• Home
  • News
  • アクション最前線
  • ユニクロ展開のファーストリテイリングから支援決定!保育・医療現場にマスクなど約15万点配送 #すべての親子を置き去りにしない【活動報告20】

News

アクション最前線

2020/06/30

ユニクロ展開のファーストリテイリングから支援決定!保育・医療現場にマスクなど約15万点配送 #すべての親子を置き去りにしない【活動報告20】

    


image7

フローレンスが実施する「新型コロナこども緊急プロジェクト」に、カジュアルウェアブランド”ユニクロ”などを展開する株式会社ファーストリテイリングより、約10万点のマスクと医療現場で使用できる約5万点のアイソレーションガウンの提供をいただきました。


マスクは全国の保育施設83ヶ所へ、アイソレーションガウンは全国各地のNICUやこども病院などに配送します。


新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、マスクなどの衛生用品が不足する状況が続いています。

フローレンスは、4月6日より「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」を立ち上げ、コロナ禍の影響を特に強く受けている「医療的ケア児者家庭(人工呼吸器やたんの吸引など、生活の中で医療的なケアを必要とする障害児者家庭)」「ひとり親家庭」「経済困窮家庭」に向けた緊急支援を実行してきました。

#すべての親子を置き去りにしない !「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」始動
子どもの貧困や虐待、障害児家庭やひとり親家庭支援などに取り組むフローレンスは、新型コロナウィルス感染症拡大を受け、日本国内の親子を支援する「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」を...

衛生用品が慢性的に不足している状況を受け、本プロジェクトでは、感染症重症化のリスクが高い医療的ケア児者家庭への支援として、エタノールやアルコール綿など日常のケアに欠かせない物品を寄付で募り配送してきました。

5月末までの配送で、のべ約5,000家庭への物資提供を行っています。

image1

また、医療的ケア児の命を繋ぐのに欠かせないNICU(新生児特定集中治療室)や、こども病院等、子どもたちの命を守る医療機関へマスクなどの物品提供も継続して行っています。

6月末までの配送で、39の医療施設へ117,800枚のマスクを提供しています。

image2

これまでに支援を届けてきたNICU・こども病院などの医療機関に加え、保育施設などの子どもたちの生活に深く関わる場所でも衛生用品の不足が続いています。

感染の第二波が懸念される中、子どもたちの健康を守るため、支援の拡充が急がれています。

このたび、本プロジェクトに共感をいただいた株式会社ファーストリテイリングより、約10万点のマスクと医療現場で使用できる約5万点のアイソレーションガウンの提供をいただきました。

ファーストリテイリングは、これまでも新型コロナウイルスの緊急支援として、3月より国内外の医療施設に向けてマスクを1000万枚規模で無償提供を進めるなど、いち早く世界規模での支援を進めています。5月末には、国内医療機関向けにアイソレーションガウン100万点と機能性肌着「エアリズム」、ならびにマスク400万点を寄贈することを表明し、全国47都道府県から計16,815件にのぼる支援要請があったことから、追加でマスク57万点を寄贈するなど、精力的な支援が展開されています。

世界の医療機関や団体等への寄贈・支援の詳細はこちらをご覧ください。 

今回提供いただく約10万点のマスクに関しては、フローレンスなど5団体が運営事務局を務める「特定非営利活動法人 全国小規模保育協議会」と連携し、全国83団体の保育事業所に配布いたします。

約5万点のアイソレーションガウンに関しては、フローレンスが事務局を務める「全国医療的ケア児者支援協議会」と連携し、全国各地のNICU・こども病院等に配布予定です。

特定非営利活動法人 全国小規模保育協議会について

小規模保育を実施している団体・法人が協働し、待機児童問題の解決や小規模保育の拡大、充実・発展をめざすため、2012年7月に互助組織として活動を開始。

小規模保育をより良い制度にするため、内閣府子ども・子育て会議にて、会員より寄せられた意見をもとに、数多くの政策提言を行っています。

2020年現在、志ある小規模認可保育事業者255団体が参加しています。

認定NPO法人フローレンス代表理事の駒崎が理事長を務めます。

http://syokibohoiku.or.jp/

一般社団法人 全国医療的ケア児者支援協議会について

日本初の障害児保育園ヘレン、障害児訪問保育アニーなどを運営する認定NPO法人フローレンスは、障害児親子を取り巻く社会問題解決に向け、社会福祉法人むそう 代表 戸枝氏、NPO法人ソーシャルデベロップメントジャパン 代表 矢部氏と共同で2015年に「全国医療的ケア児者支援協議会」を立ち上げました。

2019年、医療法人財団はるたか会/あおぞら診療所 理事長 前田氏、医療的ケア児保護者 山田氏を理事に迎え、一般社団法人化いたしました。当団体は医療的ケア児保護者や関係者650名超による日本最大規模の医療的ケア児者 当事者団体です。

http://iryou-care.jp/

緊急事態宣言は解除されましたが、親子を取り巻く様々な問題が解決したわけではありません。

フローレンスは、今後も新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける親子を支える取り組みを継続してまいります。

また、国内親子領域の課題解決に最前線で取り組む団体として、今も新たに生まれている社会課題に取組んでいきます。

この活動は、フローレンスの活動に共感してくださる法人・個人の皆さんからのご寄付によって支えられています。

ぜひ、たくさんのご支援をお待ちしています。

フローレンスを寄付で応援する


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube