News

メディア・イベント

2022/09/13

9/13-9/19 遺贈寄付についてともに考える「遺贈寄付ウィーク2022」いよいよ開幕!

   


bnr_scrcm

9月13日は International Legacy Giving Day、国際遺贈寄付の日。

今年も、この日を含む1週間(9月13日(火)~9月19日(月))を「遺贈寄付ウィーク」として、遺贈寄付について考える様々なイベントやセミナーが全国レガシーギフト協会の主催で開催されます。フローレンスは特別協賛団体として参加し、9月17日(土)には認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンと共同主催で認定NPO法人抱樸をゲストに招き遺贈寄付セミナーを開催します。

セミナーの詳細はこちらからご覧いただけます(参加無料、申込期限9/16 正午)

9/17(土)開催!拡大する遺贈寄付について、専門家とNPOスタッフが語る学習会。現場から学ぶ、遺贈寄付の事例と実務 〜その人らしさを叶える相続の新しい選択肢〜
近年「自分らしい終活」のかたちとして「遺贈寄付」への関心が高まっています。寄付先も出身大学や世界的に著名な団体ばかりでなく、社会課題に取り組む身近な団体等に、ご自分の思いを託される...

「遺贈寄付」や「相続財産」ときくと、チャールズ・ディケンズの『大いなる遺産』などから、高額の贈与をイメージしてしまいそうですが、実は、少額からの寄付で自分の思いや願いを未来に託すことができると、近年注目を集めているのです。

しかしながら、「どこに寄付できるのかわからない」、「どうやって寄付すればよいかわからない」といった声が多く聞かれるのが現状です。

そこで、遺贈寄付ウィークでは、士業・金融関係の方などの専門家をはじめ、寄付を受け入れているNPO団体、遺贈寄付を考えている方、相続の予定がある方など、さまざまな立場から「遺贈寄付について考える」機会を提供しています。

今なら日本初となるフリーウィルズキャンペーン(遺贈寄付の専門家報酬助成)も実施中。第二弾(期間:2022年9月12日(月)〜 2023年2月28日(火))では、遺贈寄付の専門家報酬の一部(5万円分)を助成するキャンペーンを行っています。

キャンペーンの詳細はこちらからご覧いただけます。

相続する日は突然に。意外と知らない遺言書と遺贈寄付の魅力とは。【日本初!フリーウィルズキャンペーン(遺贈寄付の専門家報酬助成)実施中】
「遺言書」ときいて、どんなイメージを持たれますか?「縁起が悪い」「多額の財産があるわけではないので、自分には関係ない」「まだまだ元気だから必要ない」そんな声をよく聞きます。ところが...

この機会に「遺贈寄付」について、ともに考えてみませんか?

遺贈寄付ウィーク専用サイトはこちら


フローレンスは「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」の実現を目指し、子どもの貧困、子どもの虐待、親子の孤立などの社会課題解決を目指し、病児保育事業、障害児保育・支援事業、赤ちゃん縁組事業(妊娠相談・特別養子縁組あっせん事業)、ひとり親家庭支援、困窮家庭支援などをおこなっている団体です。

一般社団法人日本承継寄付協会が「遺贈寄付のやり方や寄付先がわからない」方のために発行した「遺贈寄付の情報発信メディア『えんギフト』」では、「寄付検討者にとって納得しワクワクできる寄付先」として、フローレンスをご紹介いただきました。

『えんギフト』は、PDFまたは冊子を無料でお配りしています。ご希望の方は、フローレンス遺贈ページの「お問い合わせ」よりご請求ください。

※フローレンスは、一般社団法人全国レガシーギフト協会の『遺贈寄付の倫理に関するガイドライン』を遵守します。




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube