• Home
  • News
  • アクション最前線
  • J-WAVE×フローレンス:”コロナ禍で苦しむ子ども達とその家族に支援を届けたい”クラウドファンディング活動報告

News

アクション最前線

2022/04/25

J-WAVE×フローレンス:”コロナ禍で苦しむ子ども達とその家族に支援を届けたい”クラウドファンディング活動報告

    


image14

コロナ禍による急な経済環境の悪化で、経済的な困難を抱える子ども達とその家族はさらに厳しい状況におかれています。

フローレンスとJ-WAVEこどもみらいプロジェクトは、このようなご家庭や子ども達に、「こども宅食」をはじめとした今必要な支援を少しでも多く届けるべく、オリジナルのクラウドファンディングを実施し、支援金を募りました。

J-WAVE×フローレンス、コロナ禍で苦しむ親子に支援を届けるクラウドファンディングを本日12月6日よりスタート! ナビゲーター&アーティストからのオリジナルリターンも
フローレンスと東京のラジオ局J-WAVE(81.3FM)が共同で企画・運営するオリジナルのクラウドファンディングを2021年12月6日よりスタートします。 コロナ禍による急な経済...

2022年2月23日に、約80日間にわたるクラウドファンディングが終了いたしました。

期間中、2000名を超える、本当にたくさんの方々にご支援いただき、目標金額を大きく上回る総支援額 11,585,154円を集めることが出来ました。

今回はこれまでの取り組みをお伝えします。

コロナ禍における子育て家庭の状況

新型コロナウイルス感染拡大前より、日本の子育て家庭の貧困率は高く、国内の子どもの7人に1人が相対的貧困であるといわれていました。

image8

そんな状況の中を襲った、新型コロナウイルスの感染拡大という未曾有の事態は、特に経済的に厳しい状況に置かれるご家庭に大きな打撃を与えました。

内閣府が国内の子育て家庭を対象に行った調査では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により世帯全体の収入が減ったと回答した家庭の割合は、収入の低い家庭ほど高くなっています。

image11

引用元:内閣府 令和3年 子供の生活状況調査の分析 報告書より

この状況を受けて、フローレンスとJ-WAVEこどもみらいプロジェクトは協働で今回のクラウドファンディングを立ち上げました。

クラウドファンディングの概要

東京のラジオ局J-WAVE(81.3FM)とフローレンスが共同で企画・運営を行なったクラウドファンディングです。

自分たちの周りの大切な人へ温かな気持ち=LOVEをとどける冬のキャンペーン『PASS THE LOVE』の一環で、J-WAVEこどもみらいプロジェクト×認定NPO法人フローレンスが共同で運営。コロナ禍で表面化してきた、穏やかな日常を送ることが困難な子ども達とその家族への支援を目的としたオリジナルクラウドファンディングで、企画の趣旨に賛同したJ-WAVEのナビゲーターおよび、J-WAVEゆかりのアーティストの皆様と共に実施しました。一定額支援をいただいた方には、各出演者・アーティストからのオリジナルリターンが返ってきます。

【クラウドファンディング概要】

■目標寄付金額:500万円

■実施期間:2021年12月6日(月)~2022年2月23日(水・祝)

■資金の使い道
・経済的な困難などの困りごとを抱えるご家庭に食品・日用品の提供を通じて見守り支援を届ける「こども宅食」事業の実施
・低価格で利用できる病児保育「寄付によるひとり親支援プラン」の提供
・親子を取り巻く社会課題を政治に訴え、制度のアップデートにつなげる政策提言活動をはじめとした、フローレンスの親子支援
・その他(リターンの送料、消費税、CAMPFIREへの手数料 など)

■当プロジェクトの賛同人(2月1日時点 ※五十音順 敬称略)
大橋トリオ/甲斐まりか/クリス智子/サッシャ/佐藤千亜妃/塩塚モエカ(羊文学) /ジョン・カビラ/SKY-HI/SOIL&”PIMP”SESSIONS 社長 /DJ TARO/ノイハウス萌菜/野村訓市/野村友里/玄理/別所哲也/前田智子/山中タイキ

フローレンスの親子支援について

フローレンスは、「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」を目指し、「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」ことをミッションに活動を推進しています。

image9

経済的に困難を抱えるご家庭への支援、ひとり親家庭への支援をはじめ、様々な保育・福祉事業や政策提言活動を通じ、親子を取り巻く社会課題の解決に向けて取り組みを推進しています。

image7

【経済的な困難などの困りごとを抱えるご家庭に食品・日用品の提供を通じて見守り支援を届ける「こども宅食」事業の推進】

経済的な困難など様々な困りごとを抱える子育て世帯のご自宅に、周囲に知られにくい形で定期的に食品を届ける「こども宅食」。

配送をきっかけにご家庭と繋がり、関係を築くことで、家庭の変化や課題の予兆に気づき、さらなる支援につなげやすくなります。

image2

2017年に文京区で立ち上がったこども宅食は、日本中でローカライズしながら広がり、2022年3月時点で33都道府県71団体以上、約10,000世帯とつながっています。

これからも、全国でこども宅食の取り組みが広がるよう、各地での立ち上げ支援や政策提言活動を推進していきます。

【低価格で利用できる病児保育「寄付によるひとり親支援プラン」の提供】

フローレンスではひとり親家庭を支援する取り組みも推進しています。

2008年からは、フローレンスの病児保育でひとり親世帯の就労継続をサポートすることを目的に「寄付によるひとり親支援プラン」をスタート。皆さんからいただくご寄付を原資に、ひとり親家庭に低価格で病児保育を提供しています。

病気になったお子さんのご自宅に、経験を積んだ保育スタッフが訪問しお預かりします。

これまでに1,300人以上の子どもたちに病児保育を届け、支援実績は13年以上となります。ひとり親が就労を継続できることは子どもの貧困防止にもつながっていきます。

image4

新型コロナウイルス感染拡大に対するアクションについて

フローレンスでは、新型コロナウイルス感染拡大の状況を受け、2020年4月より「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」を立ち上げました。

感染拡大下においてもっとも影響を受けやすい「経済的に不安定なご家庭」や「ひとり親家庭」、衛生用品の不足が命の危険に直結する、人工呼吸器やたんの吸引など医療的なケアとともに生きる「医療的ケア児者家庭」などへの支援を実施しました。

2021年3月までに、のべ約64,200世帯以上への支援を届けています。

image12

感染の再拡大が起こった2022年1月からは、「新型コロナこども緊急支援プロジェクト2022」を始動し、全国の経済的に困難を抱える子育て家庭やひとり親家庭、DVで逃げている等の実質ひとり親家庭(※)など、支援が届きにくく困難な状況に陥りやすいご家庭に対して、食品・日用品の配送や保育の提供、政策提言活動などを通じた緊急支援を行っています。

(※)DV等の理由により、別居中で法的な離婚が成立していない実質的なひとり親家庭

image10

image13

image5

image6

image1

このうち、DV等の理由により、別居中で法的な離婚が成立していない”実質的なひとり親家庭”に対してお米の配送と情報提供の支援を行った緊急支援では、ご家庭から以下のような感謝のメッセージをいただきました。

【支援が届いたご家庭より】
・今日、お米を受け取らせていただきました。ネット経由で、こんな優しい支援を無条件にしてくださる方々がいらっしゃるのかしらと思う気持ちもあったので、お米が到着した時に、本当だったんだと感動し、目の前がパッと明るくなりました!

しかも無洗米な事をみて、涙が出て止まらなくなりました。きっと、少しでも労力を減らして休めるように、お水代を使わなくてもいいように、苦しい立場にいる私共のような親子のために、愛情を持って色々考えながらお気遣いくださったのではないかなって思います。

フローレンスの皆様のその暖かいお心が、私達には何よりも嬉しかったです。

・実質ひとり親は、ひとり親手当等受給できず、保育園代もそのままかかり、コロナの影響で収入が減り、生活がとても苦しかったので、迅速にお米を援助していただきとてもありがたかったです。 離婚成立までの今この時期に利用できる補助制度がほとんどなく、とても苦しい中、実質ひとり親世帯に目を向けていただけて、とても嬉しいです。ありがとうございました。

・息子二人にお米を食べさせてあげることができるので本当に嬉しいです。ありがとうございました。嬉しすぎて泣いちゃいました。

・自分の経験ですが、ほんのちょっとだけ、一時的にでも手助け頂けたら無事乗り切れたかもしれないのに、そこがこらえられずにどんどん坂を転がってどうしようもなくなる方々が、今、きっととても増えていると思います。

これからも、今回のように、目を向けてもらえない状況の家庭や子ども達にも手を差し伸べていただけたら心から嬉しいです。

生きる希望になります。よろしくお願い申し上げます。フローレンス様と、ご支援くださった方々に、心より感謝しております。

image3

これらの緊急支援やひとり親家庭支援、生活に困難を抱える家庭への支援は、皆さんからいただく寄付を原資に実施しています。

今回のクラウドファンディングで皆さんから託して頂いたご寄付は、上記のような活動を含め、コロナ禍で苦しい状況におかれる親子を支援するために、大切に使わせていただきます。

実施団体の紹介

・株式会社 J-WAVE https://www.j-wave.co.jp/

J-WAVE(81.3FM)は、東京23区をはじめとする首都圏域に対して放送しているFMラジオ局です。『声と音楽と行動で、多様な東京の風景を作る』をミッションに放送やイベント、Podcast事業などを通じてユニークかつ普遍的なコンテンツを提供することを心掛けています。またJ-WAVEでは、「FUTURE IS YOURS ~Imagine & Choice~」というメッセージのもと、よりよい未来の実現に向けて、地球環境や社会のことを考えるきっかけとなる様々な取り組みや、ヒト・モノ・コトを、放送を通じて届けています。

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標 SDGs に賛同し、J-WAVE はSDG メディア・コンパクトにも加盟しています。




フローレンスでは、社会問題や働き方など、これからもさまざまなコンテンツを発信していきます。
ぜひ、SNSもフォローしてください!
もしかしたら、SNSでしか見れない情報もあるかも!?気になるアイコンをタップ!


  • twitter
  • instagram
  • LINE@
  • facebook
  • youtube