• Home
  • News
  • インタビュー
  • バイト店長から新卒保育士へ。入社3年目のふじ先生がフルマラソンにかける想い。

News

インタビュー

2018/06/27

バイト店長から新卒保育士へ。入社3年目のふじ先生がフルマラソンにかける想い。

  


180627-1

フローレンスは東京マラソン2019チャリティの寄付先団体に選出されました。

続々と著名人・有名アスリートの皆さんから応援コメントが届くなか、チャリティランナーとして走りたい、というお問い合わせも続々と届いています。

フローレンスの社員でも、「チャリティランナーとして障害児保育のために走りたい!」と手を挙げる人が現在約15名。

そんなフロレランナーから、今回はみんなのみらいをつくる保育園の保育士「ふじ先生」をご紹介します。

藤駿成(フジトシナリ)
4年制大学で心理学と幼児教育を専攻。新卒でフローレンスに入社し、おうち保育園えいふく町に配属。現在はみんなのみらいをつくる保育園東雲に勤める保育士。

――ふじ先生、はじめまして。社内では「恋ダンスをガチで踊っていた」「バイトで店長をしていた」など、いろんな噂を聞いたことがあります(笑)。今日はどんな話が聞けるのか、楽しみです。

なんですかそれ(笑)

大学時代、居酒屋のバイトで店長をしていたのは本当です。バイトが忙しすぎて、保育士の夢を諦めそうになったときがあったんですが、たまたまその時に「37.5℃の涙」を見て、調べてみたらたまたまフローレンスの募集があった、という。それでフローレンスに入社することになりました。

※37.5℃の涙:椎名チカ作の病児保育をテーマにしたマンガ。2015年にドラマ化も。

――なんかもう、それだけでドラマがありますね。保育士になってみて、どうですか?

新年度に入園してきた子どもたちを見ていて、最初は泣いてばかりの子も、だんだんと笑うようになったり、保育園から帰るのが嫌、てなっていたり。

そうやって保育園に馴染んでくれたのを見ると、安心できる場所を提供できているのかな、と、この仕事のやりがいを感じます。

あと、お父さんたちからアドバイスや相談を受けることもあるんです。そういう時は、気軽に話しかけてもらえるので、男性で良かったな、と思います。

180627-2

――東雲園は、副園長のしろ先生、調理師のほか先生、あと用務員さんも、男性スタッフが多い園ですよね。

しろ先生からは、最初に「同じ男性保育士がいてくれてうれしい」て言ってもらったんです。

僕も同じように、しろ先生がいることで話しやすいし、頼りがいがある人です。

逆に今後は自分も頼ってもらえるようになりたい、と思ってます。

――かっこいいですね…!そのしろ先生は、去年のおうちフェスで恋ダンスをガチで踊っているのを見て、ひいていたそうです(笑)
普段の真面目で信頼できる感じとのギャップが面白かった、と聞いています。
 ※おうちフェス:おうち保育園・みんなのみらいをつくる保育園のスタッフが行う社内イベント。

その噂の出処はしろ先生だったんですね。

180627-3

――そうかもしれません(笑)
今回、東京マラソンのチャリティランナーに手を挙げてくれましたが、フルマラソンの経験はあるんですか?

ありません。東京マラソンは、縁も無かったです。

――それなのに、どうして走ろうと決めたんでしょうか。

フローレンスっていう会社が、すごく好きなんです。

常日頃から、保育園のために、保護者のために、と考えてはいるんですが、新卒で入社して3年目の自分にできることはまだまだ少ないです。

それでも、会社を背負って走ることで、なにか貢献できるならぜひ走りたい、と思いました。

中学では野球部で、将来は甲子園に、と頑張っていたし、高校ではバレーボール部だったので、体力は大丈夫だと思います!

――頼もしいです!頑張ってください!


チャリティランナーのエントリーやチャリティは、2018年7月2日から東京マラソン2019チャリティ公式WEBサイトで受付がはじまります。

走るのが好きな方はぜひ、東京マラソンチャリティランナーにエントリーし、寄付先団体にフローレンスを選んで下さい。

走るのが苦手な方も、ランナーへのチャリティで応援できます。

ふじ先生の応援も、よろしくお願いします!

認定NPO法人フローレンスは、東京マラソン2019チャリティ事業の寄付先団体です。
東京マラソン2019チャリティ公式ウェブサイトアドレス http://www.marathon.tokyo/charity/

「命をつなぐだけじゃなく、心のふれあいを」障害児保育園ヘレンの看護師・あゆみ先生が走る理由
フローレンスは東京マラソン2019チャリティの寄付先団体に選出されました。 続々と著名人・有名アスリートの皆さんから応援コメントが届くなか、チャリティランナーとして走りたい、と...

「42.195km、歩いたことありますよ」「えっ!?」歩くのが大好きないけぽん園長、フルマラソンに初挑戦!
フローレンスは東京マラソン2019チャリティの寄付先団体に選出されました。 続々と著名人・有名アスリートの皆さんから応援コメントが届くなか、チャリティランナーとして走りたい、と...

「やってみよう」とフルマラソンに挑戦するしろ先生のはなし
フローレンスは東京マラソン2019チャリティの寄付先団体に選出されました。 続々と著名人・有名アスリートの皆さんから応援コメントが届くなか、チャリティランナーとして走りたい、とい...

書いた人:新海 舞


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube