どんな親子も当たり前に保育や教育を受けられ、親が安心して働ける社会を作りたいというフローレンスの想いに賛同してくださり支援に至ったことをご紹介いただきました。

また、当時世田谷区に通える保育園がなく、「障害児保育園ヘレン荻窪」まで通っていた保護者の方からのビデオレターをいただき、「ヘレンが珍しい存在ではなく、各区に一つ、誰もが知っている存在になってほしい」とのメッセージが紹介されました。

後半はパネルセッションを行い、ご来場いただいた医療的ケア児の保護者の方や、児童発達支援事業者、特別支援学校など志を同じくする方々も交えながら、自治体・企業・NPOそれぞれが問題解決に向けてできることを探っていきました。

ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

いよいよ、2017年2月開園するヘレン経堂。皆さまの力を借りて、一歩一歩ですが障害児保育問題を解決していきます。

「障害児保育園ヘレン」は、開園に多くの資金を必要とします。フローレンス一団体だけでは決して一地域に一施設開園を実現することはできません。障害児保育を当たり前の社会インフラにするために、ぜひ皆さんのお力添えをよろしくお願いいたします。

障害児保育園ヘレンを応援する