• Home
  • News
  • アクション最前線
  • 【こども宅食応援団】親子のつらいを見逃さない社会へ!2年目のクラウドファンディングがはじまります!

News

アクション最前線

2019/09/13

【こども宅食応援団】親子のつらいを見逃さない社会へ!2年目のクラウドファンディングがはじまります!

 


0092

「こども宅食」は、東京都文京区ではじまった、生活の厳しい子どもの家に定期的に食品を届ける取り組みです。

食品のお届けをきっかけにつながりをつくり、見守りながら、食品以外の様々な支援につないでいきます。

一般社団法人こども宅食応援団は、この「こども宅食」を文京区から日本中に広げていくため、昨年立ち上がったばかりの団体です。

2年目のこども宅食応援団の活動資金を募るクラウドファンディングが始まりました。

こども宅食応援団を寄付で応援!

この1年間、こども宅食を全国に広げていくために、全国各地で助成による支援や、立ち上げ・運営のサポートを行なってきました。

私たちがお手伝いしたのは本当に一部ですが、今、全国で仲間が次々と増えています。

IMG_9149-min

一緒に事業立ち上げをしている佐賀県のおなか一杯便さん

長崎県での勉強会で、”なかなか相談に来れない親子”の支援について意見交換

私たちは全国各地の事業者に直接会いにいき、取り組みを取材しながら、こども宅食の強みや課題を一つ一つひろっています。

こうした活動を続けていくと、「この工夫は他の地域でも役立つかもしれない!」など、現地の声を聞くことで得られる、たくさんの学びや気付きがあります。

みんなが無理なく、ちょっとずつ。多彩な地域プレーヤーが連携する新規事業「みまたん宅食どうぞ便」

「みまたん宅食どうぞ便」の記事はこちら

先進的な取り組みを教えてくれた、福井県の越前市わかちあいプロジェクトのみなさん

越前市わかちあいプロジェクトはこちら

新潟県「にいがたお米プロジェクト」の皆さんと、配送拡大や相談窓口について話し合い

今、こども宅食応援団のホームページを作っています。9月に公開できる予定です。

そこでみなさんにお伝えしていきたいことがあります。

「経済的に苦しくて支援を受けていることを他人に知られたくない」

「生活のために、仕事を休めない。平日に休みが取れず、自治体の窓口に行けない」

「地域に溶け込めず、他人とコミュニケーションに不安がある。子ども食堂など居場所に行く勇気がない」

このように、つらい状況に置かれていても声を上げられない、自ら助けをもとめられない親子がいること。それから、こども宅食の活動のこと。

こども宅食は「食べ物を携えて、訪問する」というシンプルな取り組みに見えます。

しかしその先には、「声をあげにくい・相談窓口に来れない親子とつながりをつくり、悩み事があればサポートにつなげていく」という本当のゴールがあります。

このゴールを目指して、今、全国各地でたくさんの人が、チームが、企業が動き始めています。

smile

ある事業のご利用家庭アンケートで、「毎月食品の配送が安心感につながり、家庭の雰囲気も良くなった」との声もありました。

この取り組みは、食品を提供する人や届ける人、相談・支援をする人、たくさんの人の共感や応援があって支えられています。

saga

TOP

「子育てが終わったら支える側に回りたい」そんな言葉を利用者の方からいただいたことがあります。

IMG_0169-min

地域で支えて、支えられる。その輪のなかで、困っている親子が「お互いさまなんだ」とほっとしたり、少しでも気持ちが前向きになったら。

こども宅食を全国の親子のもとへ

こども宅食応援団は2年目も、全国の皆さんの「親子を支えたい、助けたい」という小さな気持ちを、少しずつ集めて大きくするお手伝いをすることで、「みんなで親子をだきしめる」「親子の”つらい”を見逃さない」そんな社会をつくるために頑張っていきます。

ぜひこの取り組みをさらに加速するために、ご支援をお願いいたします。

d_f8c9a8c1f9a7169cc423f7c8147b1d92fe469deb

こども宅食応援団を寄付で応援!

書いた人:本間奏


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube