• Home
  • News
  • メディア・イベント
  • J-WAVE×フローレンス、コロナ禍で苦しむ親子に支援を届けるクラウドファンディングを本日12月6日よりスタート! ナビゲーター&アーティストからのオリジナルリターンも

News

メディア・イベント

2021/12/06

J-WAVE×フローレンス、コロナ禍で苦しむ親子に支援を届けるクラウドファンディングを本日12月6日よりスタート! ナビゲーター&アーティストからのオリジナルリターンも

     


MainVisual

フローレンスと東京のラジオ局J-WAVE(81.3FM)が共同で企画・運営するオリジナルのクラウドファンディングを2021年12月6日よりスタートします。

コロナ禍による急な経済環境の悪化で、満足いく食事が出来ない子ども達とその家族の実情が広く報道されました。このようなご家庭や子ども達に「こども宅食」をはじめとした必要な支援を、少しでも多く届けるべく、クラウドファンディングで寄付を募ります。

このキャンペーンは、『J-WAVEこどもみらいプロジェクト』とフローレンスが共同で企画・運営。クラウドファンディングに参加することで、企画の趣旨に賛同いただいた、J-WAVEのナビゲーターおよびJ-WAVEゆかりのアーティストから、お礼メッセージ動画や、オリジナルグッズ、デジタルコンテンツなどの返礼品がリターンされる仕組みです。

クラウドファンディングに寄せられた支援金は、経済的な困難を抱えるご家庭などに食料品や日用品を配送することをきっかけに見守り支援を届ける「こども宅食」の活動や、ひとり親家庭支援などを推進する活動に活用します。

image4

コロナ禍を振り返ると、家族で食卓を囲めることのありがたさや健やかさを再認識できた一方、子どもたちを取り巻く環境は深刻さを増しました。とりわけ、急な経済環境の悪化にともない、経済的に不安定なご家庭が、より困難な状況におかれている実情が広く知られるところとなりました。

国立成育医療研究センターが今年5月に発表した「コロナ×こどもアンケート第5回調査」によると、家庭の暮らし(経済状況)が、2020 年 1 月時点と比べて「今の方が苦しい」と答えた家庭は26%にのぼりました。

また、コロナ禍で子育てについて相談できる公的な場や機会が「減った」と回答した家庭は72%にのぼりました。

フローレンスの関連団体である「一般社団法人こども宅食応援団」が2021年3月~4月にかけて「こども宅食」利用家庭に向けて行ったアンケート調査でも、ご家庭から悲痛な声が届いています。

・主人がコロナ倒産し再就職先もまだ見つからず、失業保険があと2ヶ月で終わると思うと、その先が不安でしかありません。

・父子家庭で4人の子どもを抱え、貯金を切り崩しながら生活している。

・仕事が見つからないので将来が不安。子ども達に不自由させたくないから、それなりの給料の仕事につきたいが、学歴もないし、資格もない。子どもが小さいので思うように働けない。

一般社団法人こども宅食応援団「こども宅食利用家庭に関する調査結果」より

このプロジェクトを通じて、普段は支援や募金などをあまりやったことがない人も、また普段からコロナ禍における子どもたちの厳しい環境について心を痛めていた人たちも、みんなで一緒になって、自分たちにもできるコトがあることを知り、金額の大小にかかわらず、まずはアクションをすることを目指します。

そういった一つ一つのアクションを通じて、今後も世の中の社会課題に対して 積極的に自分事として関与をしていくことができるようになると信じています。

■目標寄付金額

500万円

■クラウドファンディング実施期間

2021年12月6日(月)~2022年2月23日(水・祝)

■資金の使い道

・経済的な困難などの困りごとを抱えるご家庭に食品・日用品の提供を通じて見守り支援を届ける「こども宅食」事業の実施

・低価格で利用できる病児保育「寄付によるひとり親支援プラン」の提供

・親子を取り巻く社会課題を政治に訴え、制度のアップデートにつなげる政策提言活動

をはじめとした、フローレンスの親子支援

・その他(リターンの送料、消費税、CAMPFIREへの手数料 など)

■当プジェクトの賛同人(12月6日時点 *五十音順 *敬称略 )

大橋トリオ/クリス智子/サッシャ/佐藤千亜妃/塩塚モエカ(羊文学) /ジョン・カビラ/SOIL&“PIMP”SESSIONS 社長 /ノイハウス萌菜/ 野村訓市/ 山中タイキ … and more!

フローレンス代表 駒崎弘樹より

子どもの7人に一人が相対的貧困状態にある日本。新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、このような子どもたちの生活に、さらに大きな打撃を与えました。フローレンスは2020年4月から総力をあげて緊急支援に取り組んできましたが、宣言のあけた今なお、窮状は厳しいものがあります。

そんな中で、今回J-WAVEさんからお声がけをいただき、ともにアクションを起こしていきます。

Pass the Loveークラウドファンディングへ参加して、厳しい環境にある家庭や子どもたちを支援する僕たちの仲間になってください。


≪J-WAVEこどもみらいプロジェクトとは?≫

10年後も20年後も、そしてその先も、多様な風景が描かれる東京であり続けるために、東京の未来を担う子どもたちと、それをサポートする大人世代を応援したい、という思いで始動しました。

放送やイベントなどの事業を通じて、子ども達が自らの発想で未来を切り開いていけるよう、多様な体験機会を創出するとともに、都市部ならではの子育ての難しさや、子ども達を取りまく社会課題の解決に積極的に取り組むことを具体的なアクションとして掲げています。

こどもみらいプロジェクトURL:https://www.j-wave.co.jp/special/cfp/

ぜひともご参加のほど、よろしくお願いいたします。




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube