• Home
  • News
  • インタビュー
  • 【フローレンス版『37.5℃の涙』の裏側⑫】新卒第一号デビュー!!!新人病児保育士 町田美樹の場合

News

インタビュー

2016/02/27

【フローレンス版『37.5℃の涙』の裏側⑫】新卒第一号デビュー!!!新人病児保育士 町田美樹の場合

    


町田さん写真①_1-thumb-700x595-3272

【フローレンス版『37.5℃の涙』の裏側⑫】ドラマ最終回直前スペシャル!!!
 
ついに今年度の新卒第一号デビュー!!! 新人病児保育士 町田美樹の場合

※フローレンスでは、病児保育の保育スタッフを「病児保育士」ではなく「こどもレスキュー隊員」
という愛称で呼んでいます。


 
フローレンスが原作漫画のモデルとなったドラマ「37.5℃の涙」が今晩いよいよ最終回を迎えます。
ドラマがフィナーレを迎える中、実際の病児保育の現場では、ついに・ついに、新卒入社のこども
レスキュー隊員(病児保育士)第一号がデビューしました!!!!
 
フローレンスでは、こどもレスキュー隊員が研修を終えて独り立ちすることを「デビュー」と
いいます。
そして、デビューの際は事務局スタッフに囲まれてちょっとしたセレモニーを行います。
 

この日の彼女のセレモニーはフローレンス全社で盛り上がる、盛大なものとなりました。

 町田さん写真②.jpg


全社員から盛大な拍手を受ける彼女の目には涙がありました。
 
彼女は言いました。「皆さんに盛大におめでとうと言ってもらって嬉しかった気持ちもあります。でも
注目されて緊張して、こんなに盛大におめでとうと言ってもらったのに、明日から一人だ、どうしよう
と不安になって。泣いてしまってすみませんでした」
 

 
本人は不安と言いますが大丈夫、そんなことはありません。多くの先輩こどもレスキュー隊員が、
彼女の
仕事ぶりについてコメントしています。「全てに安定感があり、安心して見ていることが
できます。」

 
そして、何より研修に伺った先の会員さんからもこのようなアンケートコメントをいただきました。
「今回いらした
町田さんは研修生ということであったが、あの方なら次回からは1人で訪問担当して
問題ないと思います。
合格です(太鼓判)。^_^」
 

 
私たちフローレンスは、胸を張って、この上もなく誇らしい気持ちで新人 町田美樹を一人前のこども
レスキュー
隊員として送り出したいと思います。
 

彼女は病児保育のお預かりについてこう言います。「お子さんから笑顔をもらったり、親御さんに
ありがとうって
感謝の言葉をいただいたり、本当に毎日達成感があります。今日も無事に笑顔で
終わったぞって」

 

数多くの現場研修を重ね、先輩こどもレスキュー隊員達や事務局スタッフ、研修を受け入れて下さった
会員さん、本当に多くの支えを受けての独り立ち。

 
ドラマは最終回となりましたが、フローレンスの現場での「新人こどもレスキュー隊員 町田美樹」の
物語は、いよいよここからスタートします。

 

私達フローレンスは、一人でも多くの働く親御さん・そして一人でも多くのお子さんの笑顔を支え
られるよう、これからも病児保育という社会問題の解決に取り組んでいきます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

保育経験を活かして病児保育のお仕事にチャレンジしてみたい方、お話を聞いていただくだけでも構いません。ぜひお気軽に説明会にお越しください。

スタッフ一同、皆さんにお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

■病児保育スタッフ(子どもレスキュー隊員)のお仕事説明会はこちらから
https://byojihoiku.florence.or.jp/recruit/licensed/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  
次回は「フローレンス版37.5℃の涙の裏側」も最終回となります。いよいよ日本にこの「訪問型
病児保育」を創りだしたフローレンス代表駒崎弘樹のインタビューを掲載します。どうぞご期待
ください!!



書いた人:杉山 富美子


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube