フローレンスに共感した仲間たち

フローレンス ディレクター

杉山 富美子

前職:国内消費財メーカー、外資系消費財メーカーのブランドマネージャー

杉山 富美子(フローレンス ディレクター )
Q

なぜフローレンスに来たのですか?

A

自分の子どもたちが大人になった時に希望が持てる社会を創りたいと思ったからです。

なんだか真面目な話になってしまうのですが、消費財のブランドマーケティングの仕事をしながら、ずっと抱えていた違和感がありました。日本の社会はもう十分すぎる物質的に豊かで便利なのに、さらに「欲しい・買いたい・消費したい」という欲望を刺激すること、そのために自分の生活の大半の時間を費やすこと、自分にとっての意味・・・。

フローレンスなら、もっと直接的に「子どもたちに手渡したい未来」を創る仕事ができると期待してやってきました。

Q

フローレンスではどんな仕事をしていますか?

A

経営を担うディレクターとして「障害児とそのご家族に伴走する事業」・「病児保育事業」の事業運営全般と、おかね周り(経理財務)を担当しています。

各事業を担当するマネージャーに伴走しながら、フローレンスのメンバーがビジョンやミッションの実現に向かってチャレンジしていけるような環境を作っていきたいです。

Q

フローレンスでの「やりがい」は何ですか?

A

フローレンスがチャレンジする事業領域は全て「簡単ではない」と思います。昨日までの延長線的発想・成り行きの動きをしていたら、あっという間に足元をすくわれかねない。クリアすべき課題は次から次へとやってきます。

でも、一緒に働くフローレンスのメンバーはものすごく前向きです。フットワークが軽くて、どんなに大変な時でも楽しむことを忘れずに仕事をする、そんな顔がいくつも浮かびます。

子どもたちが大人になった未来にとって、私自身が心から必要だと思える仕組みを社会に創り出せること、しかも素敵なチームと一緒にやれること、それが私にとっての「やりがい」です。

※スタッフのコメントは掲載時のものです

一覧へ戻る