• Home
  • News
  • アクション最前線
  • 障害児保育園ヘレン・ひとり親家庭、それぞれのクリスマスの思い出  ~寄付がもたらした子どもの笑顔~

News

アクション最前線

2020/01/27

障害児保育園ヘレン・ひとり親家庭、それぞれのクリスマスの思い出  ~寄付がもたらした子どもの笑顔~

    


image2

フローレンスが都内6カ所で運営する「障害児保育園ヘレン」には、酸素吸入や痰の吸引といった医療的ケアを必要とする子どもたちが通っています。

医療的ケア児と言っても通常の保育を行っており、お友だちと遊んだり、歌を楽しんだり、季節の行事を祝ったりしています。子どもたちは日常生活を通じ、ヘレンでさまざまな体験を積んでいます。

昨年末、この障害児保育園ヘレンにとても嬉しいサプライズが届いたお話をご紹介します。


よく晴れた冬のある日。もうすぐクリスマス。
練馬区にある「障害児保育園ヘレン中村橋」にあわてんぼうのサンタクロースが一足早くやって来たようです。

image1
サンタさんの正体は、都内の資産運用会社 ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社(以下、ティー・ロウ・プライス)の社長以下スタッフの皆さん。

まずはティー・ロウ・プライスのシンボルであるオオツノヒツジのぬいぐるみを1人に1つずつ手渡していただきました。大きなお返事をして受け取る子、ぬいぐるみの可愛らしさに微笑む子、それぞれの方法で喜びを表現しました。

image3
その後、子どもたちは隣の部屋に移動。目隠しのカーテンに不思議そうな表情の子どもたち。
「3・2・1!」の合図でカーテンが開くとそこには大きな大きなボールプールが3つも!
明かりを消してみると、ボールプールのあちこちが七色にゆっくりと光っています。

image2
ティー・ロウ・プライスさんが障害のある子どもたちのためにと、クリスマスプレゼントとしてボールプールとLEDライトを寄付して下さったのです。
ヘレンに通う障害児には特に、光や音、触感を楽しめるといった五感の発達を促すおもちゃや活動が求められます。子どもたちの「やってみたい!」を引き出す、なによりのプレゼントとなりました。

ヘレン中村橋 園長・遠藤愛コメント

室内パークなどのボールプールで遊ばせることが簡単ではないお子さんが多いため、このようなお大掛かりなボールプールを初めて経験するお子さんがほとんどでした。
現れた部屋一面のボールプールに「わ~!」と声をあげる子や、びっくりして目をパチパチしている子。ボールに全身が包まれる心地よさや、浮遊感、日常的に体験できない不思議な感覚を味わい、いつも以上に子どもたちの表情はキラキラしていました!
写真を見た親御さんからも、「たのしそう!」と喜びの声を頂いています。

image4
ティー・ロウ・プライス・ジャパンさんよりコメント
フローレンスさんの発信を通じて、ひとり親のご家庭が置かれている状況や障害児保育のハードルの高さを知り、少しでも力になれないかという思いが生まれ、寄付を決めました。
ボールプールは医療的ケア児にとって五感の発達を促すとともに自発的な活動を促す道具ということでプレゼントに選びました。
伺った当日、ボールプールのなかで元気に飛び跳ねたり、沈んでみたりと様々に楽しむ子どもたちを見て、興味あることに元気に突き進んでいく姿はみんな一緒だということを感じました。
今後も微力ながら子ども達のキラキラを応援する活動を続けて行きたいと思います。

ティー・ロウ・プライスさんからは、ヘレンへのクリスマスプレゼントのほか、同じくフローレンスが展開する病児保育事業の利用者のうち、ひとり親家庭に宛てたクリスマスカードもご寄付いただきました。

image6
ひとり親家庭では、子どもに寂しい思いをさせてしまっているのではと「クリスマスが少し憂鬱だ」と漏らす親御さんもいらっしゃいます。
そのようなひとり親家庭のクリスマスを少しでも盛り上げたいとの心遣いから、約250通のカードをティー・ロウ・プライスのスタッフの皆さんがサンタクロースを装い、ボランティアで一枚一枚手書きして下さいました。サンタクロースから思わぬお便りを受け取った子どもたちに笑顔をもたらしました。

image5

フローレンスには、続々と御礼のお返事が届いています。

この度は子ども達のためにクリスマスカードをありがとうございました。
数日前に上の子から「今年はサンタさんからのお手紙ないの?」と聞かれていたところでした。
「サンタさんへお返事書こうね」と促し、お絵かきが苦手ながらも子ども達が描いた絵を送ります。
上の子は、カードと共にサンタさんからもらったボールなどを描いています。
下の子は、頂いたクリスマスカードのトナカイを描きました。
ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社様にも、子ども達の絵と共に感謝の意をお伝えください。
都内在住 Nさん


フローレンスはこのように、企業をはじめ、ご支援者、他団体や行政等と協働し、さまざまな形で、困難な状況にある子どもとその親御さんを支援しています。

「みんなで子どもたちを抱きしめ、 子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」ーこれはフローレンスが掲げるビジョンです。この理念の実現には私たちだけでは力が及びません。
これからも多くの企業の皆さんと、親子の笑顔をつくっていきたいと思います。

企業とのコラボレーションについてはこちら


フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube