• Home
  • News
  • アクション最前線
  • 障害児保育園ヘレン経堂をバーチャル見学!療育と保育が子どもの育ちを飛躍的に伸ばす【11/15・12/20ヘレン・アニー入園説明会】

News

アクション最前線

2019/10/29

障害児保育園ヘレン経堂をバーチャル見学!療育と保育が子どもの育ちを飛躍的に伸ばす【11/15・12/20ヘレン・アニー入園説明会】

    


FB180109-1


いよいよ、来年春に入園するための保育園探し、いわゆる“保活”の真っ最中の方も多い時期でしょうか。

お子さんが日中医療的なケアを要するため、一般の保育園からは受け入れが難しいと言われた親御さんはいませんか?

障害児のお母さんが子どもを保育園に預けて働くなんて?と言われた親御さんはいませんか?

特に医療的なケアを必要とする障害児や、重症心身障害児の親御さんは、保活ラインにも立てていないといった現状があります。

フローレンスでは障害があっても障害がなくてもすべてのお子さんが保育を受けられる社会の実現を目指して、5年前より「障害児保育園ヘレン」、その翌年からは「障害児訪問保育アニー」を運営しています。

今回は、まだ知らない人も多い「障害児保育園ヘレン」の保育現場をご紹介します。
実は、ヘレンは、スタッフが工夫を凝らして様々なアイテムを利用し、子どもたちの発達を促す保育と療育をハイブリッドで行っている施設なのです。

日本初の障害児保育施設は一体どんな場所で、どんなアイテムを使って、どんな保育をしているのでしょうか?!

障害児保育園ヘレン経堂の中村園長(当時)に話を伺いつつ、現場に密着してみましょう。


障害児保育園ヘレン経堂はどこにある?

障害児保育園ヘレン経堂は、経堂駅から歩いて徒歩8分ほどの閑静な住宅街の中にある、世田谷区立子ども・子育て総合センターの2階にあります。

image1

エレベータに乗って2階に上がり、一時預かり施設「カムパネルラ経堂」と同じ入口からインターホンを押して入室します。

image19

お邪魔します!

朝の会から一日がスタート

ヘレン経堂では重症心身障害児が集まる「れんげ組」とそれ以外の障害児が集まる「たんぽぽ組」の2組があります。

れんげ組に入ると、朝の会の真っ最中!これは、一般の保育園の朝の風景とまったく同じですね。

園児たちは姿勢保持椅子に座って名前を呼ばれるのを待ちます。

image25

「◯◯くーん!」と先生が名前を呼ぶと、機械から「はーい」という声がします。

ん!?これはなに!?

image17

中村園長重心の子どもたちの僅かな動きを利用したスイッチを使ってコミュニケーションをしています。持ち手にはバイブレーションが入っていて、持ち手を握ると振動し、本体から「はーい」と声がします。

自分の身体が動いた→振動する→「はーい」という声がするということで自分の身体の動きを確認できるようになっています。」

――へぇ~!すごいですね!でもこれ、市販されているものではないですよね…?

中村園長はい。これは先生が子どもたち一人ひとりの動きを考えながら、先生が改造したり、『おもちゃ病院』というところで改造してもらったりしたおもちゃなんです。」

――ほかにはどんなおもちゃがあるんですか?

中村園長「これは先生の手作りおもちゃですね。洗濯板に穴を開けて、ゴムテグスにカラフルなビーズを通してあります。重心児たちのできる小さな動作で音が鳴るおもちゃです。それぞれができる動きをしたときに音がなるようになっています。」

image20

中村園長「他にもハンドベルやチェーンがぶら下がったおもちゃもあります」

image3

――この右にある筒状のものは…?

中村園長「中にキラキラしたスパンコールが入っていて、回すとメロディが鳴るようになっています。でも、こういった療育のおもちゃって海外のものがほとんどなんです。そして高いんです…」

image6

――わぁ、ほんとだ…。これはアメリカ製なんですね。

子どもたちの五感を刺激する療育

朝の会が終わると、園児たちは一旦床に敷いた柔らかいマットの上に横になります。

――ずっと姿勢保持椅子に座っているわけではないんですね。

姿勢保持椅子。子どもの成長に従って徐々に大きいサイズに乗り換えていく

中村園長重心の子どもたちにとって、姿勢を維持することはとても大切なこと。でも、同じ姿勢を保つのは、子どもたちにとっては大変なことでもあるので、座位保持椅子に座る時間は朝の会や活動の時間などと決めています。

――なるほど!ではあの低いのは…?

image9

中村園長「あれはクッションチェア(室内座位保持装置)ですね。遊びの時間や食事の時間にも使います。この座椅子と、傾きを調整する斜めクッションと合わせて10万円かな…」

――じゅ!10万円!!専門的なものになると急に値段が上がるんですね…!

中村園長「そうそう。朝の会に使っていた椅子も、家用と園用とで、みなさん2つ持っています。自治体によっては補助もあるみたいだけど…」

――障害児を育てることになったのは、誰のせいでもないのに、生まれた瞬間からお金が途方もなくかかるんですね……。

ちなみに、姿勢保持椅子は園に置いておくとして、他にはどんなものを親御さんたちに持ってきていただくんですか?

中村園長「たんを吸うための吸引器や、経管栄養の子たちは経管栄養のための道具、足の装具をつけている子は装具…だいたい皆さん3泊4日くらいの荷物を毎日持って来ています

7WPrzvqU83sFJxs1545117703_1545117845

――3泊4日!みんなそれぞれ必要な道具や機器も違うために、そのような量になってしまうんですね…。

と、お話を伺っているうちに、保育室の中には蚊帳が張られました。

今は11月…蚊が多い季節ではないはずなのに、なぜ…?

image13

中村園長「いまからスヌーズレンを使った療育をします!」

※スヌーズレンとは…

光と音で子どもの五感を優しく刺激してくれて、リラックスを促す装置。

中村園長「いまは紅葉をテーマにした映像と合わせていて、蚊帳がスクリーン代わりになってすごくいいんです!ちなみにこの蚊帳は、不要になったからと言ってパートの先生からご寄付いただいたものなんです」

――おお~!この蚊帳に蚊帳本来の機能以外の活躍の場があったなんて……先生たちのアイデアもすごいですね!

image22

ヘレン経堂にあるスヌーズレンは、ドーム状の光源装置と、バブルタワー(水の入った筒の機械)。スイッチを押すと光が回転しながら空間を照らします。

image21

園児たちも横になりながら、音楽と映像、そしてスヌーズレンの光の変化を楽しみます。

このスヌーズレンを使うことによってリラックスした環境を作り、体の緊張をほぐしていきます

image10

お隣のたんぽぽ組のお子さんもスヌーズレンの活動が気になったようで、途中から参加。

image14

ただ音楽と映像をかけ流すだけではなく、子どもたちの反応を見ながら光の装置を操作したり、抱っこしたりと、先生たちの真剣ながらも穏やかな表情がステキでした。

image24

なお、こちらのスヌーズレンは購入費用をジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会さんからのご寄付です。

園児たちの給食タイム

お昼の時間になりました。

障害児保育園ヘレンでは給食はなく、それぞれのお子さんの発達に合わせた食事内容です。

0PKgyySEBK7DE_v1545117575_1545117637

胃ろうのお子さんは、かかりつけの先生から指示されている胃ろう食や、それぞれのご家庭で手作りされた料理のミキサー食など。口から食べられるお子さんも、それぞれ食べやすいように工夫されていて、中にはお箸で上手に食べられるお子さんもいます。

さらには食事用の椅子も一工夫。

image8

左側の椅子は、それぞれのお子さんが座りやすいように、セミオーダーで作られており、高さ、サイズが調整できる椅子です

不足分は、既成品の椅子を加工!右側の椅子のように、股の部分にクッションを作って対応します。

医療的ケア児とひとくくりに言っても、実際のお子さんは千差万別。一人ひとりの発達に応じて、先生たちも食事の介助につきます。

image26
 

障害児保育園の送迎バス・ヘレン号

障害児保育園ヘレン経堂には、送迎バスのヘレン号が2台常駐しています。

こちらのバスは西友さんにご寄付頂いたものなんです!

マスコットキャラクターである気球のヘレンちゃんが大空を飛んでいく図案がデザインされています。

WN181210

そして、もう一台は日本財団さんからご寄付いただきました!

CMZZ0iQ5TZ8rH9A1545117250_1545117356

西友さん、日本財団さん、いつも温かいご支援ありがとうございます!

23区内の街から街へ、安全運転で駆け巡り、『障害児保育園ヘレン』の名を都内に広げています!

様々な方が障害児家庭を応援しています

そのほかにも、ロールスクリーンは株式会社サンゲツ様より、

image2

斜めのクッションを始めとした備品はコストコホールセールジャパン株式会社様の寄付などでいただきました。

image7

image18

他にも、園児のおばあちゃんが寄付してくださった手押し車の遊具など、地域社会の温かい眼差しに支えられながら子どもたちが育つ現場です。

障害児保育園ヘレンは、子どもたち一人ひとりの発達に寄り添い、その子にあった療育と保育を提供します。

その中で、子どもたちは主治医も親御さんも予想していなかった発達をしていきます。

一生胃ろうで過ごすだろうと言われていたお子さんも、口からごはんが食べられるようになって、認可保育園に転園していったという事例はめずらしくありません。

療育、保育、看護師といった専門職のチームが各子どもにあわせたオーダーメイドのプログラムを集団保育の中で計画し、一日一日こどもの育ちを発見して、親御さんと共有していきます。

子どもは、社会の中でたくさんのお友達や親以外の大人と関わることで、自ら育つ力を発揮します。

それは、障害のある子どもも、ない子どもも、まったく変わらないのではないでしょうか?


「障害児のママとパパへ。仕事を、諦めないでください」11/15(金)利用希望者向け説明会を開催!オンラインでも参加できます!

今年度中に職場復帰されたい方、2020年4月に職場復帰をお考えの方を対象に、「障害児保育園ヘレン」「障害児訪問保育アニー」の利用希望者向け説明会を実施します。

また、説明会への参加が難しいご家庭に「説明会のオンライン中継」を予定しています。
※オンライン中継の視聴にも事前の申し込みが必要となります。

医療的ケアや障害、慢性疾患などが理由で、お子さんが保育園に入れず、お仕事を諦めていた親御さんはぜひご相談ください。

求職中の方でもご利用可能です。

説明会概要

・日時:
2019年11月15日(金)13:00-14:30
2019年12月20日(金)13:00-14:30
2020年01月31日(金)12:00-15:00
2020年02月21日(金)12:00-15:00
2020年03月13日(金)12:00-15:00

・場所:認定NPO法人フローレンス 神保町オフィス
   東京都千代田区神田神保町1-14-1 KDX神保町ビル3F(アクセス

・会場について
入園検討中のお子さんやきょうだい児の同伴可能
エレベーター完備で車椅子乗り入れ可能

利用希望者説明会に参加する

フローレンスの障害児保育の特徴

フローレンスは「障害の有無に関わらず、すべての子どもが保育を受けられ、保護者が子育てと仕事を両立できる社会」の実現に取り組んでいます。

フローレンスの障害児保育は、日本初の障害児向け長時間保育、医療的ケアにも対応、子ども同士の交流による発達促進する環境を提供しています。

選べる2つの保育形態

「障害児訪問保育アニー」は、保育スタッフが障害のあるお子さんのお宅に伺い、マンツーマンで保育をする日本で初めてのサービスです。

日中は、お子さんの発達に合わせた活動を行います。近所へのお散歩などはもちろん、地域の保育園への交流保育を実施し、子ども同士の交流を通じて、発達を促します。

「障害児保育園ヘレン」は、障害のある子の長時間保育を実現する日本で初めての保育園です。

看護師、作業療法士、研修を受けた保育スタッフがチームを組み、子どもたちが安心して過ごせる環境を作ります。

フローレンスの障害児保育について詳しくはこちら

「どんな保育をしているの?」「利用条件は?料金は?」など、実際の保育の映像を交えながらご説明し、不安や疑問にお答えします!お子さんやきょうだい児も同伴可能です。この機会に、ふるってご参加ください!

利用希望者説明会に参加する

書いた人:須田 麻佑子


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube