フローレンスに共感した仲間たち

働き方革命事業部
システムヘルプデスク マネージャー

陣内 一喜

前職:システムインテグレーターにて業務SE/基盤系SE

陣内 一喜(働き方革命事業部 システムヘルプデスク マネージャー)
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

ライフビジョンに従って仕事も育児も100%やり切るためにフローレンスに入りました。

自分なりのワークライフハーモニーをシステムエンジニアとして体現して、多くの人に広めていければ、世の中の問題のいくつかが解決するのではないかと思っています。

フローレンスはそんな生き方を追求するのに最高の環境です。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

仕事を100%の本気度と密度で進めながら、毎日早く帰って家族との時間を楽しむ、ワークライフハーモニーを実現すること。

そのための業務改善、仕組みづくりが一番大切な仕事です。これを「働き方革命」と呼んでいます。

日々の具体的な業務としては、システム関連業務全体のマネジメント、予算管理、メンバー育成などのマネージャー業務です。

こうした一見普通の業務を、いかに働き方革命の文脈に沿って実践するかが至上命題です。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

・役に立てる喜び
仕事のアウトプットを社会貢献という形ではっきりと認識できる。
・本気感
迷いなく目の前の仕事に100%本気で取り組める。
・ビジョン中心
体裁・建前ではなく、ビジョンに沿って本音でものごとが進められる。
・これぞチーム
志を同じくする仲間と働ける。
・チームフローレンス
事業部間の壁なんてなんのその、全社一丸となって仕事に取り組める。
・インスパイアされる機会
知らなかった社会問題との出会い、人の善意、感動的なエピソードなど、心動かされる瞬間がたくさんある。
・ワークライフハーモニー
家族と笑顔でいられる。仕事が人生において重要なパートになっている。仕事とライフがつながっている。

一覧へ戻る