• Home
  • News
  • アクション最前線
  • 【6/3〜8/4】ウエルシアでユニリーバ商品を購入して寄付!「あなたの1本が日本中の親子の笑顔に~1本1円寄付キャンペーン~」始まります!

News

アクション最前線

2019/06/03

【6/3〜8/4】ウエルシアでユニリーバ商品を購入して寄付!「あなたの1本が日本中の親子の笑顔に~1本1円寄付キャンペーン~」始まります!

      


WN190603-2

全国のウエルシアグループで、「あなたの1本が日本中の親子の笑顔に~1本1円寄付キャンペーン~」と題したキャンペーンが始まりました。

「今より少し良い社会にしたい」「人の役に立ちたいけど何をしてよいかわからない」「寄付は敷居が高いけど興味がある」といった誰もが持っている社会貢献ニーズに、デイリーのお買い物という気軽なアプローチで応える新しいスタイルの販促キャンペーン。
昨年に引き続き、寄付先団体として、フローレンスが選ばれました。

【キャンペーン概要】 「あなたの1本が日本中の親子の笑顔に~1本1円寄付キャンペーン~」

◇期間
2019年6月3日(月)~2019年8月4日(日)

◇キャンペーン内容
期間中、ウエルシアグループ各店舗にて、ユニリーバ商品お買い上げ1本につき1円を認定NPO法人フローレンスに寄付

◇対象店舗(全国)
ウエルシア薬局、クスリのマルエ、シミズ薬品、丸大サクラヰ薬局

◇対象製品
ユニリーバのパーソナルケア・ホームケア全商品
(ラックス、ダヴ、クリア、ドメスト、ジフ、アックス、ティモテ、ポンズ、モッズ・ヘア)

詳細については、特設サイトからもご覧いただけます。
https://u.e-welcia.com/drug/florence_cp/

ウエルシアグループは35都府県に1800店舗以上を展開する調剤併設を基本としたドラッグストアです。
また、ユニリーバは、ラックスやダヴ、クリア、アックスなどで知られる世界的日用品・食品メーカーです。

ウエルシアグループおよびユニリーバ・ジャパンは、地域社会の皆さんをはじめ、すべての人が今も未来もいきいきと自分らしく輝き、笑顔で暮らせるようにという願いを込めて事業運営をしています。

今回も、子育てや仕事を日々がんばっている親子を応援したいとの思いでキャンペーンが行われます。

image1
ご支援いただいた寄付金は、子どもを預けられる場所がなく、働くことを諦めるしかなかった親御さんが、子育てと仕事を両立できるように支援する「病児保育」や「障害児保育園ヘレン」「障害児訪問保育アニー」などの事業に大切に使わせていただきます。

image4

昨今、「同じ買い物をするなら社会のためになる商品を」と潜在的に社会貢献意識を持つ方が増えていると言われています。そうした意識を気軽に叶える店頭キャンペーンとして、昨年度も同様のキャンペーンを行い、多くのエンドユーザーにご参加いただきました。

その結果、ウエルシアグループ各店舗合計で、171万4,158点のユニリーバ商品をお買い上げいただき、ウエルシアグループとユニリーバから、合計171万4,158円を、フローレンスにご寄付いただきました。

ウエルシアでユニリーバ商品を購入して寄付!「ウエルシアで女性たちを応援しよう。~1個1円還元キャンペーン~」実施報告
2018年6月から8月にかけて、ウエルシアでのユニリーバ商品売り上げの一部がフローレンスへの寄付となる「ウエルシアで女性たちを応援しよう~1個1円還元キャンペーン~」が開催されまし...

ぜひ、期間中対象ドラッグストアにお立ち寄りの際はキャンペーンにご参加ください。

image3

昨年度の店頭キャンペーン

フローレンスが社会問題を解決していくためには、より多くの方に活動を知っていただき、応援していただくことがとても大事です。しかし、NPOであるフローレンスが、認知拡大のための大規模な広告活動などを行うことは難しいというのも事実です。

今回のキャンペーンは、たくさんの店舗や商品、ブランドを通じて、今まで接点を持つことができなかった方々にフローレンスを知っていただくことができる、大変貴重な機会となり嬉しく思っています。


実際に、昨年のキャンペーンのときには店頭でフローレンスの活動を知って、応援メッセージが書かれた手紙とともに寄付を送ってくだった方もいました。
支援の輪が広がっていることを肌で感じ、スタッフ一同、今後の活動をもっといい方向にしていこうと力が入ります。


今後もフローレンスは、企業の方々を始めとする皆さんと協働して、新しい
ソーシャルインパクトを起こしていきたいと思います。
フローレンスでは、企業とのタイアップによるご支援をお待ちしております。


法人・CSRご担当者の方はこちら


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube