News

アクション最前線

2021/06/17

7/7発売! “お箸”がモチーフのチャリティジュエリーでこどもの未来を繋ぐ・支援する

    


image1

親子の笑顔をさまたげる社会問題の解決をめざすフローレンスと、人工宝石“モアサナイト”を用いたジュエリーブランド「Brillar(ブリジャール)」を展開する株式会社Brillarとのコラボレーションによるチャリティージュエリーライン<OHASHI>を、2021年7月7日(水)より発売開始いたします

<OHASHI>の売り上げの30%はフローレンスの家庭支援事業「こども宅食事業」に寄付されます。

「こども宅食事業」を支援するチャリティジュエリーライン<OHASHI>は、2021年7月7 日(水)よりBrillar公式オンラインショップにて販売いたします。

Brillar公式オンラインショップはこちら

image3

<OHASHI>デザインコンセプト

生きる源=ご飯を表現したセンターストーンを包み込むように挟む、お箸をモチーフとした2本のアー チ

弾むように少しランダムに並んだお箸はこども達のまだつたない箸さばきをイメージし、ご飯をいただく有り難みや楽しさを表現しています。 華奢なお箸に対して、ベゼルセッティングで少し大きく見えるセンターストーンをセレクト。

子ども達がいつもお腹いっぱい食べられて、愛する人との食卓によって体と心を育んでいけるようにとの願いを込められています

また、ひとつに繋がる優しく包み込むような曲線のデザインで、こども宅食事業の『食を通じて支援を必要とする人たちと繋がり、見守り支援を提供することで、親子のつらいが見逃されない社会を作っていきたい』という想いも表しています。

image4

●OHASHI ネックレス
モアサナイト/センター0.3ct、合計0.53ct
18Kイエローゴールド/18Kホワイトゴールド
¥60,000(税込)

●OHASHI リング
モアサナイト/センター0.3ct、合計0.59ct
18Kイエローゴールド/18Kホワイトゴールド
¥60,000(税込)

●OHASHI ピアス
モアサナイト/両耳合計約0.27カラット
18Kイエローゴールド/18Kホワイトゴールド
¥60,000(税込)

モアサナイトとは

「モアサナイト」とは、隕石の中から発見された鉱物を再現して作られた人工石です。

ダイヤモンドよりも強い輝きと、ダイヤモンドと同等の耐久性を持っており、海外では既に宝石として広く認知され、婚約指輪として選ばれることも増えてきている新世代のジェムストーンです。

ブリジャールは、モアサナイトの可能性に着目した日本で初めてのモアサナイトジュエラーとして、2017年に誕生しました。2018年には日本初となるモアサナイトジュエリーショールームを東京・銀座にオープン。

そして6月28日には大阪心斎橋ショールームがオープンします。
7月7日の公式オンラインショップでの販売開始に先駆け、オープンを記念して、大阪心斎橋ショールーム限定で先行販売をいたします。
詳しくはチャリティジュエリーライン<OHASHI>紹介ページをご覧ください。

URL:https://brillar-shop.jp/pages/charity2021

食品を通して子育て家庭と繋がる「こども宅食」とは

image6

「こども宅食」は経済的な困窮など、様々な困りごとを抱える子育て家庭に、定期的に食品や生活用品などを届けることで継続的な繋がりをつくり、見守りながら、困りごとがあった時には必要な支援にもつなぐ事業です。

フローレンスでは、コンソーシアムの一団体として文京区こども宅食の運営や、事務局を務めるこども宅食応援団の活動を通して全国の「こども宅食」実施団体の伴走支援を行っています。

また、「こども宅食」を全国に広げるために政策提言活動なども実施しています。

こども宅食応援団の調査では、コロナ不況によって「生活が苦しくなった」と回答しているご家庭も多く継続した支援が必要です。

「こども宅食」についての詳細はこちら

フローレンスとBrillarとの関わり

フローレンスとBrillarのご縁はBrillarからのご寄付が始まりでした

Brillarはお客様への感謝を込め、Pay It Forward(もらったものは他の誰かに返す)の精神で、創業以降、これまでフローレンスのひとり親家庭支援事業を寄付で継続支援下さっています。

寄付を通して、ひとり親と子どもたちが少しでも安心して過ごせるように……。

そこには、幼少時に自身もシングルマザーの母の背中を見て育ったBrillar代表小原氏の思いが込められています。

「ひとり親家庭をひとりにしない。子どものSmileは社会の宝物」

このメッセージを多くの方にジュエリーを通じて感じていただけるよう、フローレンスとBrillarはタッグを組み、チャリティジュエリー開発・キャンペーン実施を重ねてきました。

2019年に「ひとり親家庭をひとりにしない。子どものSmileは社会の宝物」をテーマにチャリティジュエリーの販売を実施してきました。

image5

そして今回、第二弾の<OHASHI>を通して、「こども宅食」への支援という新たな取り組みを共に行なっていきます。

<OHASHI>は華奢なお箸に対して、ベゼルセッティングで少し大きく見えるセンターストーンをセレクト。子供達がいつもお腹いっぱい食べられて、愛する人との食卓によって体と心を育んでいけるようにとの願いが込められています。

また、一つに繋がる優しく包み込むような曲線のデザインで、こども宅食事業の『食を通じて支援を必要とする人たちと繋がり、見守り支援を提供することで、親子のつらいが見逃されない社会を作っていきたい』との想いが表現されています。

今回のチャリティー活動を通して、社会をより良いものに変えていけることを願っています

image2

株式会社 Brillar 会社概要
社名:株式会社 Brillar
本社:〒104-0061 東京都中央区銀座 5-13-2 銀座長岡ビル 7 階
代表取締役社長:小原 亦聡
事業内容:モアサナイトジュエリーブランド「Brillar」の運営

社会で親子をサポートする輪を法人企業と広げる

フローレンスだけでできる活動には限りがありますが、このように法人企業や様々なブランドとともに行うアクションや、企業の持つ価値や販路を活かした施策など、寄付をはじめとした様々な社会貢献活動でサポートしていただくことで、一団体だけではリーチできない課題へ取り組むことが可能となります。

フローレンスはこれからも、寄付やプロボノ活動を通じて共に親子領域のあたらしいあたりまえを作ってくださる皆さんと共に、親子の笑顔をさまたげる社会課題を解決し、新たなセーフティネットを全国に広げていきます。




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube