• Home
  • News
  • 採用情報
  • 「障害児訪問保育アニー」保育スーパーバイザー募集!障害児のためのより良い保育を一緒に作りましょう

News

採用情報

2017/05/10

「障害児訪問保育アニー」保育スーパーバイザー募集!障害児のためのより良い保育を一緒に作りましょう

 


障害児訪問保育アニー保育スーパーバイザー

2015年にスタートした、全国初の障害児向けの居宅訪問保育「障害児訪問保育アニー」にて、障害や医療的ケアを持つお子さん向けの保育プログラムの計画・作成、また、保育スタッフの育成・研修、サポート業務を担ってくださる方を募集します!

「障害児訪問保育アニー」とは

障害や慢性疾患のあるお子さんのご自宅にスタッフが訪問して保育する「障害児訪問保育アニー」は、2015年に始まった新しい保育サービスです。

障害や医療的ケアのため、集団保育に通えないお子さんのご自宅を訪問し、マンツーマンの手厚い保育を行っています。

担任、看護師と連携し、障害児向けの保育プログラムの計画・作成をしたり、保育スタッフを育成・研修し、サポートする保育スーパーバイザーを募集します。

障害児保育問題を解決するために

私たちフローレンスは「すべての子どもは社会の子どもである」という信念の下、子ども・子育てに関する様々な社会問題を解決するために活動してきました。

特に、多くの保育園で障害児を預かることができないという、「障害児保育問題」はとても深刻です。

ほとんどの家庭では子どもに障害があるとわかった時点で主に母親が就労を諦めることとなり、母子の社会とのつながりが絶たれ、収入不足から経済的な困窮に陥るリスクも高まります。

障害児でも長時間の保育を受けられるように、そして、障害のある子どもを育てながらでも、働くことが当たり前の社会を実現するために、アニーでは、障害を持つお子さんのご自宅でマンツーマンで手厚い保育をしています。

アニーでは、ひとりひとりのお子さんに担任の保育スタッフがつき、日々の保育を行います。保育スーパーバイザーは、担任をサポートし、よりよい保育ができるよう、チームで、保育プログラムの作成、保育スタッフの支援・指導・育成などを行います。

また、お預かりしているお子さんのご自宅を巡回してお子さんの様子をみて、保育スタッフにアドバイスをしたり、時には、保育のヘルプも行います。

あなたの保育に関する経験や知識を生かして、フローレンスの一員として、共に「障害児保育問題」の解決にチャレンジしませんか? 志ある方のご応募をお待ちしております。

こんな方をお待ちしています。

-障害のある子どもの成長を親御さんや他のスタッフとともに見守り、支えたい人

-子どもが好きで保育スキルを活かして働きたい人

-現場と本部、他部署との連携窓口として、様々な人と共に連帯、協力し、よりよい保育の推進、サービス改善を主導できる人

-お預かりするお子さん、親御さんの立場になって様々なプロフェッショナルと共に、保育を作り上げることに楽しみを見いだせる人

フローレンスには、保育士、看護師資格を持つ事務局スタッフなど、様々なバックグラウンドを持ったスタッフがいます。

アニーを運営する障害児保育事業部全体でサポートしますので安心ください。

一緒に障害のある子どもたちに「安心・感動の保育」を届け、親御さんも笑顔で安心して働けるよう、力を貸してください!

具体的な仕事内容、応募要件はこちら!

「障害児訪問保育アニー」保育スーパーバイザー
2015年サービススタートした全国初の「障害児訪問保育アニー」にて、障害や医療的ケアを持つお子さん向けの保育プログラムの計画・作成。また、保育スタッフの育成・研修、サポート業務を担...